よっき

自然農法頑張りたいロボット会社のプロダクトオーナー。資本主義のハッカー目指しています。 (※noteでの発言は組織の見解ではありません)

よっき

自然農法頑張りたいロボット会社のプロダクトオーナー。資本主義のハッカー目指しています。 (※noteでの発言は組織の見解ではありません)

    最近の記事

    サボるの境界とダサい私 -クルミドコーヒー朝モヤに参加してみて-

    頭と心は違う? クルミドコーヒーさんが主催する朝モヤに参加してみました。 影山知明さんの「ゆっくりいそげ」の本を読んでから、参加してみたかった朝モヤですが、国分寺は遠く、朝も早いので厳しいなと思っていたら、オンラインが合ったので、勢いで参加してみました。ほんとに勢いで何も考えずに参加しました。 (探したらFacebookのページがありました。このページ見て参加規模など事前に知っておけばよかった (^^; ) ちなみに、朝モヤは、日常の中で感じたモヤモヤをみんなの前で吐き出

      • 小さな主体は行動した!! - MX LAB感謝祭 -

        やりきることは素晴らしい! NewsPicks Creationsが主催する生産者と生活者とで新しい食体験を作る共創コミュニティMX LABで実施していた野菜収穫し放題プロジェクト「VegePeople」が無事終了しました。 野菜は採れたてが一番うまい! 野菜価格の半分は流通コスト! 野菜のおいしさは情景とセットになって記憶に刻まれる! だったら、畑に来て収穫してもらうのがええやん! ということで始めたプロジェクトです。 6月にMakuakeで応募を始め、翌日には完

        • 不平等という希望

          平等って正義? 娘(小学校2年生)の授業参観が道徳の授業でした。テーマは「公平」。 この内容がちょっと悶々としたので、不平等な世界の良さについても私なりにまとめておきます。 ※このnoteを執筆するに当たり、公平と平等の違いについて、色々調べて、以下が参考になりました 平等が物や機会に対して、公平が判断に対して、使うって感じかな。 平等に平等な教育 まず、授業参観でやっていた、道徳としての公平の内容はこんな感じ。 前提として、フルーツポンチは好きな人が多い、そもそも

          • 主体性のある小さな行動を増やす

            何かしら想うところはあるよね!? 今日は私が所属しているMX LABの活動を通して、素晴らしいなと思ったことを書いてみます。 MX LABは、NewsPicksが主催する生産者と消費者とで新しい食体験を作る共創コミュニティで、私が参画した理由は私のnote初稿に書いています。 畑や野菜について語るようになった MX LABは農に課題意識を持つ人が集まっていますが、農関係の仕事をしている人は少なく、私も農とは全く関係ない仕事をしています。 それでもやっぱり農に対する想い

            未来の場所〜自由な共存と開かれた農

            それは未来のための一歩なのか!? クルミドコーヒーを経営されている影山知明さんの著書「ゆっくり、いそげ」に、他者と共生する自由を目指していこうと書かれていました。 私も目指すべき未来には共感するので、私なりの考えをまとめてみようと思います。 不自由な共存と自由な孤独? かつて地域には関わり合いがあり、それがもたらす助け合い、安心感が合った。が、「関わらない自由」は担保されず、不自由を伴うものであった。自分のことは自分で決めたい、周りから干渉されたくない。ということで自由

            農ある社会が作る未来を求めて

            テクノロジーは社会を変えるのか? 企業のIT研究者として13年、現在はロボットスタートアップでプロダクトオーナーとして働いている私が、なぜ農に興味を持ち、MXLABに参加することにしたのかについて書きたいと思います。 MXLABは、NewsPicksが主催する生産者と消費者とで新しい食体験を作る共創コミュニティです。 農をやり始めたきっかけ 私の庭に1m^2ほどの小さは畑があります。最初は妻がやってみようと言ったのがきっかけで適当にホームセンターで苗を買い、化成肥料を