HARCO

食べて癒すアルキミスタ。ライフスタイルやハーブを軸に、食を通して自分を生きる大切さを知る。そのまんまの自分に戻って未来を創る人たちを応援。私の血は赤ワインで出来ている。https://lit.link/originateclub
    • リュクスなnoteたち

      • 1259本

      大人のオンナの集まるところ。

    • 旅するように暮らしてる(かもしれない)

      • 45本

      海外在住の7人による、フォトエッセイマガジン。アメリカ西海岸、東海岸、ソルトレイクシティ、スペイン、アゼルバイジャン、ニュージーランドの「日常」を切り取ってお届けします。距離を飛び越えて味わえる、旅気分をどうぞ。

    • 食べて生きる人たち(連載)

      人は『食』で創られる。スペインの歴史を手繰り、人と共に動いてきた食文化を通し、人々の食べて生きる姿に触れる。命を繋ぐ鍵を探すスペインの旅の千夜一夜物語。

    • みんなで元気をわけ合おう!トルティージャ100

      上手く作れなくても大丈夫。作る・食べる・分かち合うをシンプルに楽しむいメントです。卵とフライパンと自分オリジナルの具で作る「アタシんちのアイツ」の写真をTwitterもしくはnoteで公開してくださいね。

    • ハーブな暮らし

      地中海の暮らしの中でのハーブやスパイス。さっくり読めるショート・エッセイを綴ります。

    • すべてのマガジンを表示

美味しいものは、やっぱり美味しい

【さんちゃご!!】  イベリア半島の最北西部ガリシア地方に位置するサンティアゴ・デ・コンポステラ。  この町の名を聞いて、すぐに「巡礼」という言葉が思い浮かぶ人…

2か月前

記憶あそび

【ブルーチーズは本当に苦手だったのか】  それにしても肉と豆の煮込み《ファバダ》のパワーはすごかった。夜になっても一向にお腹が空く気配がない。  普通なら、この…

2か月前

ファバダの向こうに家族がいた

【リンゴ酒サービスは鮮やかに】  サンタンデールを出た車の車窓から見えていたカンタブリア海がやがて消し、舞台は美しい絵画のような緑の世界へと切り変わる。単に色や…

2か月前

何もないのに全部ある

 カンタブリア地方の小さな海辺の町サンタンデール。ここからスペイン・イギリス間を結ぶフェリーが運航しているせいか、町のあちこちに英語で表記された看板があるうえ、…

3か月前

珍味って本当に美味しいのかという謎

【鰻の稚魚のアヒージョに教わったこと】  海沿いのサン・セバスティアンから西へ約100キロ移動する。今までの穏やかな藍色の海の雰囲気は一転し、バスク地方のビスカヤ…

3か月前

ピンチョスに刺され、タパスに蓋される

パステルな味  サン・セバスティアンの海辺に立つ。目の前に広がるビスケー湾の色。明らかに地中海の色とも、日本の海の色とも異なる深い藍がそこに広がっている。いつも…

3か月前