ふと気づいたこと10選#43

①成長=責任と意思決定の数

②日常のQOLを上げるには、
日々で我慢している部分を書き出す

└ベットが硬いなとか、美味しいごはんを食べたいなとか
└日常的にサプリを飲みたい、アイスを食べたいなど

③適切なルーティンを見つける

└勉強は仕事前に2時間、仕事終わりに2時間

④直近での目標を立てる

└25歳で年収500万
└法人営業(3年目):ライティング(副業)

⑤インプットを怠らない

もっとみる
スキありがとうございます!!
6

42.シンニホン

シンニホンとは
└マッキンゼー脳神経科学が執筆した本

日本はもうすぐ終わると考えられており、
日本は手遅れなのである。

■これからの時代はどう変わっていくのか

どんな時代が来るのか?

それは、「データ×AI」
→データとAIを活用できない企業は無くなる。
(潰れてしまう可能性が高い)

現代における価値が変わってしまう、
つまり、土地(実際に存在するもの)→空間の制限を受けないもの

へシ

もっとみる
スキありがとうございます!!
4

一日教養、一日休養

お世話になった役員から教えてもらった言葉で「1日は学びに使って1日は休息に使う」という意味です

経営は従業員のプライベートの時間までケアできるかどうかも大切

仕事がプライベートを支えていて、プライベートが仕事を支えてますよね

質問や書いてほしいテーマのご意見を是非コメント下さい!Thanks!
16

数ある会社の中で、その会社で働いているわけは

あなたはなぜその会社で働いていますか?

働く目的があるように、その会社で働く意味も考えてみましょう。働く上で、多くの方は会社に属していると思います。正社員の方もいれば派遣社員の方、契約社員の方、パートの方など、働き方は人それぞれですよね。

どんな雇用形態であれ、会社という組織に属して働いて、お給料を得ていると思います。この会社で働く意味を考えてみたことはありますか?

この会社だからこそ、自分

もっとみる
ありがとうございます!
3

ちょっとした変化も大切ですね

間も無く8月ですね。今年は梅雨が長引いていますが、今日の通勤中にふと、聴き慣れた声が聞こえてきました。

「ミーンミンミンミンミン・・・」

そう、セミです。それもみんみんゼミ。雨ばかりで、しかも結構涼しい日があったりして、なんとなく夏って感じがしなかったりしていましたが、季節は進んでいたんだなぁ、と思いました。

仕事に向かう道筋というのは、意外と何も目に入っていない、耳に入ってこないという感じ

もっとみる
ありがとうございます!

日本に資本主義が台頭してきた時代から現代において、国民ほぼ全員が刷り込まれてきた価値観

【お金=労働の対価=雇われて働く】

上記を認識して、変えていく思考法を獲得する必要がある。

ありがとうございます!
7

日本と海外の「仕事観」の違い

今日で3日目、ご覧いただきありがとうございます!

生まれて初めて海外に行ってから、もう約20年くらいでしょうか。
その原体験から海外がすごく好きになり、旅行が好きになり、気づけば50カ国は行ってしまったと思います。
好きになった理由は、文化や景色以上に、生き方や考え方、人生観の部分です。
今回は、自分が働くうえで大事にしていきたい&日本でもっと広まってほしい仕事観について、書いてみたいと思います

もっとみる
ありがとうございます♡ぜひフォローもいただけたら嬉しいです🙏
11

私にはADHD(不注意優勢型)の 気質があります②

前回のつづきになります。

手先が不器用です

ADHDの人は、手先が不器用と言われますが
私も該当します。

普通の人が簡単なことでも、
私には上手くできないことがあります。

全体的に物を使って何かするといったことが
苦手です。

例えば、小学校でやった図工は授業の時間中
完成することができなくていつも宿題として
家に持ち帰り自分ではできないので、親に
手伝ってもらっていました。

運動も球技

もっとみる

仕事観-2。

「自分が必要だと思う仕事に
 全力で没頭する」

(ドラマ『半沢直樹』
 シーズン2第二話より)

ーーーー

自分が必要だと思っても
会社が不要だと判断して

没頭どころか
手をつけることも
できない…

手をつけると
「余計なこと」
をしている
と言われる始末…

たとえそれが
顧客満足に繋がる
取り組みだとしても…

会社組織では
よくあることです

なぜならば
上司は自己保身のために

もっとみる
記事をご覧頂けたこと嬉しく思います。
30

いつまで働かねばならんのだ

連休明けの出勤。眠気まなこで会社へ向かう。いつものようにネットニュースをあさっていたら、びっくり仰天。

家電量販店大手のノジマは、全社員を対象に80歳まで働ける制度を導入した。店舗での販売経験が豊富なベテラン社員らのノウハウを活用すると同時に、若手の育成にもつなげる狙いがある。大手企業で80歳まで雇用期間を延ばすのは珍しい試みだ。(読売新聞オンライン一部抜粋)

私は絶望に陥った。ニュースに記載

もっとみる
ありがとうございます★
9