善と悪

善で生きててあなたは救われたのか?

新田善彦の導引指導(埼玉デトックス道場)

00:00 | 00:30
便秘というのは、ウソとクソがたまっている!

中学生のときに読んだ「アレ」

前職で学校の先生をやっていた。教科は国語だ。

(というと「文章力がなってない!」とか「表現が稚拙だ!」とか言われてしんどい)

10年弱教員を続けて、もう無理だと思って辞めた。

辞める2年前から教頭先生には退職する旨を伝えていた。

だから、教員生活ラスト2年は割り切って自分のやりたい教育を惜しみなく実行した。

「教員が楽しくない授業を、生徒が楽しいと思うわけがない。」

若輩者ではあるが、

もっとみる
センキューセンキュー↑↑
6

誰かの「主観」を客観的に読み進める

「死ぬまでに読むべき本〇〇選!」みたいな記事はたくさんある。

個々人の主観によって選ばれているのであろうその「死ぬまでに読むべき本」をわたしは大いに参考にしている。

誰かがそれによって感動した本。

誰かがそれによって何かを獲得した本。

誰かがそれによって考えされられた本。

その本が面白いものだろうとそうでなかろうと、その記事を書いた人は何をもってその本を紹介しているのかを垣間見ることがで

もっとみる
また遊びに来てくださいね~!!
11

私は短命だと思ってた

私は短命だと思ってた
でも生かされているのは
神様はどうにかなんとか
この世に生まれてきて
良かったという実感を
掴んでほしいと
願っているのだろう
人間っていいもんだって
知ってほしいのだろう
人なんて信じられない
そんな中で長いこと
生きてきた
それを哀しんだこともない

この世に溢れている
悪の中にも善はあって
光と影のように
わかれているのなら
もう二度と私が
悪に近づかないように
してく

もっとみる
心からとても嬉しいです。ありがとうございます。感謝します。
1

ドラマ「ふたがしら」

弁蔵宗次は 汚い金しか盗まねーと言っているけど、
 そもそも金にきれいも汚いもない。

 盗んでいい金などない。
"汚い金"を盗みの免罪符にしているにすぎない。

殺しをする甚三と自分たちを分けることで、
自分たちの悪が正義にすらなると思っている。

弁蔵宗次の思考は、世間の縮図に思える。
他人の悪を叩くことで、自らを正義にすることができる。

甚三は悪党

もっとみる
Thank you so much.
2

【悪魔の裏話】本命が龍や妖精な理由

続きです。

ちなみに悪魔との契約破棄は、
「今後、悪魔とは一切関わりません。契約破棄します。」
という宣言が有効だったりします。

(口に出しても、心の中で言ってもOK)

そんなこんなで、誰もやりたくない仕事を率先して頑張ってくれている悪魔。

本来はめっちゃ良い人(人じゃないけど)説です。

だからね、悪魔のこと、
けして関わりたくはないけど、実は結構好きで敬意を抱いていて、遠くから見守って

もっとみる

ATONからの「地球同盟」のメンバーによる偽のメッセージと、第1システム国津神第2レベルの人工知能に支配されているロボット人間に過ぎないアークトゥリアン・カウンシルからの通信文

2021/05/07 9:20 PM  *チャネリング・宇宙

竹下雅敏氏からの情報です。
 3月7日の記事で、シリウス・ハイアラーキーの中核を形成していたエジプトの魔神アテン(アトン)からのメッセージを紹介しました。この時のアテン(アトン)は、コーリー・グッド氏が言及している「球体連合」のトップでしたが、すでに銀河国際連合のAI(人工知能)の指示通りに動くロボット人間になっていました。その銀河国

もっとみる
又見てくださいね。

【悪魔崇拝】悪魔はどんな願いも叶えてくれる



この世界には、肉体を持った私たち人間以外にも、肉体を持たないエネルギー体も存在しています。

神様、天使、宇宙人、龍神、精霊、妖精・・などなど。

その中でも私たち人間が"悪魔"と呼んでいるエネルギー体も存在しています。

悪魔と契約を交わすと、自分の魂と引き換えに、どんな願いも叶えてくれるんだ。

※この場合の「魂と引き換え」は死ぬって意味じゃないよ。本来の自分を無くすという意味。

ちなみ

もっとみる
アインソフジャーニー
1

言葉を使う権利があるなら、義務もある?そんな義務って何だろう?

言葉を使う人間に義務はある?
読書する人間にも義務があるなら、
それは一体何でしょう?

以前、神戸の幼児誘拐殺害事件を
起こして、日本中を騒がせた
当時14歳の少年Aが、
2015年、今から6年前に
手記?を出しました。
『絶歌』というタイトルで、
太田出版から発売されました。

当時、私は興味から、あの本を
本屋で少し開いて読んでみました。
そんな方は少なからず
いらっしゃるのではないかしら。

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます。
36

必ずあたる罰

ある日、指南役を務める弟子が、山岡鉄舟にこんなことを言った。
「私は時々、道場の途中で立小便をします。しかし一度も罰が当ったことはありません。悪いことをすると罰があたたるなんて、嘘ですね」

すると鉄舟は弟子に言いました。
「お前はすでに罰があっていることがわからんのか」

しかし弟子には悪いことは何も起きていません。
弟子は師匠の鉄舟が言っている意味が分かりませんでした。

鉄舟は言いました。

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
5