yumina@イタリア移住した料理好き

ローマ近郊ブラッチャーノは古城と湖のあるロマンチックな町。 個人旅行のお手伝いや旅行者…

yumina@イタリア移住した料理好き

ローマ近郊ブラッチャーノは古城と湖のあるロマンチックな町。 個人旅行のお手伝いや旅行者向けイタリア料理教室、貸し部屋などをしています。 https://ameblo.jp/yumitomo-roma/entry-12784801735.html

ストア

  • 商品の画像

    イタリア語TシャツLasciami in pace!

    Lasciami in pace Fatti i cazzi tuoi イタリア人が見れば誰でもクスっとするイタリア語Tシャツシリーズ第1弾! コットン100%、5.6オンス 素材も重視しました。 ※配送は2023年11月20日以降になります。
    3,800円
    Bottega Italiana
  • 商品の画像

    在庫一掃セール☆テーブルランナー&ナプキンセット

    イタリア製テーブルランナーとナプキンのセット。 厚手のしっかりとしたコットン生地で食器を置いてもよれることなく、きちんとした食卓を演出してくれます。 素材:コットン100% ランナー1枚:たて150センチ×よこ50センチ ナプキン2枚:43.5センチ×43.5センチ 定価:各4800円 Web直販価格:各3000円
    2,800円
    Bottega Italiana

マガジン

  • イタリア移住にまつわる101のこと

    イタリア移住を考えているすべての方へ。 移住に役立つ情報から移住につながる私的なことまで101項目に分けて書いています。 101番目まで辿り着くのは2024年夏の予定。

  • Bracciano

    ローマ近郊ブラッチャーノの風景。

  • イタリア移住した料理好きの毎日

    ミラクルモーニングも100日を過ぎてすっかり習慣化。 101日目からの日常を綴っています。

  • 商品の画像

    イタリア語TシャツLasciami in pace!

    Lasciami in pace Fatti i cazzi tuoi イタリア人が見れば誰でもクスっとするイタリア語Tシャツシリーズ第1弾! コットン100%、5.6オンス 素材も重視しました。 ※配送は2023年11月20日以降になります。
    3,800円
    Bottega Italiana
  • 商品の画像

    在庫一掃セール☆テーブルランナー&ナプキンセット

    イタリア製テーブルランナーとナプキンのセット。 厚手のしっかりとしたコットン生地で食器を置いてもよれることなく、きちんとした食卓を演出してくれます。 素材:コットン100% ランナー1枚:たて150センチ×よこ50センチ ナプキン2枚:43.5センチ×43.5センチ 定価:各4800円 Web直販価格:各3000円
    2,800円
    Bottega Italiana
  • 商品の画像

    在庫一掃セール☆リキッドルージュ【薬局コスメ】

    イタリアはミラノ生まれの薬局コスメ「BioNike(ビオニーケ)」のリキッドルージュ。 唇がすぐ荒れる私にとって初めての荒れない口紅! 全3色のご用意です。 2023年10月現在、日本未発売。
    2,000円
    Bottega Italiana
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

イタリアの日常6日間を過ごす旅〈夕食付プラン追加しました〉

ローマ近郊ブラッチャーノでツアーを始めて以来、ずっとコンセプトに掲げている「暮らすような旅」のご提案です。 日本の日常から解き放たれイタリアの日常を感じていただきたい、 ふだん着のイタリア暮らしを体験していただきたい。 自由な数日を過ごして回復チャージ、 また日本で元気に頑張れるような旅をしていただきたいなぁと思ってます。 付かず離れずのスタンスでフォローしますので、 一般的な観光ツアーでは体験することのできない旅のスタイルをお楽しみください。 ブラッチャーノで過ごすイ

    • 93.イタリアで自営業をするのに必要なこと

      イタリアで就労用の滞在許可証を取得するにあたり、その手段は何でも良いと思っていました。 就職先がなかったので消去法で自営業をすることになっただけのことです。 イタリア人でも仕事がない出張で初めてイタリアを訪れた時、平日の昼間から壮年男性たちが、バールでカフェやワインを飲んだり公園でお喋りに興じていたりするのを見て驚きました。 この人たちは仕事をしていないのだろうかと。 イタリア人でも仕事がないのです。 そんな状況で特殊能力もコネもない移住者が就職先を探すなど至難の業と言え

      • 92.イタリアの国民保健サービスに加入する

        移住必須アイテムのひとつ、医療保険。 イタリアにも日本同様、国民健康保険があります。 それとは別に私的に加入する医療保険も存在し、外国人移住者にとってどちらを選ぶべきか迷うところです。 留学生なら学生保険移住の第一歩はビザの取得ですが、発行してもらうには滞在期間の全てをカバーする医療保険に加入している必要があります。 まだコーディチェ・フィスカーレも滞在許可証も身分証明書も持っていないので、イタリアの国民保険には加入できず、任意の保険会社で医療保険に入るしか選択肢はありませ

        • 91.イタリアの銀行に口座を持つ

          実はイタリア移住してかなりの期間、イタリアの銀行に口座を持っていませんでした。 そのイチバンの理由は必要がなかったから。 システムも日本の銀行と異なり、利便性をまったく感じられなかったのですが……。 口座維持費がかかる日本にある銀行のほとんどは数年前まで口座を維持するための手数料は不要でした。 費用がかかるのはたしか、外資のシティバンクぐらいだったと思います。 イタリアの銀行口座には開設や維持のための手数料があり、それが日本人からすると法外な額だというのは在伊邦人の間では

        • 固定された記事

        イタリアの日常6日間を過ごす旅〈夕食付プラン追加しました〉

        マガジン

        • イタリア移住にまつわる101のこと
          94本
        • Bracciano
          22本
        • イタリア移住した料理好きの毎日
          313本
        • オンラインサロン「ローマ食堂」
          66本
        • 動画で楽しむ「はじめてのイタリアワイン」
          2本
        • タロット引いてみた!
          28本

        記事

          90.イタリアで1年間暮らすのに必要な金額

          移住して10年、家計簿をつけていたことは1度もありませんが、ざっくりとだいたいこれぐらいかかるのではないかなぁ、という金額をリストアップしてみます。 ユーロなので円換算すると話は別モノ。 10年前と今と、日本とイタリアの状況は一変してきています。 10年前からすべてが2倍に私がイタリア移住をすることにしたきっかけの1つに物価の安さがありました。 東京で家賃や光熱費を払って日々の買い物をして生活する金額より、イタリアのそれのほうが安かったのです。 外食やスマホ代なども半額以下

          90.イタリアで1年間暮らすのに必要な金額

          89.滞在許可証の申請キットと一連の流れ

          移住の第一歩は、留学や就労ビザを日本のイタリア大使館や領事館で取得することです。 これがないと90日を超えてイタリアに滞在することができませんから。 そして、そのビザで入国したら次に必要なのが滞在許可証です。 申請キットをもらう滞在許可証の申請・更新について、この10年ずっと私がやってきた方法ですが、めずらしく変化はありません。 なので、当面、この手順を踏めば良いと思います。 まずは最寄りのPoste Italiane(ポステ・イタリアーネ)、郵便局へ行って申請キットをも

          89.滞在許可証の申請キットと一連の流れ

          88.あると便利な身分証明書

          日本では国内で身分を証明するものと言えば、昔は運転免許証や保険証が一般的でした。 今ではもちろんマイナンバーカードですね。 イタリアでは自治体によって発行されるCarta di Identità(カルタ・ディ・イデンティタ)になります。 居住地で発行される個人を識別するのがコーディチェ・フィスカーレなら、それとは別に身分を証明するものとして、Carta di Identità(カルタ・ディ・イデンティタ)があります。 カルタは紙、イデンティタはアイデンティティという意味なの

          88.あると便利な身分証明書

          87.イタリア的マイナンバーCodice Fiscaleを取る方法

          イタリア暮らしをするならこれがないと始まらない。 個人的には滞在許可証の次に大事だと思います。 日本で導入されているマイナンバーのようなもの、それがCodice Fiscaleです。 コーディチェ・フィスカーレとは?Codice Fiscale(コーディチェ・フィスカーレ)は直訳すると税務番号、日本語に訳されているのを見ると「個人納税者番号」と書かれることが多いようです。 納税義務のない人でも保持できる、というよりイタリア人なら生まれたらすぐに取得することになっている個人識

          87.イタリア的マイナンバーCodice Fiscaleを取る方法

          86.イタリア滞在許可証の種類

          移住するならビザでも労働許可証でもなく「滞在許可証」です。 アラフォーでの留学、アラフィフでの移住、いずれも最初に持ったのは留学用の滞在許可証でした。 現在では就労用になっています。 滞在許可証の種類自宅にある郵便局でもらってきた滞在許可証の更新用キットを改めて確認してみたら、その種類はなんと26種もありました。 養子縁組とか政治的な理由による亡命とかいろいろありますが、日本人で一般的な移住を考えている18歳以上の大人なら、15.自営業、24.就学、26.観光目的あたりが

          86.イタリア滞在許可証の種類

          85.誰でもできるイタリア移住

          イタリア人と結婚するわけでも、在イタリア企業に就職するわけでもなく、私のようにただただイタリアに住んでみたいという人は、まずは留学ビザでの移住をお勧めします。 1~2年の短期移住なら18歳以上であれば、誰でも留学できるからです。 ハードルの低い語学留学私のこれまでの経験上、留学ビザを取得しての移住がもっともハードルが低いと思います。 入学テストはないし、入学できる最高年齢に制限もないからです。 18歳以上など入学できる最少年齢を設定している語学学校は多いですが、最高年齢につ

          85.誰でもできるイタリア移住

          84.イタリア移住にビザは不要?

          84~100までの17項目は移住に必要な情報や具体的な方法について書いていく予定です。 私の経験に加え、当時とは変わっていることもあるので現時点での最新情報も盛り込んでいきます。 これを書き終わるころには、私もプロのイタリア移住コンサルタントになってるかも。 ビザと滞在許可証の違い移住を考えるようになるまで人生にまったく関係なかったのでこの2つの違いについて考えることもなかったばかりか、同じことだと思っていました。 しかし、2回目の留学ビザを取るために行った東京のイタリア大

          84.イタリア移住にビザは不要?

          83.アラカンでイタリア暮らしのすすめ

          イタリア移住について101項目でまとめるという試み。 最初のイタリア出張から移住、就労用滞在許可証の取得と書き進み、ついに2024年6月現在まで辿り着きました。 84番目以降は移住にまつわるコトの実際編として、もう少し具体的な情報について書いていく予定です。 今年の夏のお客さまつい昨日まで、ブラッチャーノおひとりさまツアーのお客さまがいらしてたし、2週間後にもまた別のおひとりさまがいらっしゃいます。 以降も数組のご案内が決まっているので、この夏のお客さまはコロナ前と同じぐら

          83.アラカンでイタリア暮らしのすすめ

          82.2回目の労働許可証更新手続き

          4ヵ月の日本滞在を2月半ばまでにしたのは、3月初めに滞在許可証の期限が切れるからでした。 長いと思っていた2年の有効期限も意外と早く巡ってきます。 変わるイタリア基準就労用としては2回目、ただし滞在許可証の更新手続きとしてはすでに10年間の蓄積があります。 手順もどこへ行って何をやるかも全てわかっているので、日本からこちらに戻ってから2週間ほど集中して一気に手続きを終えました。 それでも、期限切れギリギリになってしまったのは税理士事務所のほうで書類作成に手間取ったから。

          82.2回目の労働許可証更新手続き

          81.4ヵ月間の日本滞在

          いろいろな理由が重なって日本に長期滞在することになりました。 2023年10月半ばから2024年2月半ばまでの4ヵ月間です。 本当は派遣で働きたかったイタリアに移住して10年、こんなに長い時間、日本に滞在するのは初めてです。 いつもは長くてせいぜい6、7週間、短いときだと10日間ほどでした。 この長期滞在を決めたのは夏の初めのころです。 日本からのお客さまが思っていたより少なく、いつもなら秋に何組か来るのに予約どころか問い合わせも入っていません。 さらに物価の高騰に伴い

          80.イタリア移住から10年が経って

          最初のうちは記念日のようにして覚えていたのですが、4年経ち5年経ちしていくうちにすっかり忘れていました。 それはイタリア移住を決意して成田空港からローマ・フィウミチーノ空港へ行った日、2013年9月です。 あとから気づいた移住10年目の日イタリア暮らしとは、カレンダーや時計にしばられない生活と言えるかもしれません。 全体的にその日暮らし、せいぜい向こう1週間ぐらいまでしか考えていないので、曜日感覚はあっても日付感覚が薄いように思います。 そんなわけで、私もその日のことをた

          80.イタリア移住から10年が経って

          79.移住者としてイタリア地域社会になじむ方法

          お客さまのいらっしゃらない時はものすごくヒマです。 ひと通りの家事をしますが一人暮らしなので手抜きし放題、そんなに大変じゃありません。 他にやることと言えば各種SNSへの投稿をするぐらい。 イタリア生活にも慣れてきたし、持て余した時間でいろいろなことを始めてみました。 スポーツクラブに通う東京からひとりでブラッチャーノに来て住むことになり、最初は大家さんとお世話になった不動産屋さんぐらいしか知り合いがいませんでした。 時間が経つにつれ、タクシー運転手や湖畔の農園マンマやお店

          79.移住者としてイタリア地域社会になじむ方法