周辺環境の変化途中の建築

周辺環境がこれから劇的に変わる中に、容易に変わることができない建築を置こうとした時に、変化した後に焦点を合わせるのが常套手段かもしれないが、それまでにも時は流れ、それまでにも建築は存在するので、変化の過程での建築の在り方も考えなくてはならない。

その時に、周辺環境の変化を全て受け止めてしまい、そして、それを跳ね返してしまうような強い強度を持った建築を置こうとする態度は新しい建築の形式や見え方を求

もっとみる
ありがとうございます。

デザイナーの読書感想文「話題のショップをつくる注目の空間デザイナー・建築家100人の仕事」

この記事は、現役デザイナーが勉強のためにインプットした情報(読んだ書籍)をアウトプット(note記事)するためのnoteです。

記事の読者に対して書籍の購買を促すつもりも、書籍に対する批評をする目的もありません。

「だったら日記でも書いとけ!」と言われそうですが、アウトプットはなるべくパブリックにした方が成長できるという持論のもと、僕の独断と偏見による読書感想文を繰り広げさせていただきます。

もっとみる
在宅デザイナーは雨でも上機嫌
1

田中滉基のこれからのビジョン①

みなさんこんにちは♬♬
今日、今年初めてシャツ1枚で外に飛び出しました。
だんだんと夏が近づいてきて、
体から汗が出始める季節になってきました。

今回自分が各記事は
自分が心に汗をかきながら
喉から手が出るくらいやりたいことを
書いていくことにします。

1、建築士
自分は自己紹介でも書いていますが
建築の設計を普段の仕事としてやっています♬♬
仕事でやるほど建築、建物のことが好きで
自分でいろ

もっとみる
フォローしてくれてあざます!!
4

住宅展示場で見学してみる。



植栽って。

ほんと、すごくいい雰囲気を演出してくれます。

建物自体の見た目よりも、植栽に気合入れる方が

より、素敵な家の外観をつくりだしてくれると思いますよ。

ただ。

植栽は、手入れが必要なので、それだけはご注意ください。

落ち葉は、さほど気になりませんが。

足元やその周りにある土にはえる草対策が大変かもしれません。

特にこれからの季節は、草がグングン成長しますので。

そうそ

もっとみる

【small design】ジーンマイク

先日、noteでお世話になっている建築家の吉田裕枝さんの記事が頭から離れず、自分なりに考えたことをまとめてみようと思う

まず概略は、ドラえもんの『ジーンマイク』というお話についての議論である
のび太くんがテストで0点をとってしまって落ち込んでいると、先生が

「目がついてるのはなぜだと思う?」
「前へ前へと進むためだ!」
「ふりかえらないで。」
「つねにあすをめざして、がんばりなさい。」

と励

もっとみる
ありがとうございます!
17

(連載25)アーティストの終わりなき戦い:1993年:家探しと「シャトー・デ・バーマン」

1993年の時点で、私と夫のトッシュは、ハリウッドのギターセンター の(今でもありますよ。ロックの殿堂になってます。)裏のワンベッド・ルームのアパートに住んでおりました。

私がフリマに行き出して、そこに並ぶものに刺激をうけて、服が箱みたいになってきた頃(笑)また、スリフトショップといわれる、まあ、日本でいうと、リサイクル・センターみたいなところがあって、そこにも頻繁に出入りするようになってました

もっとみる
書いてよかった〜。次もよろしくお願いします。
3

アングルで決まる建築

前から動きはあったプロジェクトが本格的に動き出しはじめたら、隣の敷地まで計画することになり、それでは別々に構想しようと、BIM上で2つの敷地モデルをつくり、様々な方向から眺めていたら、あるアングルになった瞬間、別々にイメージしていたものがひとつに、一体的につながった。

それまでは上から俯瞰するように、平面的な配置をスタディしていたのだが、敷地モデルをぐるぐると回転させ、様々なアングルから眺めてみ

もっとみる
よい日です。
4

豊かに生きる建築家へ 。はじめまして、岡田宰です。

はじめまして、建築家の岡田宰(オカダツカサ)です。
noteを始めます。いきなりだが、僕は文章を書くのが、大が付くほど苦手だ。というかほぼ嫌いに近い。誤字脱字もしょっちゅうだし、文法や構成の基本的なこともきちんと理解できていないと思う。

(建築家・デザイナーという職業は、意外にも文章を書く機会が多いのだが、それに気づいたのは独立してからだった。。)

では、そんな人間がなぜわざわざ、文章のプラッ

もっとみる
励みになります🥺
28

企業主導型保育園の設計とは3

企業主導型保育園は企業が作る保育園です。

通常の認可保育園とは制度が違います。

どちらかというと託児所と同じように考えられる方も多いかもしれません。

一番大きなポイントは補助事業であること!

助成金を頂いて保育園の建築を行い、助成金を頂いて運営を行っています。

まず建物を作るときから審査が入るということです。審査が入るという事は審査に合格するための基準をクリアしないといけないとういう事で

もっとみる
嬉しいです!
3