大阪 此花区のマンション

此花区の3LDKのマンションを見に行ってきました。

事務所のある北浜から地下鉄堺筋線で日本橋へ

近鉄電車に慌てて乗り込み、暇つぶしに電車の中で、スマホでいろいろ調べもの。

しばらくして、ある駅で電車が止まり、

「次は尼崎です。」のアナウンスが・・・

「あれ?行き過ぎた?」

いえいえ、乗ってた電車が快速急行・・・

電車の扉が閉まりかけの時に慌てて飛び降り、間一髪セーフ!

普通に乗り換

もっとみる
また見に来てください!
1

インテリアコーディネーターが考える「空家問題×DIY」

こんにちわ、インテリアコーディネーター の久保観丸と申します。
現在、リノベーション自主企画「浸透」を運営しています。
浸透は「これからの賃貸の在り方とは?」をテーマに空き家をDIYし、退去時に価値を上げる企画です。

今回はなぜインテリアデザイナーの私が「空家問題×DIY」に着目し、
20代をターゲットにした企画を行なっているのかお話ししたいと思います。

<目次>・若者のインテリアへの関心・日

もっとみる

【マナシェア中目黒・三軒茶屋】リノベーション中継その⑪『トイレ・洗面所』

『マナシェア三軒茶屋』は元々約34坪の戸建てだったので、トイレは1つでした。
個室は5部屋。家族だけで住むならトイレは1つで十分かと思います。
でも家族以外の人と暮らす場合は、「ちょっとトイレ早くしてよ~」とか言いづらいので、2つ作りました。

リノベーション前

リノベ前のトイレはこんな感じ↓

「お先へどうぞ ありがとう」シール。昔ありましたね~
でもトイレに貼ってあるの初めてみました(笑)

もっとみる

【マナシェア中目黒・三軒茶屋】リノベーション中継その⑩『キッチン』

マナシェア中目黒の場合

 マナシェア中目黒を2年前にオープンさせた時、キッチンは「MUJI×サンワカンパニー」のオープンキッチン=見せる収納にしました。↓

 マナシェアに住もうと思って頂ける方は、「キッチンが気に入ったのでこちらに決めました」とおっしゃる方が多いです。

 幸いにも「マナシェア中目黒」には歴代「自炊好き&キレイ好き」な女性が多いので、2年経った今でもリノベしたての頃の美観が保た

もっとみる

# ガレージをカリフォルニアスタイルにリノベーション

こんにちは、FUJIです。

知人宅の戸建ガレージをカリフォルニアスタイルにリノベーションしてきました。

元から十分素敵なお宅だったのですが、自由に提案してくれていいよとの お言葉を頂き楽しくデザインさせて頂きました。

リノベーション前の状態

元々は住宅にガレージがくっ付いたビルトインガレージ。
サーフィンやゴルフが趣味のオーナーの旦那さんが、ガレージと趣味の部屋を兼ねて使いたいとの要望で、

もっとみる

【マナシェア中目黒・三軒茶屋】神様の休憩所

昨日は住まいの気の流れ・空気の流れについてお話しました。
私は風水などは特にやらないのですが、どこか新しい場所で何かを始める時は神主さんにお願いして、お清めをして頂いてます。

 その都度神主さんから、「ここは○○な場所だったんだよ」とか「ここは△△をしたほうがいいよ」などのお話を頂くのですが、なかでも『マナシェア中目黒』の時に言われた言葉はかなり衝撃的でした。

いい気が巡る場所

 マナシェア

もっとみる

誰かが飛び込めばはじまる

2月14日に宮城県金融商工課が主催した「商店街NEXTリーダー創出事業」のネットワークミーティングで、講演の依頼があった。

これまでは講演とまではいかない、視察対応などで30分程度の話を依頼されたことはあった。

その場合は、単に釜石大観音仲見世リノベーションプロジェクトを起点とする取り組みを、時系列で紹介するだけだった。

しかし、今回は1時間20分もの持ち時間があり、それだけでは尺が足りない

もっとみる

【ARCHITECTURE OF AESOP】 スキーマ建築計画の魅力

aesopを通じて建築を知る。そのような経験をしました。

<イソップ>は、オーストラリア・メルボルン発のスキンケアブランド。1987年に、美容師だったデニス・パフィティスさんが創業したブランドです。

2010年代はライフスタイル全般がファッション化した時代だったので、男女問わず石鹸や化粧水などについてもこだわる人々が多かったように思います。そして2020年代になり、モードファッションの世界でも

もっとみる
THANKYOUSOMUCH(^^)
14

【マナシェア中目黒・三軒茶屋】リノベーション中継その⑨『気の流れ』編

間取りと窓

 『マナシェア三軒茶屋』は数カ所、間取りと窓の位置を変更しています。
リノベ前は普通の一軒家だったので、1Fにも2Fにも廊下がなく、すべてのお部屋は隣接していました。
シェアハウスの場合、個室に区切る必要があるので、どうしても廊下か共有部が必要となってきます。

さて、どうしよう。。

 今回のリノベーションは建築士さんなしで大工さんと直接やりとりをしながら間取りやレイアウトを決めて

もっとみる