「国民」を主語にすることについて

「国民」を主語にすることについて

また最近の風潮の話になるが、「国民」を主語にした文章をよく聞く。 まるで自分の発言が国民(有権者?)の意見を代表したような印象を与え?(与えるような影響を狙っている?)かなり稚拙に聞こえるので止めた方がいいと思う。 誰が発信したのか知らないが、この不可解な代名詞が普通に使われだしていて違和感を感じる。 国会議員でも平然と使っている。百歩譲って国会議員だから国民を主語にして話してもおかしくないのかもしれないが、それでも違和感がある。 政治的な発言で恐縮だが、議員とは有権

「私たち」を主語にすると一体感が生まれる

「私たち」を主語にすると一体感が生まれる

今回は『「私たち」を主語にすると一体感が生まれる』という話をさせていただきます。 相手と話していても、どこかわかり合えない。 チームとの一体感を感じられない。 そのようなときには、主語の使い方によって、距離をぐっと縮めることができます。 今回はそのような内容です。 会話の中で「私は」という1人称や「あなたは」という2人称を主語にしてはいませんか? 「私たち」という言葉を主語にしてみましょう。 すると、一体感が生まれます。 「それは私の問題です」 「それはあなたの問題

スキ
1
今日感じた注意点を伝えたかっただけ。

今日感じた注意点を伝えたかっただけ。

おはようございます。こんにちは。こんばんは。ゆーりんちーです! 仕事終わりに急いでお風呂に入り「キシリトールガム BTS Smileボトル」を探しにコンビニへ走ったのですが、ひとつもありませんでした。。。 ふつうのガム(縦長のやつ)はあったんですけど、ボトルは見当たらず。近くのセブンイレブンに関しては、ポップはあるのにふつうのガムもボトルもないという謎の状況。くぅ、売り切れたのかもしれないなぁ。 大きなスーパーやドラッグストアに行かないとボトルはないかもしれないので、引き

スキ
2
「人のために」動ける人が気をつけること

「人のために」動ける人が気をつけること

自分のためより、いわゆる「人のため」というほうが動ける、という人たちがいる。 私もそうだ。 先日、リアルの生活で少し思うところがあり、この文章は私のための戒めとして書く。 「誰かのために」と思うとスイッチが入る。普段できないことも、できたりする。 感謝されたら、またその言葉がガソリンとなり、また動ける。 そういう、とてもすばらしい経験を私もいくつもしてきた。 こんなときは、気分は高揚し、世界はすばらしい。 人間ってすばらしい、と本当に思う。 お金にならなくても

スキ
142
気になる女でごめんなさい笑
+1

気になる女でごめんなさい笑

こんにちは😌 Blue handです まずはこちら↓ 🌟サラリーマンゆうさんnote🌟 今朝のゆうさんの記事の中にわたしがいた なんだろう?と読んでいくと わたしの昨日の記事を読んでくれたゆうさんが コメントのやりとりで理解に苦しんでいたようで こちらのやりとりが埋め込みされていた ひゃー😲💦 ゆうさんごめんなさい! これは紛れもなく主語がないために 悩ませてしまった出来事 「主語がない」 よく言われるんです💦 しかも「擬音」も多いしかなりの 宇宙人です笑 プライベ

スキ
63
主語なしジャミング話

主語なしジャミング話

ここ数ヶ月、頭を悩ましていることがある。 反省した直後はとても気をつけるので、しばらくするとどうやら忘れてしまうようで、 同様の問題にぶち当たって、また反省をする。 それは、主語。 小さい頃から、「頭で整理して話しなさい」と怒られてきた。 僕は、時たま、ジャミング並みに話を混乱させ、 単純に「了解」を得るだけなのに、混乱させた罪で怒られることがある。 これを、「頭で整理して」と言われるわけだが、 最近になって、これは主語が存在しないからだということが研究により判明した(

他の誰でもない,その人が,心地よく健やかであれるように。

他の誰でもない,その人が,心地よく健やかであれるように。

健やかに心地よく過ごせる、ということ。 「正しさ」が曖昧な時代、一人ひとりの考え方が尊重されようとする結果、私たちは「正しさ」にすがりたくなる。唯一の正しさ、絶対的な正しさは、およそないにも関わらず。 私たちは同じ人間ではない。感じ方も、考え方も、捉え方も、何もかも違う。 だからこそ、健やかに心地よく過ごすことを目指したい。 職場に来ている研修生が,車いすを使っている。 比較的バリアフリーだからという理由で,数ある職場の中から選ばれたわけだけれども,それでもスロープがない

スキ
4
こそあどと主語の罠。

こそあどと主語の罠。

こんにちは。さつきゆらです。自分は不思議な凹凸と気分の不調を持っています。つまり、発達障害(ASD)とうつ病の人です。 今回はこそあどと主語について考えていこうと思います。 こそあどとは現代日本語の指示代名詞は、事物「これ・それ・あれ・どれ」、方角「こちら・そちら・あちら・どちら(こっち・そっち・あっち・どっち)」、場所「ここ・そこ・あそこ・どこ」というように、「こ・そ・あ・ど」という整然とした体系をなしている。コトバンク引用より 主語とは 文の成分の一。文において、述

スキ
5
主語の変換〜一人称から二人称へ〜

主語の変換〜一人称から二人称へ〜

気がつくと会話の主語が、 「私は〜」 「当社の商品は〜」 のように自分ばかりの一人称寄りな会話や提案になっていることありませんか? 先日、よくしていただいている方に素敵なご縁をお引き合わせいただきました。 私に取っては悩んでいたことがスッキリし、考え方を180度変えていただけ、頭の中が曇天から快晴になったような気分でした。 その際に、アドバイスをいただいた社長さんの言葉です。 『常に二人称で会話する』自分のためや自分の利益に考えが集中してしまうと、主語が一人称ばかり

スキ
7
続・潜在意識が認識できないもの

続・潜在意識が認識できないもの

昨日、ご紹介させていただいた潜在意識が認識できない3つのもの。今日はいよいよラストの1つのご説明をさせていただきます。 その前に少しおさらいをさせていただきます。 潜在意識が認識できないものまず1つ目は、「主語」です。 潜在意識は、私、彼、彼女などの主語が認識できませんので、たとえ自分の事ではないとしても、誰かを悪く言ったり、逆に良くいったりすることも全て自分の事として解釈するという特性があるとお話しさせていただきました。 潜在意識が認識できないもの2つ目は、「時間」

スキ
3