低金利

「史上最低」の住宅ローン 変動金利のままで大丈夫?

住宅ローンの変動金利が「史上最低」ラインになっています。日米欧の政府が大量に市場に資金を供給しています。将来的に金利が上がるのではないかと思うのなら、固定金利選択型を選ぶのも手です。住宅ローンの基本は次の3タイプ。「変動金利型」、「全期間固定金利型」、「固定金利選択型」の特徴をおさえておきましょう。

変動金利型
特徴:市場金利の変化によって住宅ローン金利も変動する。半年ごとに金利の見直しがあるの

もっとみる
ありがとうございます^^
22

🔥貯金vs投資(トレード)🔥

『これを機に将来の為にお金を貯めよう!』

そう思っていても、お金が増える人、増えない人が
います。

それは何故でしょう?

超低金利のこの時代。

100万円を1年間銀行に預けても、0.01%であれば
利息はわずか100円程。

ジュース一本分にしかなりません😣

また、100万円を2倍にするのに7200年もかかります!

では、投資はどうか?

月利10%で増やしていくと、100万円がなん

もっとみる
ありがとうございます^^フォローもよろしくお願いします!
1

日本の銀行預金は今後上がらない?でもい安全な預け口と言われている。

ちょいと金融的な話。
日本で日本円普通預金金利がいいところはどこだ?
あまりまとまった金額でなくてもと定期預金ランキングをたまに見る私。
見る金利はうたっている金利ではなく、税引後の金利を見ることが大切。

新生銀行0.7%という事は、税引き後0.577%

https://www.shinseibank.com/powerflex/cam/cam_2007sup_ytd.html?xadid=v

もっとみる

融資条件と銀行からの支援

[要旨]

融資利率は、融資を受ける側からみて低い方がよいですが、過剰に低くしてしまうことは、自社に万一のことがあったとき、銀行からの支援を受けにくくしてしまうこともあるので、バランスの取れた取引を意識することが大切です。

[本文]

ひとつの例ですが、1,000万円の融資の利率を、0.1%引き下げられたときに減少する、支払い利息額は、年間で1万円です。では、銀行と交渉をして、1万円の費用を減少

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
1

低金利は企業の投資計画にあまり影響しない?

・このNoteを書くにあたって

この記事ではアメリカの金融系ライター、ネイサン・タンカスの記事「低金利は市場集中を促進しない」を紹介します。
個人的にこの記事は”金利と企業の投資の関係”を理解するのに面白いと思います。日本でもアメリカにおいてもゼロ金利の話題がHotだと思うので世界経済のトレンドを掴むのにも少なからず力になると思います。

*この記事は自身の勉強と日記?的な意味で書いていますが、

もっとみる

低金利時代の実感

今夜も月が綺麗ですね。

今日、偶然金券ショップの前を通った時、何気なく覗いてみました。そこで自宅から新宿までの片道キップを売っていたので、往復分購入しました。これで80円お得。

スタバのチケットも売っていたので、こちらも購入。1,000円分が930円でした。70円お得でした。

合わせて150円お得。^ ^

現在のゆうちょ銀行の貯金の金利は、0.001%

これって100万円を1年間預けて受

もっとみる
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

住宅ローンの金利が極端に低い理由

昨今、住宅ローンの金利が異常に安くなっています。

古くからあるメガバンクや地銀に加えて、新興系銀行(イオン銀行、ソニー銀行など)も魅力的な条件を提示しており、まさに異種格闘技戦の様相を呈しています。

住宅ローンは、保証料や団信保険料や繰上げ弁済時手数料など多くの手数料が組み込まれているため、単純に金利が低ければよいという話ではないところが、また話をややこしくしています。

とはいえ、ここまで金

もっとみる
ありがとうございます。あなた様のご多幸を祈念しております。
9

金利でとった顧客は金利でとられる

[要旨]

現在は融資金利が低い時代であり、取引銀行は、融資の低さよりも、いざというときに支援してもらえるような関係づくりを優先することが賢明です。

[本文]

税理士法人古田土会計の森尾勝俊先生が、Youtube動画で、銀行との融資取引に関する助言をお話されておられる動画を拝見しました。動画の要旨は、中小企業経営者の方の中には、融資金利にとてもシビアな方がいる。そのような経営者は、0.1%でも

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
3

例えば総資産が3000万円あるのであれば、総資産を超えない範囲で借金をして株なり仮想通貨なりに投資をして資産運用しながら借入金を返済していく方法も良いな〜と最近になり気になり始めてきた。しかし条件は低金利であること・・・。リスクもそれなりにあるだろうが、まずは総資産を増やさないと

スキありがとうございます!
10

しのび寄る「超円高」の悪夢

今朝、新聞報道で「しのび寄る「超円高」の悪夢」という見出しの記事が目に付き見入っていた。新聞の報道によると日米の金利差が少なくなってきて、このままだと円高に進むのではないかと言うもの。

日米の金利差

その金利差(10年債)はいかがなものかと、具体的なグラフを見つけた。今年の1月に差が1.9%あったが7月末には0.7%まで縮まった。この0.7%という数値はリーマンショック以来の最低水準ということ

もっとみる
スキ ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。