コロナ禍で心に響いた音楽たち #2

音楽は素晴らしい文化だと改めて思います。

耳で楽しむのは勿論のこと、歌詞を読めば文学作品としても楽しめるし、特に歌詞の意味が分からなくてもなんとなく曲調だけで楽しむこともできる。
Music Videoを見れば視覚でも楽しめるし、LIVE・コンサートに足を運べばアーティストとの空間を他の人たちと一体となって楽しむこともできる。

今回は音楽についての文章です。以前投稿した、僕がコロナ禍で我慢の日

もっとみる
恐縮です。感謝申し上げます。
4

路上の寧静

大分駅前地下道には、今日もギターを掻き鳴らす路上ミュージシャンと、そんな彼ら彼女らの歌を心の拠り所とする者たちが屯している。私もその一人だ。

ここには、安らぎがある。
学校に居場所がなく、家にもまだ帰りたくない。そんな自分もここは受容してくれる。

それでいて、情熱もある。
旋律となって繰り出される言葉はエネルギーに満ち、心はそれぞれのステージを見据えている。
いつか自分もあの場所へ行けるだろう

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーカラーはピンクかもしれない?
7

#4. 思索、amazarashi「バケモノ」

昨日に引き続き、音楽の思索をしようと思います。
知っている人は少ないかもしれませんが、amazarashiの「バケモノ」という曲です。辛いときには必ず聴きます。
今回も、最後までお付き合い頂ければと存じます。

-----×-----×-----×-----×-----×-----

全体に関する思索

1. 00:00~00:20について
 イントロです。クレッシェンド調でスタートし、その後ギタ

もっとみる

つぎはぎだらけでみすぼらしい、でも信念は大概そんなもんだ
ーーamazarashi『月が綺麗』

美波「カワキヲアメク」
1

『アポロジー』自白とお詫び

「ごめんなさい。」
許せないことばかりだった。

「すみません。」
どうにかしなければと思っていた。

遠くの声もはっきりと聞こえ、

見えないものもはっきりと見えていた。

よく聞き、よく見て、うまく対応しなければ、身の回りや世の中がどんどん悪くなっていくのではないかといつも少し怯えていた。

人が作ったルールの中でも、従順にそれらに抗い、いい感じにうまく付き合っていけば、いつかはそれらに適応で

もっとみる
ホントに、君は最高だ!
9

面白い人になりたい私と、「僕は盗む」について

「僕は盗む」

https://j-lyric.net/artist/a052b38/l02c828.html

繰り返し、繰り返し、思うことがある。

面白い人間になりたい。

誰かを笑わせられる、場を和ませられる・・・陳腐な表現だけど、「潤滑油」って存在になりたかった。でも、多分この願いは一生叶えられない。わかっている。

面白い人種ってのがあって、私はそのベン図の中に生きていない。

 

もっとみる

今日はまるで昨日みたいだ

僕が死のうと思ったのは
心が空っぽになったから
満たされないと泣いているのは
きっと満たされたいと願うから

僕が死のうと思ったのは/amazarashi

もっとみる
ありがとうございます
6

令和二年、雨天決行

これはもう興奮を抑えきれない。

12月16日、amazarashi「令和二年、雨天決行」リリース決定・・・!!

うほーなんじゃこれ嬉しすぎるうほー!!!

ツアーが延期になってからというもの一回過去のライブ配信はあったけど、それ以外全く音沙汰なかったもんだから密かに大丈夫かな、秋田さん生きてるかな(失礼)とか若干心配してたんですが音楽作ってくれてたんですね・・・!!

嬉しいです。もう本当に。

もっとみる
スキありがとうございます!
3