サイボウズ式

在宅ワークでも仕事頑張ってるアピールしたい

どうも!

自己紹介記事にも書いたのですが、私は今、IT系の会社で営業として仕事をしてまして、3月からはコロナの影響で在宅ワークメインで働いています。業界、職種によって違うかもしれないですが、きっと私と同じで「もう春からずっと家で働いてるよ!」って人も多いんじゃないでしょうか。

最初のうちは、出社してた時と同じ感覚で仕事ができていたんですが、1ヶ月くらいたつと、やっぱり・・・サボりたくなってきち

もっとみる
スキありがとうございます!
9

【がんばらないために工夫する】
長野県東御市にある『パンと日用品の店 わざわざ』の平田さんの記事。
要はどこにどれだけ時間を割くか、なんだろう。
がんばらないために工夫してる時間は「頑張って」るんだろうけど、本人はそう思ってない。
https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m005838.html

ありがとうございます!
5

【本】最軽量のマネジメント

●全てのマネジメント層、経営者に読んでもらいたい、
 サイボウズ式マネジメントの変遷とすぐに実践できる3つのこと。

●働き方だけでなく、働くとことそのものを根本から考えることになる本

デメリットは、転職したくなることです(若手は特に)。

私のざっくりまとめだと、この本は、
<いままでどうだったか>
Chapter 1 従来のマネジメント
Chapter 2 サイボウズでうまくいかなかった例

もっとみる

サイボウズ式でコラムを書きました

子どもが不登校気味になり、それとは関係なしに離婚して、もともと在宅で……というライフスタイルは、コロナ禍でさまざまな親御さんが直面する問題を、先取りしていたようです。

子どもたちとずっと家にいても、それ自体はさほど負担に感じていなかったので、周囲の阿鼻叫喚ぶりとの差を不思議に思い、その内容をお伝えしたいと考えました。

いろいろな親御さんに話を聞いて、それに少しでも応えられるように、書いたつもり

もっとみる
また見に来てね♡
22

サイボウズ式meetupに参加してみた

私はサイボウズという会社が好きで(社員ではない)

ツイッターもよくチェックしているのだが

昨日、オンラインでサイボウズ式のmeetupがあるというので参加してみた。

これまではオフライン開催だったようで

子持ちの私には当然参加は無理なので、仮に知っていてもハナから諦めていただろう。

サイボウズはグループウェアを作っている会社だが働き方改革の雄とされ

テレワークや副業などフレキシブルな働

もっとみる
嬉しいです!
2

「退職=さよなら」という時代ではない

 先日、1年半ほど勤めた会社を退職した。

チームを去るということは寂しい選択だけれど、それはマイナスなことばかりでもない。
そして、新たな道に向かって進む元同士を最後は温かく送ってくださった方々に感謝しかありません。

 ボクが完全にチームを去るということは、2回目になる。
1度目は12年勤めた機械メーカー。
そこでお世話になった方々、同僚、後輩とは未だに会う機会もあるし、ビジネスでの関係も細く

もっとみる

小噺 of the WEEK(2020年2月23日)

とても面白かった前編の後編。面白くないわけがない。

組織における情報共有が切り口になってはいますが、実は語られているのは、複雑な環境下における(複雑とは何かは前編で語られています)組織やリーダーシップのあり方。そして、それをリアルな戦闘に従事する軍隊らしい冷静さ、透徹さを持って組み立て直していく。そんな語りになっています。

さらっと言われていて、マーカーも引かれていない一言にまず魅かれます。

もっとみる

小噺 of the WEEK(2020年2月2日)

ネットフリックスの話が好きです。

なかでも、ネットフリックスがまだオンラインDVD配送サービスだった頃の話が好きです。少しうろ覚えですが、ある投資家が、ネットフリックスの競合に投資をしようとした時、当時のネットフリックスが、顧客にDVDの注文を受けてから発送するまでのオペレーションを極めて高いレベルで実現しているのを見て「あれには決して追いつけない」と投資を諦めるシーンが特に好きです。

ネット

もっとみる

【読書メモ】「未来のチーム」の作り方

去年買って長らく積ん読状態だったこちらを消化。

ざっくりまとめ

・チームは同じ思想や働き方を共有するのではなく、個性をそれぞれ発揮しながら同じ理想に向かって進む
・仕事の状況ではなく人の状況を見る
・解釈を中心に議論しだしたら、解釈ではなく事実に基づいて話を進めるようにする
・楽しさや熱意はコミュニティに伝搬していく

感想

他にも質問責任・説明責任など、共感できるポイントがとても多く、これ

もっとみる
ありがとうございます!オススメ書籍です!
8

サイボウズ式編集長藤村さんに、再び会いに行く

10月の「未来のチーム」の作り方×コミュラボで「チームとコミュニティ」のお話を伺ったサイボウズ式編集長の藤村さんに、再び会いに行きました。前回のお話しと、もっと深く伺ってみたく。

ワガママすぎるお願いではありましたが、藤村さんは多忙な中、お時間を作ってくださいました。感謝感謝。一人占めするのはもったいないので、ここにその様子をお伝えしようと思います。

オフィスを訪問すると、まずカラフルで楽しい

もっとみる
これからもどうぞご贔屓にお願いします
15