Revolution Song

僕の信念は奪われた

ヘッドロックされて

僕の運命は封じ込められてしまった

あいつらに

世界中のどこかに

あいつらはどこかで生きている

僕は落ちぶれてしまったから

あいつらは僕を無視し続け

「あいつは正気じゃない」と言っていた、でも

僕は世界が自分のものだと信じている

僕は大声で歌う

僕の革命の歌を

何も気にしていないかのように

君の金と僕の魂を争わせてもいい

でも、君は

もっとみる
ありがとうございます。
4

トーストはカリッと、ステーキはウェルダンに

5月23日(土)放送の weekend sunshine は、先日亡くなった Little Richard の特集だった。その中で、映画「女はそれを我慢できない」で使われた、' The girl can't help it'が流れ、「我慢できない、というのは誤訳なんですよ。」というバラカンさんの解説があり、その続きが、翌週30日の放送で紹介された。'can't help it' というのは我慢でき

もっとみる

美唄~しんじろう歌詞~

おはよう おやすみ ありがとう おつかれさま

何気ないやり取りに こめられた思い

コトバのチカラを コトバのうつくしさを

紡ぎながら うたってイキたい

日はのぼり 沈んでゆく 朝日を待って 暮らしてる

おげんきですか? かわりはないですか? 

想うひとは こころにいますか?

当たり前にあるものが なくなったときの絶望

そんなコトも 小さくなるのだろう

夜空をみて うたう 闇に飲み

もっとみる
うれしいなぁ

「うつつほし」楽曲リスト その14

ビートルズが残した楽曲は213曲(諸説あるようですが)。

活動期間は約8年。

いずれもビートルズより数字に勝るミュージシャンは数多でしょうが、

なにせ曲の覚えやすさや歌いやすさ、聞き飽きしなさ、

ヒット曲の多さ、言葉の壁の越え具合etc...

知らないだけかもしれませんが、

ビートルズを超えているミュージシャンは希有ではないでしょうか。

“老若男女に親しまれる“

“気持ちよく歌える

もっとみる
読んでいただいて、とてもうれしいです。
1

梅雨冷え

シャッター通りに梅雨の訪れ
古びた屋根に音が落ちる
耳をすませば賑やかな声
人のふれあい戻らない季節

あの頃芽生えた将来の道程
きっと叶うと思い描いてた
暑さも寒さも強い雨にも
まだまだめげずに明日を信じてた

孤独と不安のシルエット
重ねた月日の中
楔も刺せなくて
取るに足りない僕がいる
物理に逆らう雨が降る

誰かのために夏は来るだろう
何かをもたらす夏が来るだろう
どしゃ降りの雨 止まない

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
7

36

たった一言くらいで
変わるような人生なら
そんなものだよと
笑えてしまうほどに
竹を割ったような
人でもないから
.
今日もしくしくと
雨模様の心を宥める
.
優しい人になるのは簡単で
誰の特別にもならずに
ただいつも何となく
傍には居るだけ
そしてそれを決して
わざとらしく見せない
ある意味これも才能なのか
.
.
たった一回くらいで
終わるような人生なら
そんなものだよと
怒ってしまうほどに

もっとみる
ありがとうございます!

[E]乃木坂46『世界中の隣人よ』MVについて。

私は乃木坂結成当初(もっと言うとAKB48がきっかけでオーディション番組)から応援していました。生駒ちゃんがセンターになって初めてのお披露目で堪えきれず舞台から逃げ出していく姿は鮮明に今でも思い出されます。

いろんな情報に埋れてしまいMVが5月25日に公開していることに気付きませんでした。知ったきっかけはYouTubeで、JIJIPRESSのアサヒビールオンライン飲み会の動画が終了した後関連して

もっとみる
いつもありがとうございます😊
9

ここでまた逢いたいね 季節が繰り返すみたいに きっと その時までに思い出は増えているから

0976■*ウィンタープレイ*

並んで歩いた雪の道 足跡を残して
何処まで続くか試したい 君と一緒だから

冷たい空気に囲まれて わざと息を吐いた
綿飴みたいに白くなる 二人で比べよう

忙しさを忘れて 遊んだり 無邪気に笑ってみようよ
失くしてた感覚が 蘇る 冷えた指も懐かしい

ここで また逢いたいね 季節が繰り返すみたいに
きっと その時までに 思い出は増えているから

転ばない様に気を付

もっとみる
ありがとうございます!
1

輝いた世界へと 更にその彼方まで 凍て付く寒さに吐息は熱い

https://piapro.jp/html5_player_popup/?id=hr8jigidw2v0a2au&cdate=20130114151027&p=0
0977■SILVER GROUND

厳しさを 増した 空気は
凛として 頬を 朱に染め
胸の 奥深く 弾く
高鳴りは 加速 していく

視界を過ぎて 流れる風景
刹那の姿 季節の彩り

白銀の大地へと 風に乗り滑り出す
軌跡を 描

もっとみる
ありがとうございます!

「白日」の歌詞を勘違いしていた日々の話 -2020年6月2日

突然だけど、ある勘違いに気づいた。
King gnuというバンドの「白日」という曲を知っていますか。

YouTubeのMV再生数は億を超え、未だに有料アプリの楽曲ランキングに上位に入り続ける、ロングランヒット曲だ。私は、そのサビの歌詞をずっと勘違いしていた。

真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようか

このフレーズが凄く印象的だったのだが、私は致命的な思い違いをしていた。

正しくは、

もっとみる