子宮という宇宙世界vol.7《しばらく安静にしてください》

子宮という宇宙世界vol.7《しばらく安静にしてください》

産休に入りました。 産休は出産予定日の6週間前から取得できて、ちょうど6週間前からの取得です。 体感としてはもう少し早くから取得できるようにした方が良いのではと思う……フルで取得してる私でさえもう体力の限界迎えていた! とはいえ本当は、もっと産休の前に有休をくっつけて早めに休もうと思ってました。(実際そうしてる人が多い気がする) でも産休取得できる日の直前に、仕事上大きなイベントがあり「引き継ぎつつ次の担当者フォローしつつ無理しないでやってね~」くらいだったのですが、この

「女性のキャリア支援」を読んで。人生イベントを事前に知っておこう♪

「女性のキャリア支援」を読んで。人生イベントを事前に知っておこう♪

「働き方の多様化」 このコロナ渦でさらに加速している、「働き方の多様化」というキーワード。 今日は、女性のキャリアの中での節目になりやすい就職、結婚、出産・育児というイベントについて、書いて聞きたいと思います! 私もその節目で、女性ならではの悩みや葛藤と向き合ってきました。 現在は、そんな経験を生かし、女性向けセミナーや、就活相談を通して、キャリア支援を行っていますが、働き方の悩みは、時代によっても異なると言われています。 私は仕事を通してSDGsや国際協力のことを

16
性格や能力と仕事(や立場)の不一致~アンダーアチーバーとカウンセリング

性格や能力と仕事(や立場)の不一致~アンダーアチーバーとカウンセリング

アメリカで心理学のPhDを取得し、東京都内で心理カウンセリング・心理療法を中心とした事業を主宰しております、オープンマインドです。今日は「アンダーアチーバー underachiever」について書いてみようと思います。 アンダーアチーバーとは、知力や能力が十分にあるのに、それが仕事や学力などで発揮されていない状態を指します。カウンセリングをしていると、こういう状態の方に会うことが多いと感じています。当然のことですが、能力を持て余しているとどうしても不満を感じてしまい、そこか

4
ぺく☆ぺくラジオ シーズン2 episode43(i-colorカウンセラー/勾玉セラピストのたえさん)

ぺく☆ぺくラジオ シーズン2 episode43(i-colorカウンセラー/勾玉セラピストのたえさん)

こんにちは! ラジオパーソナリティーのぺくです! 毎回様々なゲストをお招きしてテーマに沿ってお話していただく、「ぺくぺくラジオ」。 シーズン2では、「25歳の自分にメッセージを送るとしたら?」をテーマに、ゲストの方にお話を伺っています! 今回のゲストは・・・i-colorカウンセラーであり、勾玉セラピストでもある、たえさんです! 同じ、女性のためのキャリアの学校・はぴきゃりアカデミーの卒業生というご縁もあり、今回ゲストとしてお招きしております。 もともと新卒で入社した大手企業で30年間勤務された後、今年の1月から転職したものの、7ヶ月で退職。 今後はもともと活動されていた、i-colorカウンセラーや勾玉セラピストとしてご活動される予定という、たえさん。 ハキハキとお話されますが、セッションではしっかり寄り添ってくださる素敵な女性です。 そんなたえさんが、25歳のご自身に送ったメッセージは「もっと自分の可能性に気づいた方がいいよ!」でした。 20歳で短大卒業後に大手企業に入社して5年目だった当時は、あまり何も考えていなかったという、たえさん。 その後、結婚して2人のお子さんが生まれ、2人目の育休中にモヤモヤしたことがきっかけで、自分と向き合うことになりました。 そこから13年。 7年前にはぴきゃりアカデミーでi-colorカウンセラーを取得するなどしながら、継続的に自分と向き合い続けて来たそうです。 そんなたえさんに、「自分を知る」メリットを伺ったところ、 「自分に気づくと、周りの人のこともよく分かる。自分にできないことができる人に感謝の念を抱くようになる」とお話されていました。 そうすれば、お互いが笑顔でいられる、お互いを尊重しあえる、優しい世界になりますよね…! 自分を知るために「周りの人からの声を大切にする」というアドバイスも納得! そんなたえさんが今後どんな風にご活躍されるか、とっても楽しみです! セラピーやセッションを受けたい方は、ご紹介するので、ぜひご連絡くださいね。

2
【キャリア見直し中③】まずは本業を極める覚悟に変わった

【キャリア見直し中③】まずは本業を極める覚悟に変わった

以前、こちらの記事で市場に出る覚悟を決めたと書いた私。​ 約2ヶ月経って、タイトルの通り、あっさりと心変わりして本業を極めることにしました。 きっかけは2つあります。 本業が忙しくなった1つ目のきっかけは、本業が忙しくなったことです。 前回の記事を書いた時は5月で、私が参画しているお客様先は、組織変更があったばかり。 お客様もバタバタしており、プロジェクトも本格始動していませんでした。 要は全然忙しくなかった時期で、そのせいであれこれ余計なことを考えてしまったので

5
”Q.仕事でもプライベートでもやりたいことをかなえる方法”【女性の転職・求人情報Woman Career】より

”Q.仕事でもプライベートでもやりたいことをかなえる方法”【女性の転職・求人情報Woman Career】より

こんにちは。株式会社morich 代表取締役 All Rounder Agentとして、All Roundにご支援をさせていただいております 森本千賀子です。 dodaのオウンドメディアで働く女性向けのサイト 【女性の転職・求人情報Woman Career】にて最新記事が公開されました。 女性の転職・求人情報Woman Career 『女性のためのコンテンツガイド』 女性のモヤモヤを解消する100問100答 ≪Question89.仕事でもプライベートでもやりたいことをか

2
Life Hostage

Life Hostage

 その日。珍しく外がまだ明るいうちに、ヤイコは帰路につくことができた。この数か月ずっと進めていたプロジェクトに、ようやく一区切りがついたのだ。  夕方の町はぼんやりとした光に満ちていた。彼女は駅の近くで簡単に買い物を済ませたあと、そのまま自宅マンションまで歩いた。その間ずっと、ほどよい疲労感が彼女の身体を温かくしていた。だが、そんなどこか満ち足りた気持ちも、彼女がエレベーターを降りるなり、すぐに萎んでしまった。廊下の奥、自宅ドアの前で、ひょこひょこと揺れている小さな影が、彼女

3
オンラインとリアルの相互補完の可能性

オンラインとリアルの相互補完の可能性

こんにちは。久々の投稿になってしまいました。 7月に長期休暇で旅行したのですが、直前に娘が体調を崩してしまい、看病やら旅行の準備やらで更新が滞っていました。 娘は抗原検査陰性だったので本当に単なる風邪なのですが、風邪症状の人は自主隔離を求められるご時世。 折角の休暇がホテル暮らしで終わるかとヒヤヒヤでした。 幸い治って無事休暇、旅行を楽しむことができましたが。 今日はその旅行で感じたオンラインとリアルの相互補完効果についてのお話。 入国規制緩和の間に。。。今回の旅

10
ぺく☆ぺくラジオ シーズン2 episode42(あなたの「なりたい!」を応援する管理栄養士・成松 由佳さん)

ぺく☆ぺくラジオ シーズン2 episode42(あなたの「なりたい!」を応援する管理栄養士・成松 由佳さん)

こんにちは! ラジオパーソナリティーのぺくです! 毎回様々なゲストをお招きしてテーマに沿ってお話していただく、「ぺくぺくラジオ」。 シーズン2では、「25歳の自分にメッセージを送るとしたら?」をテーマに、ゲストの方にお話を伺っています! 今回のゲストは・・・成松 由佳さんです。 あなたの「なりたい!」を応援する管理栄養士として、食事で健康を作るためのセミナーやサポートプログラム、 なりたい姿を描いて一歩踏み出すためのコーチングセッションなどなど、とっても素敵な活動をされておられます。 私がかつて通っていた、女性のためのキャリアの学校・はぴきゃりアカデミーの卒業生というご縁もあり、ゲストとしてお越しいただきました! そんな由佳さんが25歳のご自身に送ったメッセージは「自分の気持ちに気づいて!」。 高校の頃、管理栄養士を志して大学に進学したものの、 「せっかく名前の知れた大学に入ったから、大きな会社に入って、バリバリのキャリアウーマンをした方が良いのでは?」と思い、大手企業に入社した由佳さん。 その後も、世の中の「正解」に合わせた生き方から抜けられず、「上司に気に入られなきゃ」や「誰よりも優れた結果を出さなきゃ」と、 常に人の顔色を窺ってしまい、疲れてしまっていたそうです。 そんな由佳さんにとって転機となったのが、はぴきゃりアカデミーやライフミッションコーチ®️協会での学び。 生まれ持った素質に優劣もないし、幸せのコップも人それぞれ。 世間の「正解」にしたがって生きているご自身に気づき、自分の本当の気持ちに向き合っていくことで、少しずつ変わっていきました。 自分の本当の気持ちを知っても、それをカタチにしていくのは難しさもあります。 それに対し、由佳さんは「実践と行動あるのみ!」とお話をされていました。 由佳さんご自身も、ご自身のありたい姿に気づいてから、「どうやってそこに向かっていけばいいのかな」としばらく立ち止まった時期もあったそうですが、 自分で進んでいくことで、見える世界が少しずつ変わっていくことを知り、今に至るそうです。 そんなご自身の経験が、今の活動にも繋がっているという由佳さん。 食生活を和えることで、身体が変わり、それが自信になれば、心も変わる。 行動を変えることで健康をつくったり、なりたい姿を描いて、そこに向かっていける人を増やせるよう、日々ご活動されておられます。 芯の強さと寄り添える優しさを持ち合わせた、とっても素敵な方。 日々の活動や食のコラムをnoteで執筆されていたり、月に2回、食のセミナーやグループコーチングのセッションを開催していく予定とのことなので、 ぜひぜひチェックしてください! ▼由佳さんの活動を詳しく知りたい方はこちら https://note.com/nariyuka_rd

6
「時間がないんです」と泣いた、あの先輩は元気だろうか

「時間がないんです」と泣いた、あの先輩は元気だろうか

30代に入った頃(既婚、子なし)、私は管理職になった。当時、社内で最年少のマネージャーだったこともあり、「男性の嫉妬」の存在に気がついたのもこの頃だ(本文と関係ないので今日は割愛)。 管理職になってから、マネージャーとプレーヤーでは見ている世界が全然違うと気がつき始めた。若くしてマネージャーになり(その後も育休明けで降格したり、また戻ったり、2人目育休明けに再び降格したりと紆余曲折あった)苦労もあったが、今となっては「組織とはどういうものなのか」「どうやって成り立っているの

203
300