アジール

アジール・無縁・友誼線:TVアニメ『キミ戦』が掲げた平和の理想とその残響

はじめに

実際、文学・芸能・美術・宗教等々、人の魂をゆるがす文化は、みな、この「無縁」の場に生れ、「無縁」の人々によって担われているといってもよかろう。
(網野善彦『増補 無縁・公界・楽:日本中世の自由と平和』平凡社ライブラリー、1996年、250頁)

 2020年12月に放送が終了したTVアニメ『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』(通称『キミ戦』)は瀟洒な秀作であった。本作は、

もっとみる
ありがとうございます! 次回記事の励みになります。
11

古の賢樹5種 バトルクイーン6種 新スキン総評 パッチ10.25

こんにちは、りんです。

プレシーズン中は穏やかなパッチかと思いきや、11スキン追加で萎えてます。来シーズンもこの調子のリリースなら2週間で書けない可能性がありそうです。

さて今回追加されたスキンは、古の賢樹からオーン、ザヤ、ラカン、アイバーン、アジール、バトルクイーンからカタリナ、ダイアナ&プレステージエディション、ジャンナ、キヤナ、そして新チャンピオンのレルです。

どれも注目ポイントがあり

もっとみる
記事を見てくださって
6

【読書】わたしのアジールとは?~『日本習合論』より~

内田樹先生の御本『日本習合論』(ミシマ社)を読み始めました。表紙はこっくりとした緑色に金の箔押しで、思わず手に取りたくなる装丁です。

日本習合論  2020/9/ 内田樹 (著) ミシマ社

タイトルに習合論とあったので、本を開くまでは神仏習合について書かれた宗教の専門書だと思っていたのです。ところがそうではなく、「習合」というひとつのキーワードを手掛かりに、日本文化の諸相を論じる、という趣向

もっとみる
読んでくださってありがとうございます!
1

環境が変われば、人も評価も変わる ー現代のアジールへー

僕は都合もう何回転職したかは分かりませんが、どれだけ回数を重ねても「辞表を出す」と決めてから、実際に辞意を表明し、退職に至るまでの時間というのは本当に切なくて、辛いものです。

仕事を始める時というのは僕の場合、そんなに気張らずともご縁みたいなものですっと決まったりするケースが多く、精神科ソーシャルワーカーとして勤務した病院なり社会復帰施設というのはだいたい紹介とか、身内のつてで就職したところなの

もっとみる
ありがとうございます!「いいね」していただけて嬉しいです😆
29

2020.06.03 久しぶりの夕まずめと贅沢な悩み

タイトル通り、夕まずめを楽しみましたのでちょっと報告を。

シーズンが終わるまでになんとか一本、メバルが釣りたい!

という強い思いでとある港に通ってます。その港は外海がメバルさんのポイントなのですが、内海はアジのポイントとしてもなかなか魅力あるポイントなのです。

夕まずめから外海に面した磯へイソイソと入っていくのですが、その夕まずめ時に止まっている車の多いこと!

もちろん皆さんがメバルを狙っ

もっとみる
有難うございます!✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
2

依存か成長か

昨日、今ごろか?と言われそうだが・・

『居るのはつらいよ』を読み終わらせた。

とある読書会で、参加者の方々がこの本の話をしていて、知ってはいたが、読んでない。話にのれない、恥ずかしいという展開で買って読んでみた。

さて、基本、学術的な本のはずだが、小説仕立て、日常を追いながら、そこにあるドラマとその裏や、知識というものの役割、ケア、セラピー、アジールと言った言葉の本来的な意味を教えてくれる。

もっとみる
ありがとうございます‼️
13

アジールとしての動物園Ⅱ――無縁・南蛮・死生観

 

■ アジール

Asyl(独)/asylum(英) ――不可侵の場所。聖域。自由領域。無縁の縁を結ぶ場所。

 たえず移ろいでいく現代社会の中で動物園・水族館は、「4つの役割」――「①種の保存 ②教育・環境教育 ③調査・研究 ④レクリエーション」を大きな目標として掲げています。

 しかし、この4項目に包摂されない「隠された役割」――「『居場所』としての役割」もあるのではないかと考えさせられ

もっとみる
ありがとうございます!!
5

海ぼうしというアジール

今日は科研費の写真検品の整理などであっという間に1日が終わってしまった。本当は朝方noteに書いたように、大学で講義60分の動画(YouTube公開配信)を撮影する予定だったのだが、起きたのが13時で、事務室が12時半に閉まっていたので、諦めた。

冷蔵庫に2日前に作った豚バラ肉ともやし・にら炒め(醤油味)があったのだが、どうも家で食事する気になれなかった。どこかに食べに出掛けようと思っても、長田

もっとみる
お読み頂き、その上好きまでして頂き、感無量です!
8

アジールもしくはアサイラム

「アジール(アサイラム)」とは、古代ギリシャにおける神殿や、中世日本における寺社など、世俗的な権力が及ばない、聖なる地域のことであり、宗教的な権力などを背景とした保護避難所でもある。駆け込み寺、縁切り寺などがイメージしやすいだろうか。

かつて私の学校生活にはアジールが不可欠であった。

小学校の時には、校舎の各階に一つはある読書コーナーがそれに当たったと思う。休み時間などが少しあるときには、教養

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かを感じていただけたら幸いです。
5