夢のマイホーム今は建て時?控え時? ~住宅ローンから考える~

こんばんは!小徹です(^^)
今日も夢のマイホーム計画を行っていきたいと思います!

「令和2年の今!マイホーム建て時?控え時?」
今日は、住宅ローンから考えてみたいと思います。

■現在の住宅ローンの状況

上図は住宅金融支援機構(https://www.flat35.com/loan/atoz/06.html)より引用したものです。

 過去を遡っても史上最低水準の今、住宅ローンは正直タイミン

もっとみる

家を買う覚悟

今日もお立ち寄りいただきありがとうございます😊
よかったら、最後までお読みください。

実は、先月自宅購入を決めました。
ざっくり言うとこんな内容です。
総額5,500万円
30年ローンで毎月14万円、ボーナス無し
現在の賃貸、家賃11万円+駐車場代1万円

毎月の家賃+2万円でマイホーム悪くないですよね。

ただし、
①80歳まで払い続ける💸
②家賃総額2,400万円💸
どちらも気が遠くな

もっとみる
ありがとう😊次は何を書こうかな?
6

住まいの選択 賃貸or購入

こんにちは。妻のショウガです。

初めて自己紹介記事を書いてから、2度目の投稿です。

さて今日は、私たちのような夫婦だけでなく、ある一定の年齢に到達した方なら、一度や二度は同じ悩みを持ったことがあるのではないだろうかという、住まいについてです。

特に、20代後半から30代では重要なトピックとして、自分の住居として、賃貸か購入かについて考えるのではないかと思います。

生活スタイルにあわせた、家

もっとみる

家づくりにまつわること(9):坪単価の意味するところ

当社のような建築設計事務所は、予算組みの工事費把握にあたり過去の経験や建設物価等の一般販売されている単価資料をみながら概算を算出します。設計も始まっていない初期段階では、坪単価計算により算出することが一般的です。

住まいづくりの初期に よく耳にする「坪単価」。それに含まれる工事範囲は各社で違うため、その内容は実に不明瞭です。価格競争の基準となるこの「坪単価」から理由をつけて工事範囲から項目を抜い

もっとみる
スキありがとうございます!シェアもいただけると嬉しです☆
3

財政難です...

半年以上も休業しているので、財政難でございます。

傷病手当ももらっているのですが、病気前に狂ったようにカードで浪費してしまった事や住宅ローンなどがあり、傷病手当では賄えていない状態です。

う〜ん、困った...

そんな事も精神疾患に悪影響だったりしていて、行動できない日々が続いていました。

で、重い腰を上げて色々動こうと思う今日この頃な訳なんですが、今日は市役所と銀行に行ってきました。

もっとみる
スキありがとうございます
7

2020年5月度新設着工件数-12.3%減(前年同月比)

令和2年5月の住宅投資予定額は、前年同月比12.8%減の10,327億円となった。
新設住宅投資予定額【推計】令和2年5月の内訳をみていこう
総計 10,327 億円 (前年同月比 -12.8 % 減)
①持家 4,619 億円 (前年同月比 -20.5 % 減)
②貸家 2,369 億円 (前年同月比 -8.9 % 減)
③給与住宅 63 億円 (前年同月比 -16.2 % 減)
④分譲住宅 3

もっとみる

住宅ローンの基本知識

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用すると思います。
いざ住宅ローンを借りようとしても、金利に複数のタイプがあったり、元金均等返済や元利均等返済といった専門用語が出てきたりと、戸惑うことも多いかと思います。
まずは、住宅ローンの仕組みや専門用語について解説していきます。

金利について

住宅ローンは、居住するための住宅や土地の購入などをするため、金融機関から受ける融資のことです。

もっとみる

住宅ローンの「固定金利」と「変動金利」どちらを選ぶ?それぞれの仕組みや特徴を解説

皆さん、こんにちは。フクロウです。

今回お話しする内容は、「住宅ローンの金利タイプ」についてです。

「金利にどのような種類があるかわからない……」
「どの金利タイプにすれば良いのだろう?」

これらの悩みは、住宅を購入するときに誰もが直面すると言っても過言ではありません。

住宅ローンの金利を選ぶときは、金利の種類や特徴、リスクなどを踏まえたうえで選ぶことが大切です。

では早速、住宅ローンの

もっとみる

3,000万円の違い

今日もお立ち寄り下さいまして、ありがとうございます😊
宜しければ、最後までお読み下さい。

住宅購入に必要不可欠な住宅ローン
購入する物件と同じ位にローンについても吟味する必要があります。

最近、住宅ローンの借入金利0.5%とか言われていて目玉が飛び出ました😳
と言いますのも、自分が住宅営業をしていた、約四半世紀前だと、3.9%でした。

3.9→0.5に金利が下がったと言っても、数字が小さ

もっとみる
うれしいなぁ、読んでくれて
8

変動金利か固定金利か悩む暇があるなら|現実的なリスクヘッジ方法

前回、変動金利と固定金利の基礎知識を解説しました。

で、結局どっちがいいの?どうやって選べばいいの?という疑問は尽きないと思いますが、どこまで考えても「どっちが得かは誰にも分からない」が答えなので、悩みすぎるより、もっと自分で出来る事を考えた方がよくない?という話をしてみます。

住宅ローンだけで考えすぎず、もう少し視野を広げると気持ちが楽になりますよ。

家計改善した方が早くない?

「固定金

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!