バカ殿様の女中達の帯結び【立て矢】

おはようございます。
志村けんさんの訃報から一夜、まだ呆然としております。
平日は毎日noteを書くと決めた、だから今日も何か書かなくちゃと思って平凡な記事にしようとしても、志村さんの事に触れずにいるのは無理な心境です。

家族の思い出と共にいた志村さん。
ドリフは皆んなで観ていたし、だいじょぶだぁの太鼓を鳴らしながら近所を練り歩いた懐かしい思い出。
破廉恥な内容がテレビで流れても、バカらしいなぁ

もっとみる

着物に込められた想いを伝える

ネットの見積サイトから、多くのご予約をいただく。

インターネットの世界は、どことなく冷たく心の通わないもののように思っていたが、そうではないことを痛感している。

大げさな言い方だが・・・あらゆる手段を使って、出逢うべくして出逢っている。

お客様との出逢いも、時に驚かされるほどのご縁を感じることがある。

O様からの依頼は、お嬢様の成人記念の撮影に関わるご相談。

二人の知人から「貸してあげる

もっとみる

去年は36回着物で過ごしたので、今年の目標は「50回」にした。が、いろいろ予定が変わり、2回しか着てない。50回クリアできるかなー。とか思いつつ、明日は着物で近所にお出かけ。帯は桜文様と決めていたが、合わせる着物がまだ決まらず。いつものにするか、冒険してみようか。悩むのは楽しい。

ありがとうございます! 良いことがありますように!
12

葛布八寸帯地『upas』

雪の色は 白ばかりではない
時に青く 時にグレー
太陽の加減や含む水分量によるようだが
そうした科学的なことはさておき、
そのような色を暗に持つ真っ白な雪は本当に美しく 
人の意図の届かない様々な造形を見せてくれる

お太鼓の表側は生成り・無地 
内側は青とグレー グラデーションで色が切り替わる
手先も同様 わずかに覗く左右で色が違うようにした

(お太鼓部分 写真向こうは手先)

今回は 葛の糸

もっとみる
嬉しいです!
5

葛布八寸帯地『黄金』

内側に覗くのは橡色(つるばみいろ) 団栗染めの鈍色です
微かに表にその色が滲み 濃色との対比も相まって 生成りが一段と生成りらしく引き立ちます

お太鼓の内側を通り ちらりと見えるテ先も 同様に鈍色

無地であるがゆえの 葛の糸と絹の糸の表情が際立ち それはあまりにも美しく
もう無地しか織れないという気持ちになる

もし何か文様を施すとすれば 糸、布が ますます美しく その表情が際立つような方向性

もっとみる
ありがとうございます!
1

葛布八寸帯地『upas』

降り積もる雪の中が真っ青に見える時がある
山の白、葉を落とした樹々の茶

upas(ウパシ)とは アイヌ語で「雪」の意味
長いこと取り組んでいる 私の制作のテーマの一つ

お太鼓の想定

お太鼓の内側は青 白の中の雪の青
青の中を通る手先も青

締める時に反転させるとリバーシブル 青い側を表に出してお使いいただけます

前帯部分と手先の端に 見えるか見えないかくらい控えめにランダムに 柄を入れた 

もっとみる
ありがとうございます!
1

葛布角帯地『結び』

経緯とも、団栗の鈍色
経糸は座繰り 太めの節糸
節が雨絣のような表情
うまく色が写真に出ないが実際はもう少し明るい

葛の糸は「葛結び」という独特な方法で繋ぎ一本の長い糸にし緯糸にする
無地は その結び目がより際立ち 経糸の節と程よく馴染み 雰囲気、表情のある布となる

結び目 縁結び 髪結い おむすび

「結ぶ」という言葉の用途、意味の多さに改めて気づく
結ぶという行為が 大変に信仰的であった

もっとみる
ありがとうございます!
1

展示会|「CANBIRTH」会期延長のお知らせ

銀座高木ビル(旧有賀写真館ビル)の2階ロビースペースにて行われている「ORIOBI」の展示を、3月29日まで延長することとなりました。

数点ではありますが新しい作品も追加いたします。
ビルの一階にcafeもOPENしましたので、銀座にお立ち寄りの際は、美味しいカフェとArtで一息つきにいらしてください。
3月13日(金)、14日(土)は撮影のため、私も会場におります。
※ご来館の際には、マスクの

もっとみる
♡ありがとうございます!励みになります♡
6

2020🎉2🎉27《木》大井競馬全レース🌋爆烈予想🌋🎯《コロナ撲滅支援》

昨日は、17万馬券的中🎯🎉
本日も多数的中出来ますように爆裂予想🎯㊙️

推奨馬5頭での予想です🏇💨

本日、コロナ撲滅支援で、売り上げの10%寄付致しますので、ご協力お願いします🙇🆘

もっとみる
有り難うございます!