三島菜央<🇳🇱オランダ在住/元高等学校教諭>

元公立高等学校教諭→2019年5月オランダ移住🇳🇱8歳の娘の子育て中。オランダと日本を教…

三島菜央<🇳🇱オランダ在住/元高等学校教諭>

元公立高等学校教諭→2019年5月オランダ移住🇳🇱8歳の娘の子育て中。オランダと日本を教育で結ぶ"Eduble"の代表。現地の学校視察やインタビューをしながら、講演会や執筆活動を行っています。SNS: https://lit.link/naomishima

ウィジェット

マガジン

  • 世界一子どもが幸せな国オランダの教育とは?元高校…
  • オランダ=イエナプラン、だけじゃない。多様な学校…

最近の記事

  • 固定された記事

オランダ人パパが日本旅行で感じた、自己犠牲で成り立つ社会への憂い

こんにちは! 今日は、娘が通う小学校の打ち上げパーティーでした。 娘はgroep1からgroep2になり、その間クラス替えはなく、今のクラスで2年を過ごしてきたのですが、このクラスが子どもたちだけでなく保護者も仲が良く...去年も1年の終わりに学年末のパーティーをしたのでした。 今年もタイミング良くコロナの規制が緩くなった!ということで開催されたパーティー。多くの家族が参加して、子どもたちは恵まれた天候の中、海へ入ったり、砂遊び、泥遊びをしたり...と楽しそうに過ごしてい

    • \ YouTubeチャンネルを開設しました! /

      こんにちは!前々回のnoteの記事で、オランダに移住して5年目を迎えたということについて書きました。ご興味がある方のためにこちらのリンクを。 5年目という節目の年を迎えて、これまで定期的に更新してこなかったinstagramをリニューアルしました!自分の誕生日へのご褒美に購入した新しいカメラを使って、オランダの教育について短いリール動画などでまとめていく予定です!また、私が行っているオランダ学校視察ツアーのハイライトも過去回を振り返って投稿し始めました。ご興味がある方は是非

      • オランダの生活文化に馴染めない?馴染もうとしない?

        こんにちは!オランダに暮らし始めて5年が経ち、その中でオランダに移住してくる人たちと出会い、オランダを去る人たちとの別れがたくさんありました。そんな中、先日、同じくオランダに移住してきた中国人ママと立ち話をしました。 彼女のパートナーはドイツ系中国人で、ドイツ人と中国人のミックスなのだとか。家族でオランダに暮らし始めたのが同時期の私たち。そんな彼女は近所に住んでいて、近くのカフェでも働いています。近所で顔を合わせたら立ち話をするのですが、先日彼女に、 「オランダの生活には

        • オランダ生活、丸5年を迎えて🇳🇱

          こんにちは!先日、日本からオランダに生活拠点を移してから丸5年を迎えました。2019年の5月初旬、スーツケースを抱えてオランダに移住した日…今でも昨日のことのように覚えています。当初は義則を抜きにした「母子移住」でした。 それを心配した私の両親は、一緒にスーツケースを抱えてオランダへと一緒に来てくれました。あまりにも無謀だ!と心配していたのと、娘がどんなアドベンチャーを始めるのか!?とちょっとワクワクもあったと思います。笑 学校なし、職なし、家だけある娘が通う学校は決まっ

        • 固定された記事

        オランダ人パパが日本旅行で感じた、自己犠牲で成り立つ社会への憂い

        マガジン

        • 🙋‍♀️イベントのお知らせ🙋‍♀️
          36本
        • オランダでの日常的な暮らしの風景
          43本
        • 高校教諭として感じたこと、オランダ移住への想い
          42本
        • 🇳🇱オランダ現地校での先生日記🏫
          46本
        • オランダ子育て生活あれこれ
          89本
        • <オランダ学校視察>
          16本

        記事

          「ママが決める転校」「パパが決める進路選択」

          「Josh(仮名)ね、学校変わるんやって。お母さん知ってた?」 今となっては少し前の話ですが、ある日の夕食時、娘が急にそう言いました。 「え?Joshって、クラスの?転校するってこと?」 「そう。vakantie(休暇)の後、もう別の学校に行っちゃうって」 「そうなんや。何でなんやろう?」 「学校の成績が良くないんやって。上がらないから?よくわからんけど、皆んなの前で喋ってた。"僕はこの学校好きだけど、ママが決めた"って言ってた。かわいそうやね。ママが全部決めるんか

          「ママが決める転校」「パパが決める進路選択」

          「あの人たち、お母さんとお父さんみたい」

          こんにちは!前回?数十分前?の記事で娘がテニスキャンプに参加したことについて書きました。 まさに、そのテニスキャンプの帰り道。娘と自転車を漕いでいた時のことでした。トラムの駅横を通った時に、40代くらいのカップルが見つめあってキスをしていました。 「あの人たち、お母さんとお父さんみたい」 と娘が一言。 「あ、そう?」と聞く私に「うん」と娘。 娘から見えている私たちの姿がふと感じられた瞬間でした。 テニスキャンプで上手くできなかったことテニスキャンプが始まった朝、最初

          「あの人たち、お母さんとお父さんみたい」

          1人で参加するテニスキャンプ

          こんにちは!日本のGWのように、オランダもmevakantieと呼ばれる春の休暇に入りました。4月27日(土)の国王の誕生日を全国中で盛大に祝ったことを始まりに、約10日間の長期休暇です。 サマータイムの始まりと同時に、21時でも外はまだ明るくなり、人々が心待ちにしていた「春」がようやくここにやってきました。 今年はゆったりと過ごすmeivakantie考えてみれば、これまでのmeivakantieは毎年と言って良いほど旅行に出掛けていました。2月の長期休みに車で約2,7

          「お母さん、それってautisme(自閉症)のこと?」と娘に聞かれて

          こんにちは!先日、夕食時に夫婦で自閉症についての話をしていた時でした。 「お母さん、それってautismeのことやんな?日本語で何て言うの?」 「autismeは日本語で"自閉症"って言うんよ。自閉症知ってるん?」 「うん、この間、10 uurtje(10時のスナックタイム)で自閉症のklokhuis観たよ。自閉症がどんなんか、私もう知ってる!」 と言ったのでした。 "het klokhuis"とは?娘が話してくれた"het klokhuis"とは、国営放送のチャンネル

          「お母さん、それってautisme(自閉症)のこと?」と娘に聞かれて

          「視察に来てくれてありがとう」

          こんにちは!3月の終わりにオランダの学校視察ツアーが終わり、今はお世話になった視察先の先生たちに、個々の学校を視察した際のフィードバックを添えて、改めて視察のお礼を伝えています。 その中で、校長や先生たちから、 「私たちの学校に視察に来てくれてありがとう」 というメッセージをもらっています。 「情報が欲しい」という傲慢な視察以前、日本からオランダにあるイエナプランの小学校に視察に来た方たちのスタンスについて「思うところがあった」と打ち明けてくれた校長先生のことを記事にしま

          保護者の一存で決める習い事の裏側で子どもが本当に感じていること

          こんにちは!前に、娘のクラスの友だちが保護者の一存で一緒に通っていたダンスを辞めることになった時、娘が私に発した言葉について記事を書きました。 他にも、ママ友から「子どもの意見を尊重する」というエピソードを教えてもらった話。 今回は、別の子どもに起きたエピソードです。 継承言語の教室に通う子の話その子は保護者の片方がスペイン語を話す家庭に育ち、楽しそうにスペイン語教室に通っていました。「今後、レッスンでピニャータ(メキシコのお祝い)をやるんだ!」とか「レッスンでは友だち

          保護者の一存で決める習い事の裏側で子どもが本当に感じていること

          ユーモアがあって溶け込んでいける

          こんにちは!先日、Voicyで私が勝手に考察するオランダ人の性質についてお話ししました。 これは決して、"全てのオランダ人"を総括するものではありません。これは、私がオランダで暮らし、学校の先生や、保護者、一緒に働くフードバンクのスタッフとのやり取りや、観察の中で見えてきたものです。 きっと君は関西人〜 by.嘉門達夫↑ ご存知ない方は"1:00"からご覧ください。 私の勝手な考察として、オランダの人々は関西人に見えます。その理由として、 ・思ったことは口から出ちゃう

          3/16(土)21:00-22:00インスタライブのお知らせ

          こんにちは!3月16日(土)21:00-22:00(日本時間)にインスタライブを行うことになりました! 今回のライブは単独配信ではなく、以前私のオランダ学校視察ツアーに参加してくださった久本和久さん(@kazu.hisamoto)との配信です! カズさんはオランダだけではなく、世界中の国々を巡りながら、そこで生きる人々の生き方やライフスタイル、考え方に耳を傾け、これまでに何十カ国も旅を続けてこられました。 そんなカズさんのストーリーを聞きながら、一緒にオランダで見た景色

          3/16(土)21:00-22:00インスタライブのお知らせ

          「小学校はコミュニケーションを学ぶところ」

          こんにちは!先日、オランダにある日本人学校に勤務されている先生方と一緒に食事をする機会があり、ホームパーティーに招待していただきました。その時に、オランダで移民として生きる、いわゆる「2世」の方とお話しをしました。 彼の名前は"Thais(仮名)"、オランダで生まれ、オランダの現地校に通い、今では人工甘味料の研究者として企業に勤めています。彼自身はいわゆる"移民二世"で、保護者はトルコ出身です。そんな彼の生い立ちに耳を傾けながら、彼がオランダの教育を受けてきて感じることなど

          「小学校はコミュニケーションを学ぶところ」

          「男性が○○してくれない」を考える

          こんにちは!最近、noteの記事や周囲の日本人の女性の中で「男性と女性の性差」の中に不便を感じている女性たちが多いのではないかと感じることがありました。例えば、男性上司が女性(である自分に対して)配慮がないと感じたり、男性パートナーとの関係の中で女性(であること)が利用されたり尊重されていない、と感じることがある…というような感じです。 「男尊女卑」とまではいかないまでも、日本の中ではまだまだ「女性であること」が男性との関わりの中で不便や不自由を伴う足枷になっている…と感じ

          「男性が○○してくれない」を考える

          フードバンクで万引き?ボランティアの対応

          こんにちは!先日、フードバンクでボランティアをしていた時のことでした。朝、ボランティアが集合すると、いつもそれとなくMTG的なことが行われます(円を組んでどーのこーのという感じでもないですが)。ボランティアが集まって、今日の連絡や引き継ぎ事項が説明される感じです。その時、フードバンク内で無断で商品を持ち帰る利用者が発生しているという話になったのでした。 実際は「万引き」とは定義できない持ち帰り行為実際のところ、この行為は「万引き」とは言えません。何故なら、フードバンクで扱っ

          フードバンクで万引き?ボランティアの対応

          留年した生徒を迎え入れた教室で

          こんにちは!先日「オランダには留年や飛び級制度があって良いですね」というコメントをいただきました。私自身、子どものペースに合わせた学びの制度があること自体に異論はありません。ただ、そのコメントをいただいた後に、自分が勤務する学校でいわゆる留年した生徒が発生しました。 その生徒の表情の暗いこと。 前のクラスにいた時の様子を知っている私としては、心が痛みました。もちろん、新しいクラスになってからまだそこまで日数も経っていないからこそそう見えるのかもしれないのですが、目の前の生