「毛を吹いて疵(キズ)を求む」~リスクマネジメント~

「毛を吹いて疵(キズ)を求む」~リスクマネジメント~

「毛を吹いて疵(きず)を求む」という言葉が「韓非子〜中国の古書」にあります。そのココロは「毛を吹き分けて隠れた疵(きず)を探すように、殊更に他人の欠点を見つけるようとすると、それがかえって自分の欠点を曝け出すことになる」という戒めです。 しかし、この言葉は「リスクマネジメント」を推進する上でとても役立ちます。自分の職場のリスクは何処に隠れているのか、想像力を駆使し探して、それを未然に防ぐ〜このように解釈できるように思います。 リスクの種類は業種によって異なりますが、「毛を

スキ
2
国内を安定にし、国外へ目を光らせて優位を保つ【忍者の技と知恵 #6】
+1

国内を安定にし、国外へ目を光らせて優位を保つ【忍者の技と知恵 #6】

兵法の基本は”自国の安定を保ち、敵国の情報を知る”です。守りを固め、攻め手を探る。忍者は国内外の情報を収集し、優位を保ち、危険を回避してきました。 世界最古の兵法書『孫子』には用間の編として、忍者の使い方が記されています。その後に誕生する中国・日本の兵法書にも必ず忍者の記述があり、忍者が重要な役だったことがわかります。 【忍者の技と知恵】は毎週 月・水・金曜 朝8時ごろ更新!『図解 万川集海』を元に、忍者の技と知恵をお届けします。 万川集海とは 『万川集海(ばんせんしゅ

スキ
2
ブラック企業勤務の過去を話すリスクと私が戦略的ミステリアスを推す理由
+1

ブラック企業勤務の過去を話すリスクと私が戦略的ミステリアスを推す理由

私が数日通って辞めた会社に辞意を伝えた時、社長からのある言葉に驚いた。 「前の、ろくに給料も払わない会社よりウチの会社の方が断然マシなのになぜ・・・?」 確かに私は、今回引き抜き?のお話を貰った時に前の会社の給料や待遇について聞かれ、話していた。 でもこの言葉を聞いた時、私は「ブラック企業に勤めた経験など、ネガティブな経験は隠すべき」との理由が一気に分かった気がした。 ✳︎この人なら多少雑に扱っても良いと思われるリスク✳︎本来なら人をどこまで粗末に扱って良いかの基準は

スキ
2
No.167 リスクは準備だけ

No.167 リスクは準備だけ

どんなことでも、リスクを考えて回避したり 代替え案を準備しておくことは有効です。 それは皆さんも理解しているので、ここで共有するほどでもないですね。 それでは何をお伝えするかと言うと 気分とは切り分ける です。 リスクを考えていると、気分も不安になってきます。思わしくないパターンは大体不安になるようなことばかりです。 そこで、代替え案はしっかり検討し、そのような事象に対応できると一度考え準備したら 気持ちを切り替えて、楽しみましょう。 起きてもないことに不安を抱いて

スキ
9
【ペンタゴン式人財育成法:リスクマネジメント】  20211018
+3

【ペンタゴン式人財育成法:リスクマネジメント】  20211018

【ペンタゴン式人財育成法】というキーワードを直接的に地道にコツコツ 情報発信し続けることにしました。 5本柱のひとつずつを毎週、1週間のどこかで発信します。 【キャッシュフロー】【SWOT&クロス分析】【リーダーシップ】 【リスクマネジメント】【経営計画書】の順で発信します。 全く同じものや、少しだけ内容を変えたものになります。 詳細は下記URLからご確認ください。 【ペンタゴン式人財育成法】 https://www.sil-ms.jp/117429.html この中で、

スキ
1
転ばぬ先の杖とは言うけれど“言うは易く行うは難し”
+1

転ばぬ先の杖とは言うけれど“言うは易く行うは難し”

“転ばぬ先の杖”、誰でも知っていることわざがある。 私も、リスクマネジメントを実行するときによく使う。単純で分かり易い。 だいたい、杖と言うとおじいちゃんの印象が強いが、転んでけがしないように杖を使いましょう。という意味合いだ。 こんなシンプルなことわざでも、なかなか奥が深い。 実際に、杖を持つとみっともないというおじいちゃんもいるだろうし、面倒くさいと言う人もいるだろう。そもそも、そんな備えがなくても自分は大丈夫という楽観主義で頑固者もいるだろう。 私も個人的には、こ

スキ
1
【jyogar教授の45分 vol46  リスク対策.PRO ライブラリー】 20211013

【jyogar教授の45分 vol46 リスク対策.PRO ライブラリー】 20211013

https://www.sil-ms.jp ペンタゴン式人財育成法 今回はリスクマネジメントの分野です。 リスクマネジメントを学ぶ方に「リスク対策.com」を個人的に 推奨しています。その中で有償サービスですが「リスク対策.PRO」 を私は大いに推奨しています。年間33000円のコストがかかりますが、 企業である以上は「投資」と判断して契約してほしいものです。 ------------------------------------------- 【 jyogar教授

スキ
2
結婚したらもう自分一人の人生ではない

結婚したらもう自分一人の人生ではない

結婚し夫婦になった時、もう自分一人の人生ではない事を自覚する所から始めないといけない。 経済力や家事分担は当然として、忘れられやすいのが周りに対するヘイト管理。 独り身の時は「誰かに嫌われたって気にしない」と強くいられたかもしれないが、夫婦となるとそんな自分勝手な理屈は通用しない。 なぜなら、自分が嫌われる=相方にも直接影響するからだ。 そこを無視して好き放題してしまうと、「私は大事にされていない」と信頼を失ってしまう。 結婚したら、もうあなた一人の人生ではない。

スキ
6
現状

足りてない事に対し
言いたいことは山ほどあるが
言われる前に気付く事が出来れば
自身のステップアップに繋がる…

気付ける人間は
それなりに目利きが出来
情報収集が出来る

大まかな部より
もっと細かな部分にも
目配り気配りしないと

現状 足りてない事に対し 言いたいことは山ほどあるが 言われる前に気付く事が出来れば 自身のステップアップに繋がる… 気付ける人間は それなりに目利きが出来 情報収集が出来る 大まかな部より もっと細かな部分にも 目配り気配りしないと

ビジネス格言「“健全な危機感”が優れた創意を生む」~元メガバンク経営企画部長の部屋

ビジネス格言「“健全な危機感”が優れた創意を生む」~元メガバンク経営企画部長の部屋

健全な危機感が優れた創意を生む―― ビジネスの現場では良く耳にする言葉です。実際のやり取りでは、 「今回の異動辞令にあたって、君から『不安があります』と聞いて実は安心したよ。覚えた不安は必ずや職務を全うさせてくれるからね」 「危機感を抱けない人には組織の改善は任せられない。危機感こそ改善に向けたエネルギーであり、アイデアの源泉なんだ」 などと表現されることもあります。状況を正しく把握したうえで覚える健全な不安感・危機感は、確かに変革・改善のための重要な第一歩となります。

スキ
13