再生

やってはいけない50の習慣 本要約

◆やってはいけない考え方  ◎自己否定する癖がついている   ・謙虚さと自己否定を混同してはいけない   ・褒められたらありがとうと返す   ・負の言葉は使わない  ◎怒りを抑えられずに後悔する   ・なぜ怒りを感じたのかを考える   ・怒りは自分を鑑みる機会  ◎コンプレックスに苦しんでいる   ・コンプレックスこそが魅力である   ・パーフェクトでないところが個性である ◆やってはいけない時間術  ◎今売れている本ばかりを読む   ・自分にとって必要な本が重要   ・歴史的なロングセラーを読む  ◎自分は常に忙しいと思っている   ・目的が明確で忙しい人は忙しいと思わない   ・必要なことに目を向ける  ◎集中して長時間作業をする   ・25分作業して5分休憩 ◆やってはいけない人間関係のつくり方  ◎価値観を相手に合わせる   ・自分の価値観は変えなくてもいい   ・自分が素直でいれる相手を選ぶ   ・価値観が合わない人は悪ではない  ◎形式的にありがとうという   ・心を込めてありがとうという

スキ
3

2003年から販売しているロングセラーパンツ

2003年より販売しているタウンユースからリラックスタイムまでオシャレに着こなしていただけるBlue Watersのストレッチパンツ! まるで穿いていないかのようなストレスフリーな極上の穿き心地。 リピーター続出のこちらのストレッチパンツはBlue Watersの商品の中でも特に人気のあるロングセラー商品です! 穿いた人にしか分からないこの穿き心地の良さ! リピーターになること間違いなしです。 普通のストレッチパンツとは違う!!をぜひ体感してみてください。

お菓子好き男子 ポテロング 塩味 森永さんでは珍しいポテト これもロングセラー商品 幼少期からよく食べていたなぁ 美味しいお菓子はあいされてるから無くならないと信じたい‪w #お菓子 #おやつ #ポテト #ロングセラー

スキ
3

今は・・・ ロングセラーの 美味しい 懐かしい食品 大人になった方々の為にでもあるのかな そういう?食品?は 駄菓子も含めて 肉魚酒麺 売り場辺りにも置いてくださるのは?????

スキ
1

52年間も売れ続けているビジネス本があります。「私の推し本」シリーズ5

【知的生産の技術】梅棹忠夫・著 岩波新書。 この本は、ビジネス書の古典であり、名著でもあります。 1969年初版で、未だに増刷されている本、ロングセラーです。 52年間も売れ続けている新書は、滅多にないと思います。 知的生産の技術ですから、ビジネスにも使えます。 というか、この本を読んだ人が、いま現役で活躍されているビジネスマンに少なからずいるような気がします。 いま書店のビジネス書コーナーに並ぶ本の中には、この本を読み実践し、そこから得たことを書いたんじゃないか、と

スキ
33
+3

世界的ロングセラー

最近は読みたいと思う本が少ない。 以前は、「趣味は立ち読み!」というくらい、書店は何時間でも過ごせる素敵な空間だった。でも、今は、書店に行ったら、あの思想団体のドンの本、おひとりさまシリーズが目立つところにあるし、withだとかafterだとか、この茶番を既成事実としている本がずらりと並んでいる。その壮観な並びを見ると力が抜ける。物事の見方が面白くて、尊敬していた”知識人”が何人かいた。賢い人だと思うのに、私でも見抜けるようなこの茶番を茶番だと見抜けないのか、あちら側なのか

スキ
3

八昌(広島市)

広島にて八昌(薬研堀)のお好み焼きを頂いた。 いつ食べても本当に美味しい。 大量のキャベツを長時間蒸らして甘みを引き出し、生麺を茹でて焼き、イカ天、豚肉、卵を重ね焼く。 どこでも買える素材で作るメニューだが、それでいて抜群に美味い。 変わり種として、イカやエビを入れたり、チーズやキムチなどを入れるパターンもあるが、王道の豚玉。 野球に例えると、変化球に頼らずストレート勝負といったところか。 変わり種メニューには流行り廃りがある。 (ブラックタピオカ、食べるラー油、ジ

いまどきのキーワード「転職の思考法」211006

【転職の思考法】 ダイヤモンド社が2018年刊行し20万部突破のロングセラーとなった本。北野唯我著。新卒一括採用や終身雇用が現代とマッチしなくなった今、個人が何をしたらいいのかについて個人や企業が求める答えを出した本で、転職のやり方よりそもそものキャリアの思考法を提示した内容になっている。

スキ
1

ロングセラー商品の若返りを図るリブランディング成功事例

今回ご紹介するのは、美容サプリメントの製造・販売を手掛ける株式会社スイセイ様。まだ健康食品という概念のない頃に、日本で初めて深海鮫肝油のサプリメント化に成功した企業です。 看板商品の「マリンゴールド」は、発売から45年間続くロングセラー。しかし顧客の高齢化に伴い、売上は年々減少。リニューアルで若年層を獲得したいとご相談いただきました。 "愛され続ける秘訣" を新デザインで体現リニューアルにあたって気掛かりなのが既存顧客の反応。ロングセラー商品ゆえの葛藤です。 解決策とし

スキ
4

玩具開発チームリーダーに聞いてみた(前編)~くるくるチャイム誕生のヒントは●●だった~

子どもは、ときどきものすごい集中力を発揮します。 そんな場面に会うと、子どもの可能性がぐんぐん広がっている気がします。 くもん出版の知育玩具は、「集中して遊べる」をコンセプトにつくられたものが多いのですが、SNSなどでとくに話題となっている商品があります。 くもん出版のロングセラー商品「くるくるチャイム」。 よく、子どもが夢中でボールを入れている姿がアップロードされています。小さな動物が楽しむようすも視聴されていますね。 「くるくるチャイムを使うと、なぜ子どもは夢中

スキ
13