my home🏠記録①

昨年息子が産まれて里帰りから戻ってきてから
家のことを夫と話すようになった。
元々結婚して、いずれは夫の実家を建て直す話もあったが、職場からの近さが問題となり
土地を一から探すことになった。

そんなこんなで年明けから着工したmy homeの記録もゆっくり綴っていこう思う。

まずは、土地探し。
私たちが土地として検討していたエリアは今住んでいる場所とほぼ変わらない。
今住んでいるエリアは実家も近

もっとみる

自宅を建てる04

少し時間があいてしまいましたが、自宅!ばっちり工期が遅れながら進んでいます。
いつもは「これから一生住む家の、ほんの少しの時間なので焦ることなく良いモノを作りましょう」なんて言いながら、多少は許して頂けるケースもありますが、いざ自分が施主になってみると、そうは行きませんね。w

もっとみる
励みに頑張ります!
19

マリンランプにセンサーを取り付けて自動点灯・自動消灯させる方法

「我が家の玄関にマリンランプを取り付けて自動点灯・自動消灯させたいのですが、センサー付きのマリンランプってないんですか?」とよく質問されます。
そこで今回は、マリンランプにセンサーを取り付けて自動点灯・自動消灯させる方法をお教えします!

新築の家で玄関灯を自動点灯・自動消灯させる方法

玄関の外灯などを自動点灯・自動消灯させたいときに照明メーカー製の玄関照明器具であれば照度センサーや人感センサー

もっとみる
ありがとうございます!

24歳独身都内で家を買う(選定編)

おはようございます🌞

今日は、コンタクトをつけたまま寝たせいで目がパンパンに腫れています。

はい!自己紹介でもあるように、僕は約半年前に家を買いました。そこで、今日は家を買うまでの話をしたいと思います。

まず、家を買った理由から話したいと思います。皆さんは、家を買うタイミングはいつだと思いますか?結婚?妊娠?子供の成長?はたまた老後?人それぞれタイミングはあると思います。

『家は一生の買

もっとみる

脱マスオか,マスオ継続か.

マスオ生活も早6年.サザエとカツオの序列は逆だが,似た家族形態でワカメちゃんの夫として生活している.波平とフネの存在で我々の生活が成り立っている.サザエさんもカツオくんもとてもいい人で同居はしておらず程よい距離感.タラちゃん×3人も皆に懐いていて非常に良い環境下でワカメちゃんの実家で子育てが営まれていることで,ワカメちゃんの安定が保たれているであろう事が自分がここにいるモチベーションになっている.

もっとみる

家買う?

まさかまさかのトントン拍子で進む進むよマイホーム。

膨れる予算に流れる冷や汗。

嫁の願いと財布を天秤に。

ローン審査に実家ネゴ。

まだまだ関門あるけれど、走り始めてしまいました。

ありがとうございます!

マイホームを建てるまで 6. 情報収集

◾︎私がマイホームを建てるにあたってした情報収集について・まとめ

最初は全く家についての知識がなかった。以下の記事(マイホームを建てるまで 4.)の後半に書いているけれど、私には勉強が必要だと思った。家づくりをするにしても最低限の知識を養わないとそもそもお願いする相手と対等に話ができない。

私がした情報収集

1. 住宅展示場で家の実物を見る

これは先に書いた記事の通り。
記事では割愛した部

もっとみる
(o´∀`)ノありがとう☆
2

『萌える!住宅設計学』05リカバリーデザイン

設計初心者においては、ついついカッコいいデザインを追い求めたくなるもの。
これ自体は悪いことでなく、長く使う住宅においては重要なことです。
しかしながら、構造や耐久性を犠牲にしてまでデザインを追求する方も多くいらっ者るのが現状。
まずは、住宅の基本性能を担保することに重点を置いてください。

今回お伝えするのは『リカバリーデザイン』について。
設計を進めるうえで、どうしても見た目や使い勝手が悪くな

もっとみる
ありがとうございます!

初!現場打ち合わせ

先日は建築士の方と初めての建築現場打ち合わせでした。

建築現場の進捗をSNSなどで記録している方もいらっしゃるかと思いますが、

我が家の場合は、「現場での私達の安全面の確保や大工さんの気持ちを配慮したい」という工務店さんの意向により、現場入りは基本的に打ち合わせの時のみ。

確かに、数ミリ数センチの作業と真剣に向き合っている大工さん方。不安定な場所での作業は命にも関わります。

その最中に施主

もっとみる
ありがとうございます。とても嬉しいです!
1

『萌える!住宅設計学』04的確な役所調査

本日はより実務的な内容、役所調査についてです。
住宅を設計するには、建築基準法や都市計画法など様々な法令が影響します。
そういったものを調査するのが役所調査です。
もし調査内容に漏れがあった場合、設計のやり直しという可能性もありますので、非常に重要なところです。
一般の方の場合、「この土地の家を建てれるのか?」の確認もできますので、参考にしてください。

01:都市計画課

まずは市役所の都市計画

もっとみる
ありがとうございます!
1