#VINYL創刊しました。

レコードのある暮らしを楽しむためのインディペンデント・マガジン『#VINYL(ヴァイナル)』を創刊しました(8月5日より発売中)。

いまは世界的なレコード・ブームですが、海外では「Record Bar」「Vinyl Bar」と呼ばれる、レコードをハイエンド・オーディオで聴かせるBARやカフェが数年前から少しずつ増えています。これはアメリカやイギリスといった特定の国だけの現象ではなく、ヨーロッパ、

もっとみる

p.6|あなたにとっての青、わたしにとっての赤

8月です。

仙台は雨雲が去り、夏らしくなってきました。岩手県盛岡市・Cyg art gallery で毎夏開催されているART BOOK TERMINAL TOHOKU 2020が始まりました。私は2016年の開催時から毎年参加しています。

今日は、今年出品している新作のポストカード・ブック『あなたにとっての青、わたしにとっての赤』の紹介を。

ポストカードであり、本。ページは袋状になっていて

もっとみる
ありがとうございます!
11

【2020/08/31(月)まで】参加型企画、始動!「サル」/「動物園」をお題に短歌・俳句・散文詩を募集します

どんよりとした空、みじめな湿気、長引く梅雨に浮かない世相。2020年の7月は私にとって耐え忍ぶ時間でした。きっとこのnoteを見て下さっている多くの人にとっても、似た思いを抱えた時間であったのではないかなと感じています。

 一方で私にとってこの7月は、趣味領域で新たな目標を決めて走り始めた月でもありました。

 「動物園」そして「霊長類(サルの仲間)」をテーマにしたフリーマガジン「【EN】ZIN

もっとみる
とっても嬉しいです!
8

あったらいいなぁ、こんな社会

中学生になった息子。コロナ禍でスタートが遅れたものの、ようやく中学生活に慣れてきた様子。学校の勉強も成績としての評価が露骨に見えてくる。忘れ物をしたら減点。授業に遅れたら減点。減点、減点、減点、、、成績という数字の評価、順位をつけなければいけないことは承知の上だが、なんかそんなことばっかり言われたらげんなりする…というのは私だけ?

もちろんそれ以外で楽しいことも設けてくれているのだろうと、期待は

もっとみる

『街並み』 長野県

『街並み』は、初めて出会った、地域のことが書かれているリトルプレスです。もしかしたらリトルプレス自体、これが初めて手に取ったものかもしれない。

出会いは二十歳くらいの頃。恵文社さんで手に取った記憶が。いや、ガケ書房さんだったかな……?この頃は、この二大本屋さんが憧れのお店というか京都でいってみたい本屋さんという感じでした。

『街並み』は長野県のリトルプレス。冊子は40ページ前後(多分)。サイズ

もっとみる

【企画構想中!】フリーマガジン【EN】ZINE (エンジン)を製作します

■ ENTRY

   ずいぶん夏らしくなってきましたが、首都近郊では新型感染症の拡大傾向が続いています。このnoteを読んでくださっている皆さんはお元気でしょうか。

   近隣の動物園や水族館は再開していますが、依然として遠出は不用意にはしがたい情勢が続いています。

   そんな中、自分にとって自由がきく時間を少しでも有意義に過ごすためには何ができるだろう?と考え、思いついたのが「個人誌の製

もっとみる
とっても嬉しいです!
17

ipad妄想日記。

ipadはまだ来ていないのだけど…。

ipadがきたらやりたいことを書き出してみる。
・「omo!」さんが紹介していたようなトラベルジャーナルを作りたい。
・今までノートや手帳に書いてきたいろいろを、ipadにまとめたい。
・iphoneで使用していた写真の加工編集などをipadでできる?
・ZINEやリトルプレス、webマガジンを作ってみたい。
・ipadの大きな画面で韓流ドラマをみる。フフフ

もっとみる
書いて良かった!ありがとう♪
2

10年

2011年に、リトルプレスを作りました。
滋賀の湖東辺りを紹介したものです。

もう10年近く前になるということにびっくりするし、なんだか怖い。自分自身は環境含めてほんとに何も変わっていないので余計にそう感じるのかもしれません。

その間に、遠くのイベントに参加させてもらったり、逆に取材してもらったり、人の前でお話したり……。本当にいろんな経験をさせてもらったと思います。そうでなければ出会う事のな

もっとみる

【本にやさしく】WEB SHOP「ビーナイスの本屋さん」でのリトルプレスやZINEを取り扱う<be book(ビーブック)>、開始から2ヶ月経ちました。

4月末に、 #いま私にできること

be book
その本が届くであろう人たちの手元に届くように
一冊一冊がかけがえのない「本」として、そこにあるように

という思いで始めた、WEB SHOP「ビーナイスの本屋さん」で、リトルプレスや冊子を買い取って取り扱う企画<be book(ビーブック)>、開始から2ヶ月経ちました。

取り扱いも20種以上、売上も200冊を超えています。

全国各地の多くの

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
7

【ビーナイスの本屋さん・出店】お座敷一箱古本市@田原町Readin'Writin' 7月4日(土)12時〜18時

出版社ビーナイスでは、これまでに数々のブックイベントに出店を重ねてきました。

2020年も多くのイベント開催が予定されていましたが、3月以降、そのほとんどが中止または延期になっています。

最後の出店となったのが、初めて参加した、1月19日の第四回文学フリマ京都でした。

この時は、百万年書房さんとお隣どうしでの出店でした。いい具合のお客さんの数で、ゆっくりとお話でき楽しい時間を過ごせました。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5