【ジョージア】クタイシ→【ハンガリー】ブダペスト②

Omnibusの乗車場所が、ルスタベリ駅近くにある自転車モニュメントの下だという情報を突き止めました!いそいそと1時間前に様子を見に行ってみたら、数台のOmnibusが止まっていました。ホッ…

もっとみる
わたしも…SU KI💛
9

5つの住みやすいヨーロッパの都市

今回は人気な国が多く存在するヨーロッパ、素晴らしい料理、綺麗な海景色、または美しい高山の風景、そして素晴らしい制度、そして優れた公共交通機関で知られていると思います。

しかし、ヨーロッパ大陸では、最も住みやすい都市を知るのは難しい場合があります。もちろん、ベルリン、ローマ、華やかなパリなど、誰もが知っている明らかな有名都市はあります。しかし、活気のあるコミュニティ、アクセスの良さ、きれいな風景、

もっとみる

オランダ・イギリス旅行 #4 憧れのケルン大聖堂

さて、ついに憧れのケルン大聖堂を見に行きます。なぜ憧れているかはわかりませんが、ある日突然「一生に一度は見てみたいな」とふと思ったのがケルン大聖堂です。
大学の夏休み、朝起きたら急に「伊勢神宮を見にいかなきゃ」と思って電車に飛び乗った日を思い出します。

ウィンターマーケットでお昼を食べたあと、ケルン大聖堂に向かいます。その手前にヴァルラフ・リヒャルツ美術館と香水博物館があったので売店だけちらっと

もっとみる

イタリア戦争(1494年〜1559年)

世界史・西洋美術史を勉強すればするほどに知りたくなるイタリア戦争を軽めに紐解きます。完全に自己満足です。登場人物ごとの解説などはまた追って。

ちなみにサムネイル画像は『カール5世のアントワープ入城』(ハンブルグ美術館所蔵)。作者は代表作『五感(Les Cinq Sens)』で知られるハンス・マカルト。クリムトにも影響を与えた。

このnoteでの登場人物

イタリア
 ・大ロレンツォ(ロレンツォ

もっとみる

オランダ・イギリス旅行 #4 ドイツで本場のホットワインを飲む

オランダ・イギリス旅行といいつつ、一泊だけドイツのケルンにも行きました。

今後ドイツに旅行に行くとしても、ベルリンとケルンを一緒に回るのは難しいし、なによりケルン大聖堂を見てみたかったので、比較的近いユトレヒト中央駅からDBという高速鉄道でケルンまで移動しました。だいたい2時間くらいです(近いっ!)

鉄道のチケットはOmioというサービスで事前予約していました。スマホのアプリで予約を確認できま

もっとみる

パリで日本人カップルが...

海外の友達からよく日本人は公共の場で恋人同士でも愛情表現(ボディタッチやキス)をしないんだよね?と聞かれます。

僕もそうだと思っていました。

日本でキスしているカップルは昼間の屋外だとあまりありませんが、海外旅行中にいろんな所で年齢を問わずカップルや夫婦がキスやハグなどを昼間から周りの目を気にせずに行っています。

バチカン博物館の中でキスしている中年夫婦を見たときはかなり驚きました。

また

もっとみる
また見てください!!
8

【マルタ旅行記】なんだこのインスタ映えしまくる島は?!【ネコもいっぱい】

【ヨーロッパ旅行】マルタに行ってきた

2020年のお正月に「マルタ共和国」に行ってきました。

マルタはイタリアの下、地中海の真ん中にある小さな島国です。

ローマのフィウミチーノ空港から飛行機に乗れば1時間半程で到着します。私たち夫婦はローマ観光の後にマルタに行きました。

マルタの大きさは東京23区の半分ほど。

2日あれば回り切ることができるので、旅行に行かれる方は離島ゴゾ島のオプショナル

もっとみる
うれしいです💕よろしければフォローお願いします💕
6

ロンドンの二階建てバスはなぜ赤いのか?

赤い二階建てバス。赤いポスト。赤い電話ボックス。ロンドンで見かける三つの赤いもの。生活に大切なものは赤色にしているのだろうか?歴史的背景を調べて見たくなる。
バス、ポスト、電話ボックスの写真もいっぱいスマホで撮影していたからこそ気がついたことがあった。

茶色の電話ボックスを多く存在することだ。上部に「wi-fi here」と刻まれた今っぽい電話ボックス。形は赤のものと同じだから上塗りしたのだろう

もっとみる

初めて人を雇った

その人と出会ったのは、ついこの間のこと

思い出のマルセイユ・プロヴァンス空港に行き、そこで一週間ホームレスをした。

空港ホームレスはすでに私の趣味と化していた。

声をかけられ、見てみると、そこには、アジア系の青年がいた。

日本人の彼はイタリアで財布をすられて、前もって買ってあったチケットでマルセイユまで来て、ポケットに入れておいたなけなしのお金でここまでやってきて住み着いているらしい。

もっとみる