見出し画像

【エッセイ】そっとレモンをおいてくる

 高校生の頃、現国の時間に梶井基次郎という小説家が書いた『檸檬』という作品を習った。この作品を初めて読んだ時、こんなに面白い物語を書ける人がいるのかと感動したものである。主人公である「私」の心は、「えたいの知れない不吉な塊」に終始圧えつけられていた。元気だった頃の「私」は丸善で色々な商品をみることが好きだったのだが、この頃はどうにも足が遠のいている。好きな事といえば、みすぼらしい裏通りを眺めたり、おはじきをなめることぐらいであった。そのように欝屈としている「私」は、偶然通りかかった果物屋で色鮮やかなレモンを買い、それを懐に忍ばせる。すると何だか心が晴れ、いつもは金がなく避けていた丸善に入り画集などを手にとってみるがどうにもつまらない。そこでこの主人公は奇妙な行動をとるのである。画集を積み上げ城を作ると、その頂にレモンをのせて店を後にするのである。あのレモンが実は爆弾で、10分後には爆発すれば面白いのにと考えながら。

 すべては「私」の妄想のような話ではあるが、本の上に置かれたレモンを発見した人間の心情を思うと私は楽しくて仕方がない。まずは驚くだろう。この驚きという感情こそが、人の心に波風を立てたという事実こそが、爆弾の役割を果たしているといえるのではないだろうか。そしてこの短編小説を一読した時に感じた不思議な爽やかさについて思う。始まりは確かに影を背負った「私」が登場するのだが、想像力の勝利といえば良いのだろうか。鮮やかな逆転劇によって物語はその幕を閉じるのである。私にとっては最高にクールな小説である。

 私はある事情から、人様の家に2ヶ月間ほどお世話になったことがあった。そこの家の奥様が私は少し苦手だった。ボロボロの私をみて、はっきりと拒絶の態度をとられてしまったからである。気持ちは分かるが、もう少しオブラートに包んで表現して欲しいと私は思った。それほどまでに私はひどい状態だったのである。そんな中で私は以前本でみた、きのことレモンのパスタが食べたいと思い立ち、スーパーに行って材料を買ってきた。結局作る前にその家から別の場所に移ってしまったので、その家の冷蔵庫にはきのことレモンが置き去りにされることになったのだが。私は思った。初めて実際にレモン爆弾を仕掛けてしまったな、と。私は何だか楽しい気持ちになって、今頃あの奥様がぽってりとしたレモンを前に途方に暮れているといいなと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラブリー😊
442
美味しいものと空想がすき。この頃は書道に夢中。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 20051本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (11)
コメントありがとうこざいます。すごい小説だなというのが、率直な感想でした😌
こんばんは。
知人の音楽家が、別名義で活動する時は
ムッシュ レモン🍋 という名前なのですが、
彼の作る音楽は 流暢でキャッチーで とても良く出来たもので、本人自体も レモン🍋の名義に相応しい 育ちの良さそうな爽やかな雰囲気と 大変整った容姿をしていて。
で、それは最初の印象で…でも 実はすごく内面は尖っていて それこそ 爆弾みたいな過激さを秘めてる人だったんです。
彼の名前の由来は、この小説から取ったのではないだろうか?と ふと 思ったのでありました。😌
梶井基次郎『檸檬』、素敵ですよね。コナさんの書評も腑に落ちて読みやすく魅力が伝わってきます。
それ以上にコナさん自身の檸檬爆弾を置いてきちゃったエピソードのオチもおもしろいですね(^^)
コナさんのエッセイかわいらしくて好きです(^^)
コメントありがとうございます。大好きな小説と実体験を絡めて書いてみました。なかなか自分でもうまくかけたとお気に入りです。(とくにタイトルが仲間内でちょっと流行りました笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。