一駅ぶんのおどろき

コンテスト

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

ある夜

凛子は今日、25歳になった。
「妻には煙草を止められていてね」
男は薄暗い部屋で、ぼんやり光るベッドサイドの灯りに照らされながら電気煙草をふかしていた。でっぷりと出た腹が分厚いバスローブを押し上げ、存在を主張している。
濡れた髪をタオルで拭いていた凛子は、男の言葉に「そう」とだけ返しドライヤーに手を伸ばした。男と男女の関係を持つようになった3年前から、妻の話は何度か出てきたが、凛子はいつも深く立ち

もっとみる
あなたは素敵です^^

面接官とシンクロする~面接の質が格段と上がるたった1つのコツ~

12月になりましたね。
忘年会にクリスマス、忘年会や大晦日、そして忘年会がある月間。

11月に週3ペースで実施された早期忘年会により、既に3キロ太りました勝村です。ちなみに12月は毎日忘年会があります。
イエスの生誕も忘年しながら祝いたいと思います。
今年の目標は「痩せること」に決めました。

さて、この12月という月間、実は就活でも転職でも動きがある月間。

就活は内定を持っている人が急に増え

もっとみる
ぶっちゃけ、嬉しい!
2

あどばいす

ぼくの名は、アどば椅子。
アドバイス、じゃなくて、アどば椅子。
ぼくの仕事は、ただの、ジョークです。
仕事のぐたいてき中身は、と言うと、
ぼくは、いちおう、椅子なんですが、
(テーブルようの、椅子とか、なんですが、)
ひとが、ぼくに、すわって、しょくじしていると、
その食事を、ドバっ~~~~=====、と、
ひっくりかえす、という、お仕事です。
それの、どこが、面白いかと、いうと、
べつに、おもし

もっとみる

【短編】国語便覧

なるほど。分かります悩みがあるんですねなどと言われてほいほい甘えて誘いに乗った挙句にいざ男の部屋に行って裸になる段になれば意外に寸胴ですねすごい外反母趾なんですね脱がせるまでは全く気付きませんでしたよなどとふざけた夜を過ごした翌朝に帰宅すると大学時代からルームシェアしている大学の後輩の友人から今日彼氏が来るからちょっと準備してねと言われる。
 昼ごろ友人の彼氏が訪れた。近所に碌なお店もないので日本

もっとみる
うワッうワッ

【第27話】文系と理系

みらにちは、 未来人J です!

前回は「定年退職で逃げ切った先輩たち」

について話しました。

今回は「文系と理系」について話します。

学問は、大きく分けて、

文系と理系に分かれていますね。

文系は、文学、法学、社会学、経済学など。

理系は、数学、化学、物理学、工学など。

現在の大学生は、数学が得意か苦手かで、

文系か理系か選んでいるようです。

それは、大学に入ることが

目的だ

もっとみる

二人のドライブ(リライト)

「来てくれてよかったですよ。私一人じゃどうしていいか分からなくて」
ハンドルを握る彼が、前を向いたまま笑顔でいう。

後部座席にはインターンシップでうちの会社にやってきた今にも弾け飛びそうな女子大学生たち。担当を押し付けられたのは人のいい後輩の彼。
「そりゃ、男の人一人で、女子大生5人のお世話はきついわ」
「そうなんですよ。何話していいかもわかりません」

「今日、一緒に行ってもらえませんか?」

もっとみる
ありがとうございます! 今日はいいことありますよ!
10

予言者エーアイ

雨が止んだおかげでホームの一番前に並んでいても濡れずに済むなと思っていたら、隣に並んでいた男が突然、独り言を言い始めた。
「向かいのホームでスマホをいじっているグレーのモコモコしたコートの女がスマホを落とす。10…9…8…7」
向かいのホームを見ると、たしかにグレーのモコモコしたコートの女がスマホをいじっている。
「3…2…1…」
ちょうどゼロでグレーのモコモコしたコートの女の手からスマホが滑り落

もっとみる
そんなあなたがスキ♡
1

僕はうちの家族限定アイドル

自分で言うのもなんだけど、僕はうちの家族ではアイドル的存在なんだ。

 一番仲が良いのは三人姉弟の末っ子のみーくん。いや、もうとっくに大人のお兄さんだからみーさんと呼んでもいいのかもしれない。だけど僕からしたらまだまだみーくんで十分だ。
 みーくんは野球が大好きで、今は海の向こうの国で働きながら野球をしている。
 出発の準備の時に、僕は鞄の中に潜り込んでわくわくしていたけど、他の荷物が入らないから

もっとみる

むるめ辞典

■自由

[読]じゆう

自らに由る

[例文]

着ている服を馬鹿にされる

メイクをけなされる

自分の顔が恥ずかしい

右に曲がるなと言われる

左に行ったら怒られる

あっちにいけと指示される

食べる物がない

空から爆弾が降ってくる

明日、死んでしまうかもしれない

帰る居場所がない

こんな風に、いつもチクチク不安を覚える日常を過ごしたくはないよね。

贅沢は言わないけれど、毎朝、

もっとみる

無口で怖いおじいちゃん

うちのおじいちゃんは怖い人なんだと頭で認識したのは小学校1年生の時だった。いつもムスッとしかめっ面で、何かあるとすぐ怒鳴る。

私が食べ物の好き嫌いをしたら怒鳴る。人参嫌いなくせに。
私がドラえもん観たくてチャンネルを変えたら怒鳴る。ジャイアンツとジャイアンの取り合いだった。

もちろん抵抗したり歯向かうとさらに怒られるので、そんな無謀なことはできなかった。私の怒りの矛先は人参とジャイアンツ

もっとみる