これが私のモットーです。

子育てや家事、仕事を頑張るママパパを応援するパワフル母さんあおです。いつも読んでいただきありがとうございます。

今日は雲が多い空です。

まだまだ、先だな〜と思っていた。幼稚園の入園書類の提出日が明日だ!という事に気づき今朝急いで、書き残していた書類を書きました。

思い出したのが今日でよかった〜。明日だと大慌てになるところでした。

まだ先だから大丈夫!なんて思っているとあっという間にその日に

もっとみる
嬉しいです
2

だからメモっておけばよかったのに

思いついたアイデアを、その時にメモっておかなかったために忘れてしまいました。先日、さんざん「人は忘れる生き物だから、思いついた時にすぐメモろう」みたいなことをいっていたのにもかかわらず!

いまだに思い出せません。。。

いいわけをすると、思いついた時、メモを取れる状態じゃなかったんですよね。紙のメモもなければ、手元にスマホもない状態。この時にメモをとる方法が思いつきませんでした。

思いついたこ

もっとみる
ありがとうございます^^
4

2020年11月のこのアルライターさんがすごいよ賞発表!!

皆様、マンガ読んでますか?

こんにちはこんばんわ。マンガアプリ『アル』で窓際ライターをさせて頂いておりますもり氏と申します。全記事の20%以上をキャプ翼関連で占めている気がしないでもない偏りがちライターです。

そんな私が毎月勝手にアルのライターさんを表彰させて頂いているこの企画、今月もバッチリ実施していきたい気持ちです。続けていくうちに認知度が徐々に高まっている気がしないでもないです☺️(気の

もっとみる
嬉しさの極み
13

すぐやれば「悩み」は消える?

こんにちは。
へちょです。

僕は今まで、よく考えてから行動するので、行動に移せないことも多かったです。

ですが、行動に移すと案外簡単。

悩まなくなってきました。

僕は精神疾患があるので、自分の今の精神状態をモニタリングしながら、やるかやらないかを決めていました、

でも、最近は、悩んだらまずやるをモットーにしています。

これで、やった結果がすぐわかるので、「悩み」という苦しい時間から解放

もっとみる
励みになります
4

うそ!?捨てると人生の質が上がるわけ

ようこそ (^^)/
ゆっくりして行ってください。

「モノを捨てれない」

捨てようと思ったとたん

「いやいや、これは何かに使えるかも?」

と、考え始めた経験はありませんか?

実はその時めちゃくちゃエネルギーを消費しています。

人はモノを捨てることを嫌がります。

なぜかというと、捨てることによって「選択肢が狭まる」からです。

捨てなければ、後日また検討できる。

だから人は、決定を先

もっとみる
ありがとうございます😆
1

細切れの時間しか頑張らない(笑)

こんにちは

いつもお立ち寄りくださり
応援して頂きありがとうございます!

さて、今日も時間について書いてみたいと思います

私は時間をうまく活用できていない自覚が
まあまあある方なのですが(汗)

最近、逆に制限を設ける作戦が上手くいっています

家に帰ってゆっくりやろうとか
まとまった時間ができたらやろうとか
立派なことを考えるから

結局、家に帰ってゆっくりし過ぎて
なかなかやらなかったり

もっとみる
ありがたし!
6

過去の自分に感謝するTips

「先延ばし」はやるべきことを将来の自分に期待して今、やらないことですが、過去の自分に感謝するTipsもあります。

個人的によく利用する方法を、ご紹介します。

過去の自分に感謝する成功体験があった

着物を着ます。

着物はいろいろと準備することがあります。その中でも半襟を付ける作業が苦手です。一番汚れる首回りの生地を汚れから守るため、そしてオシャレのために半襟は存在しますが、それを着物に縫い付

もっとみる
スキありがとうございます。

ポイントは5分!先延ばしを「やる」に変える方法

ようこそ (^^)/
ゆっくりして行ってください。

やるべきことがあるのに、先延ばしをしてしまう事ってよくありませんか?

先延ばしをした結果、後悔の念がドバァーーーと押し寄せてくる。

そうです、負のループが回り回り回っていきます。

これをたった5分で解消できるテクニックがあります。

どうするかと言いますと

【だまされたと思って5分だけ動く】です。

人間には動き始めて5分後にやる気が出

もっとみる
元気をもらえます😊
1

ずぐやる
必ずやる
出来るまでやる
「青パン書きなぐり勉強法」より

資格試験勉強
頭がグニャグニャになってきたら
勉強法の本に逃げている

勉強法の本読むより
本題の勉強しろー
なのだけど…
noteにも逃避したことだし

今から直ぐお勉強
夜中だけど

「すぐやる」につながるアドバイス(仕事について)

「すぐやる力」につながる実践的アドバイス

(仕事について)
仕事量が多くて どこから着手すべきかわからない

リストラなどで職場の人員がギリギリまで削られ、
1人あたりの仕事が多すぎる。
特定の人に担当が集中している場合など、
絶対的な仕事量が多い場合も、すぐやれない状況の1つです。

キャパシティを超えたオーバーワークでは、
パニック状態になってしまうでしょう。

こういう場合は、優先順位の問

もっとみる
スキありがとうございます!
12