『みんなの本屋さん』出店・出品 Q & A

皆さまこんにちは。ここでは、『みんなの本屋さん』について、出店と出品を中心に、Q&A でお答えします。
出店をご検討の方は参考になさってください。

Q1.友人と一緒に出店したいです。

A.出店いただけます。
期間後、売上のお支払い・在庫の返送などがございますので、代表の方がお申し込みください。

Q2.本が好きです。近々引っ越しの予定で、新居に持っていけない本を売りたいです。

A.出店いただ

もっとみる

書店の雑誌担当が、日本のインディペンデントマガジンをまとめてみた。

都内の書店に勤務して約2年。雑誌担当として、国内の雑誌から欧米やアジアの雑誌、個人が作るインディペンデントマガジン、リトルプレスマガジン、ZINEなどを見続けてきた。

そんな中、ちゃんと日本国内のインディペンデントマガジンや少部数発行のリトルプレスマガジンをまとめて、紹介している記事がほとんどないなということに気付いた。自分自身も雑誌担当となり知ったものが数知れず。書店に勤務する前から多くのイン

もっとみる
ありがとうざいます!
17

“みんなの本屋さん” 出店申込の流れ

こんにちは。
ここでは、10月1日からスタートする「みんなの本屋さん」の、
出店までの流れをご説明します。
出店を検討いただいている皆さんは、参考になさってください。

(1) 専用フォームから出店を申し込む

https://forms.gle/dRstEwK4C4ywsJ4m6 から必要事項を送信ください。

(2) 出店料を振り込む

後日、申込みフォームに記載のメールアドレスへ、事務局から

もっとみる

「みんなの本屋さん」出店者募集

こんにちは。
HORIKAWA AC Lab の新企画のご案内です!
その名も、〈みんなの本屋さん〉。

「自作のZINEや本を売ってみたい」
「コロナ禍でイベントが中止になって出店できない」
「実は前から本屋さんをやってみたかった」

そんなことを思ったりしてる人はいませんか?
・個人で本を製作する人
・ZINE・リトルプレスの出版レーベル
・本屋(実店舗・無店舗問わず)
・本が好きで本屋をやっ

もっとみる

お知らせ/一日一微発見100回めまでのZINEができました!

長らくお待たせしていましたが、ついにZINEが完成しました…なぜこんなに時間がかかったのかというと…

この厚み…

いちおうオンデマンドプリントなんですが、もはや普通に単行本です。

一日一微発見を読み直した後藤が、「もう全部入れたい!」と言い、「東京」以外のすべての章が入っています。

なので、とても分厚くなってしまいました…写真も入っています。

100号までをご購読してくださった方で配送先

もっとみる
がんばりまーす!GOTO.
5

【雑記】ちがう仕方で。――表現と輪づくりについての覚書2

次のステップとしての個人誌を構想するにあたり、今まで苦手としてきた、「表現の引き算」に挑戦することを課したい。/ ちがう視点でのつづり方を試すことなしに、自分の慣れ親しんだ表現形態にばかり固執していては、私が個人誌を通じ表現したいテーマ――「おなじ、だけど、ちがう。いろんなちがいを、みとめあうこと。」はけっして実践し得ないと思うから。

 じめじめとした梅雨のはじめ、私はこのように綴った。「違う仕

もっとみる
ありがとうございます!!
7

霊長類フリーマガジン【EN】ZINE(エンジン)、寄稿募集を8/31いっぱいで終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。これから雑誌としての体裁を整えるための諸作業をモリモリ進めていきます……!

とっても嬉しいです!
10

『ありふれたくじら』Vol.6 刊行のお知らせ

リトルプレス『ありふれたくじら Vol.6:シネコック・インディアン・ネーション、ロングアイランド』

2019年、アメリカ合衆国ニューヨーク州・ロングアイランドを旅した。この島に暮らし、古くから鯨を利用し敬ってきた先住民シネコックを訪ねた。かつてロングアイランドの近海ではたびたび鯨が見られていたが、一時代に盛んだった捕鯨活動や船舶の往来により長い間姿を消していたという。近年、ふたたび鯨が現れるよ

もっとみる
ありがとうございます!
14