ヨンブンノサン最大の売り物

ヨンブンノサンは、「時間」を売っています。
. 
ぬりえではなく、時間。
.
.    
空白を見て想像する時間。
描く時間。
互いの絵を見ながら話す時間。
飾ったものを別の時に見る時間。
. 
新発売したヨンブンノサンmini museum2に、
各柄が3枚ずつ入っているのは、
そういう時間をたっぷり過ごしてもらいたいな、という思いから。
. 
. 
おそらく子供は

もっとみる
嬉しいです!
1

10.夏休みの宿題

今考えれば小学校にしては、結構宿題って多かったように思う。
漢字の書取りなんてものは、苦痛以外の何物でもなかった。
あるとき早く終わる技を開発した。
辺ばかり先に書く方法だ。
同じ単純作業を繰り返す方がスピードアップできることを覚えた。
きっとこんな書き方をしている奴はいないと思ったが、とにかく早く嫌な宿題を終わりたかった。
高学年の頃は、7月中に図工以外をとっとと終えるようにしていた。図工だけは

もっとみる
アリガトうございます。
1

図画や写生が苦手な子供と楽しんで取り組んだこと

訪れてくださって、ありがとうございます😊

【はじめに】

今回は、図画や写生が苦手な子供とどのように関わって楽しめるようになったか、の話をします。

幼児の頃からお絵描きが好きで、そのまま小学校の図工でも絵を描くのが得意であったり好きであれば問題ないですが。

絵が苦手な場合、そのまま進むと益々図工が好きになれませんし、中学の美術ではほぼ評価されないだろうことも考えられます。

中学の美術でほ

もっとみる
わたしもスキです💕
42

おうちでつくろう#14 羽子板をつくろう

今日からもう12月。あっという間に師走ですね。今年の年末はお出かけしないご家庭も多いようです…わが家も今年は旅行や帰省はせず、おうちで過ごす予定です。ということで、今月はおうちで楽しめる冬の工作をいろいろご紹介します!
第一弾は、『羽子板づくり』。お正月飾りとしても、羽根つきとして遊ぶこともできるので、ぜひつくってみてください。
※羽子板は、女の子の初正月を祝い、邪気を跳ね除け美しく無事成長するこ

もっとみる
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆ ううううっ
9

【小学生対象】「ぼく・わたしだけの年賀状」12/20(日)

「こどもと学ぶ、おうちチャンネル」の向田です。今回はおうちチャンネル12月号「ぼく・わたしだけの年賀状」のご紹介です。

綺麗な文字で自分だけのはんこを作る

講師に綺麗な文字の書き方を教えてもらいながら自分だけのお名前はんこを作ります。これがあればオリジナルの年賀状を作れちゃう!

干支ってなんだろう?

ぼく・わたしの干支はなんだろう?12種類の動物が年の名前になったのはなぜ?順番はどうやって

もっとみる

授業研究会をして思ったこと

みなさん、こんにちは、旅人先生Xです。

今日は、先日行った授業研究会のことについて書いていきたいと思います。

実際にやってみてこんなことを感じたり、考えたりしているのだと知っていただければ幸いです。

ぜひ、お読みいただければと思います。

目次は以下の通りです。

①授業研究会とは?

授業研究会とは、ざっくり言うと、授業について指導してくれる方を招いて、提案をしたり、日々の授業の改善のため

もっとみる
よろしければ、他の記事もご覧になってください。
15

自分の創造力を削ぎ落とされる授業がある時間割の中で。 その2

昨日の投稿で書ききれなかった続きを。

とある方からコメント頂いのだが、確かに教育の問題でもある。でもそれって今更な感じもあり一因でもあるが全てではない。ビジネス業界でよく言われるアップデートの問題と綿密に絡んでいてマクロでいう社会全体の話でもある。

そもそも、価値基準が労働市場に直結していて学びが全て労働市場の測りから脱化できないベルトコンベアーの上で教育を受けるならば代わりようがない。

もっとみる

展覧会アイディア①

他の小学校の展覧会を見学させてもらった。

天気もよく、気持ちのいい散歩びより

こんな日に、子供の図工作品を見ることができるのは、心が洗われる気分だ

展覧会の内容は、面白いと思ったものがたくさんあり、参考になった

①スタンプラリー

受付でスタンプラリーの紙を渡される

見ると、学校中にある6年生の作品を見て回るスタンプラリーになっている

・学校の柱を、木に見立てた作品

・階段の横の坂に

もっとみる

日本画と時空 (山口晃NHK「ようこそ先輩」より)

山口 晃氏

日本画の技法を今現在の物と混ぜながら、現代アートとして描いている方

正直、見る前は
「あぁ、日本画かぁ~…あんまり好きじゃないんだよな…」
なんて思ってた。

でも、数分後
「日本画面白いかも!日本画ちゃんと見に行きたい!」
と考え方が変わって、ワクワクしながら画面を見てしまいました。

日本画の技法を研究しているけど、日本画を現代アートにしてる方だから、きっと日本画の面白さを今の

もっとみる