新築住宅

斜めを入れてみると

斜めが気になりながら、どうしてだろうと頭の片隅に残しながら、はじめて能楽を鑑賞してました。

いつもお世話になっている先生が能のシテを演じる機会にお声を掛けていただき、シテとは主役のことだとはじめて知りましたが、このようなキッカケでもなければ能楽を鑑賞することなど無いかもしれないと思い、予備知識もそこそこに宝生能楽堂へ。

非対称の客席にどこに座ろうかと迷いながら、能舞台正面に対して左斜め45度の

もっとみる
感謝です。
1

2020年5月度新設着工件数-12.3%減(前年同月比)

令和2年5月の住宅投資予定額は、前年同月比12.8%減の10,327億円となった。
新設住宅投資予定額【推計】令和2年5月の内訳をみていこう
総計 10,327 億円 (前年同月比 -12.8 % 減)
①持家 4,619 億円 (前年同月比 -20.5 % 減)
②貸家 2,369 億円 (前年同月比 -8.9 % 減)
③給与住宅 63 億円 (前年同月比 -16.2 % 減)
④分譲住宅 3

もっとみる

住宅ローンの基本知識

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用すると思います。
いざ住宅ローンを借りようとしても、金利に複数のタイプがあったり、元金均等返済や元利均等返済といった専門用語が出てきたりと、戸惑うことも多いかと思います。
まずは、住宅ローンの仕組みや専門用語について解説していきます。

金利について

住宅ローンは、居住するための住宅や土地の購入などをするため、金融機関から受ける融資のことです。

もっとみる

マイホーム購入時のポイントについて

一生の買い物と言える「マイホーム」は、色々と考えなければならないことがたくさんあります。
そこで今回は、マイホームに関わるお金と購入時のポイントについて紹介します。

マイホームの購入を検討している方は、ぜひチェックしてください。

あなたにとって無理なく購入できる価格とは?

無理なくマイホームを購入できる金額は、一体いくらなのでしょうか。
金融機関からローンを借りる場合の目安としては、年収の約

もっとみる

『はなおか』の評判・口コミ!徳島の新築住宅メーカー比較記事ご紹介

はなおかは徳島で知名度の高い、地元密着の新築住宅メーカー。「知り合いがはなおかで建てた」「はなおかはおすすめ」という話も聞きますが、実際にはどうなのでしょうか。今回ははなおかの家づくりの特徴や、実際に建てた方からの評判や口コミをご紹介します。
https://iiie-tokushima.com/column/20295/

スキありがとうございます!!嬉しいです!
1

そこで存在する形にする

これから景色が変わる土地にできた細長い小さな変形地、三面が道路に接する、線路際、これから高架になる、たぶん、全く雰囲気が変わるだろう。

そこに予想される建築は本当に小さい、小さな飲食兼料理教室で平屋、それだけに建築全体の形がわかりやすい。周辺の環境が変化していく中で、この小さな建築は変化に流されず、その変化を利用して、存在感を出さなくてはならない。住宅ならば、その変化に対応して住環境を整える必要

もっとみる
よい日です。
5

Vol.8 建築夫婦の自宅、上棟しました。そして、ついにやってきた、最初の後悔。

こんにちは。インテリアデザイナーの堀内詩織です。「左官職人の夫」 × 「インテリアデザイナーの妻」が、小さな家を建てる事になりました。完成までのプロセスを綴っていく、“建築夫婦の家づくり記録”の8回目です。

 

 先日、我が家が上棟しました。(写真は、歩き回ってLDKを見ている私を、夫が撮影してくれていました)

 梅雨の時期、1週間ほど前から、週間天気予報とにらめっこ(笑) 上棟日は午後から

もっとみる
励みになります!ありがとうございます!
2

建築の塩梅

外観が基壇、中段、頂部の構成の場合、古典的なイメージになり、モダニズム建築は頂部を無くすことにより、新しい建築の見え方をつくろとした。それはモダニズムの考え方を伝えようとする時の手段として、建築の見え方を選択したのであり、新しさや考えを理解してもらうためには視覚に訴える、見え方を変えることがわかりやすい。

そして、その変え方も極端ではかえってわからなくなる。モダニズムの場合も、外観の構成を扱うと

もっとみる
感謝です。
4

徳島で新築住宅を買うときに知っておきたいこと

新築住宅購入で失敗しないためには、ある程度の知識を身につけておくことが大切です。
分からないことだらけでは心配な方におすすめの記事!
https://iiie-tokushima.com/column/20088/

スキありがとうございます!!嬉しいです!

変動金利か固定金利か悩む暇があるなら|現実的なリスクヘッジ方法

前回、変動金利と固定金利の基礎知識を解説しました。

で、結局どっちがいいの?どうやって選べばいいの?という疑問は尽きないと思いますが、どこまで考えても「どっちが得かは誰にも分からない」が答えなので、悩みすぎるより、もっと自分で出来る事を考えた方がよくない?という話をしてみます。

住宅ローンだけで考えすぎず、もう少し視野を広げると気持ちが楽になりますよ。

家計改善した方が早くない?

「固定金

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!