冬ごもり

蕪村の「冬籠心の奥のよしの山」を読む

冬籠の俳句の中で、この句が最も優れた句と当方は評価している。冬籠というのは、寒さの余り戸外に出ず、家に閉じ籠っている事を言う言葉である、言うまでもなく冬の季語である。
この句は高浜虚子が解説しているので、それを引用する。それにはまず、
みよし野や 唐土かけて 冬木立
の句の解説から始まる。
これは吉野山が、だんだんそれを分け入って行くと、唐土に通じている話のあるところから思いついた句であろう。謡曲

もっとみる
スキ有難うございます❤
1

2年目に向けて。

冬ごもり、熊ならこの期間中に蓄えてた脂肪を消費しながら痩せていき、春にはスリムになって冬眠から目覚めるのだろう。

私はというと冬の間に脂肪を貯めていき、春にはMAXになった体重でシーズンを迎える。

特に今年の冬はいつもより動かなかったので、久々にMAX更新してるっぽい(怖くて体重計乗れない😅)

真剣にダイエットに取り組まなければ😅

とりあえず、確定申告の申請の方も終わったのでいよいよ今

もっとみる
嬉しい😆
6

冬の仕事事情

雪国で冬に林業の仕事をして生計を立てると言うのは、なかなかハードルが高い環境です。

そんな訳で独立する前に勤めていた林業会社でも、冬場の1月から3月までは籍を切って、三ヶ月間だけフリーランスとして仕事をしていました。

そこで主としてしていた仕事が、薪作りでした。

私は民間の事業所から、手間受けという形で薪作りの仕事を貰っていたんです。

別に林業に関わる仕事でなくても良かったんですが、ほぼ私

もっとみる
スキありがとうございます😊
4

虫と私

あけましておめでとうございます🎍

子供の学校も始まりました。

夏休み同様冬休みも短く、正月もいつもより出る事が少なくなってしまい、子供には可哀想な冬休みでした。

そこで下の子を連れて、すぐ近くの裏山へ遊びに行くと、雪原の中に虫が一匹。

娘の指先に! ゴミじゃありません。

やはり小さいし、なかなか動かないので、普段はゴミと思って気付かないんでしょうね。

この後娘の手に乗った虫は、暫くし

もっとみる
嬉しい😆
2

すがすがしいと気分もいい❕SNSの投稿やり方見なおそうかなとヒントないかなぁとふと考えました。冬ごもり、週末の引きこもり♫

感動です🥺ありがとうございます

冬ごもり。

本格的に寒くなる前に、1回だけ図書館へ、散歩がてら行こうと思っていたんだけれど。

ぼーっとしているうちに、雪が降るほど寒くなってしまった。

時期が時期だから仕方がなく、ここら辺(福井県)は今頃か、遅くてもクリスマス辺りから雪が降り出す。
去年の冬はほとんど雪が降らず拍子抜けしたが、今季の冬に関しては、あらかじめ天気予報で「例年通りの冬がくる。」という情報を仕入れていたから、早め早めに(雪が降る

もっとみる
山茶花:愛敬
8

熊穴に蟄る - 冬・大雪のこよみ -

熊蟄穴  | くま あなにこもる

12月12日〜16日頃

- 冬の七十二候 -

__________________

熊が冬眠のために穴に入るころ。

小熊を産んで、春に親子で出てくることも
あるんだって。

生きものたちが冬ごもりをする時季。

長い冬を越えよう。
あたたかい春がやってくるまで

おやすみなさい。



∴∴∴ ∴∴∴ ∴∴∴ ∴∴∴

もっとみる
わたしもスキです♡
4

2020年12月7日のFMひがしくるめの放送内容です

2020年12月7日(月)

みなさん、こんにちは!倉嶋桃子です。

ここの所、初冬らしい陽気が続き、マフラーにダウンジャケット、そして手袋が必要な時期になってきたようです。

先日、所用があり、東京都東村山市界隈を散策していたところ、所々に八手(やつで)の花が咲いているお庭をいくつか見かけました。

気になって事務所へ戻ってから調べてみると、昔から魔を払う縁起のいい植物とされ、玄関先に八手を植え

もっとみる
見てて楽しい、聴いていて楽しい番組になるようがんばります。
1

冬ごもり

現在私はなかなか外に出ておどることが難しいカンジ。

コロナとかもあったけど、それ以外に家庭のことで。

そんなこんなで致し方なく、でも開き直って、お勝手でおどっている訳なんですけれども。

それもかれこれ一年になるので、板についてきたとも言うが、ひとりでおどるのにわずかながら飽きてもきたのです。筋力も落ちてきたし、年齢なりの衰えもあるしで、焦りも少々。

でも、これも私の修行と言いますか、「おど

もっとみる
ありがとうございます。
5

冬ごもりにオススメの図書館利用法

こんばんは、といです。

週末の楽しみは何ですか?
と、今もし聞かれたら「図書館へ行くことです」と答えます。
地味な趣味、かもしれません。

図書館を楽しむという趣味

趣味のルーツは幼少期にあること、多くないですか?
私の場合、図書館通いは子供の頃欠かせない時間でした。
私が小学生ぐらいだった二十数年前は、
今風の広々として明るい館内とは異なり、
なんだか薄暗かったイメージがあります。
きっと本

もっとみる
これからも(出来たら)寄ってください。
10