「課題」は見つからない限り「課題」ではない

おっすおす、どうも塩川です。

皆さんご存じの通り、先月教育実習に行って参りまして。。。
もう揉まれに揉まれまくって発酵し焼かれ、ほかほか美味しいパンになってしまいました。

ということでどうでしょう、
みなさん真剣に考えてますか?
SDGsのこと。

僕なんかもう365日のうち毎日、朝起きてから布団に入るまで頭の中はSDGsのことではなく、麻雀のことでいっぱいです。

ほんともう、麻雀打って飯食

もっとみる

EUは成功か?失敗か?

EUとはヨーロッパ連合のことです。最近ではイギリスが離脱したことでニュースになりました。では何故離脱したのでしょう?
まずはEUの歴史です。
戦後に冷戦を経てソ連が崩壊した際、ソ連内の国々が独立紛争を起こしました。セルビアやクロアチアなどのユーゴスラビア地域の国々です。この紛争を解決すべくアメリカはNATO(対ソ連の資本主義同盟国)を出動させ鎮圧しました。

そんな時、欧州の紛争解決、アメリカに勝

もっとみる

イギリスってどんな国?

最近EU離脱でニュースに出てくるイギリス
ではイギリスとはどんな国なんでしょうか?実は日本と似てかなり独特な政治形態なようです。
まずは基本知識からです。本名長いですね。イギリスは大きくわけて4つの国で構成されています。北アイルランド🇮🇪、ウェールズ🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿、イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿、スコットランド🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿の4つです。首都はロンドンで、国

もっとみる

ロンドン・シティに人が残るのか?

正直あまり詳しくはないのですが、またイギリスがEU離脱に関して、ジョンソン政権がEUとの離脱合意内容を修正?するとか、またEUとのFTAも結ばない、とか言っている、という報道があり、その影響を受けて英ポンド安になったりと動いており、個人的にはびっくりしております。(詳細は下記記事をご確認ください。)

そこでも興味深いな、と思ったのは、英国が単一市場の恩恵を受けていた、とされたEUパスポートを20

もっとみる
マジですか!ありがとうございます!:)
5

パンクあってのネオフォーク(Crisis,Death In June,Sol Invictus編)

77年のロンドンに登場し、80年5月公演(MagazineとBauhausのサポート)を最後に解散したパンク・バンド、Crisisが2017年に再結成した。
レジェンドと称されるバンドの再結成は大抵が金策目的だが、Crisisの場合はBrexit以降の英国および世界に蔓延する反リベラルの風潮がモチベーションになっているところが興味深い。状況が悪くなればなるほど強度を増すといえばいいのか、バンドは2

もっとみる

Brexit でアニキを失うデンマーク - 続編

5ヶ月前ですが、イギリスの正式なEU脱退(いわゆるBrexit)に関連して、↓のnote記事で取り上げました。

フランス・ドイツに対して力強く反対意見を言えるイギリスがいなくなってしまうので、デンマークはEU内でのアニキ的な大黒柱を失ってしまったという内容でしたが、いよいよ現実になってきました。

現在EUの中では、コロナで打撃を受けている経済を立て直すため、大型の財政出動政策を検討しています。

もっとみる
とても嬉しいです♪これからも頑張ります!(図書館の前の葉桜)
13

英国に何が起きている?世界はどう変わる?truth hits everybody!

nesara/gesaraについても言及してる。
金融リセット。
世界の王族が生前退位、バチカンの法王も生前退位、それはちゃんと「意味」がある。
なにより肝心なことはあなたの潜在意識に訴えかけるだろうこと。
みんなが1月10日以降夢を覚えてるのはなぜ?
幽界がなくなっているんだ。
繰り返しのループから抜け出すんだ。
「解放」はされた、それを「意識」すれば実体化が早い。日本は遅い、とならぬようにした
もっとみる

いやぁ。どううもありがとうございます。

英国は何故EUから離脱をしたがったのか?(2019年7月)

本メールは2019年7月配信のメールマガジンのバックナンバーです。

British×EXIT= Brexit(ブレグジッド)
英国の欧州連合(EU)からの離脱、自殺行為と評価するIMFやEU視点から語られることが多い一方で、離脱を選んだ英国の内情と英国のEC加盟当時の時代背景を振り返ってみたいと思います。

国連に次ぐ世界組織コモンウェルス有する英国

そもそも英国は島国であり、欧州の大陸文化(

もっとみる
マジで?俺も好きなんだけど(●´ω`●)
2

こんなに違う、イギリスとヨーロッパ大陸。Brexitとコロナ対策に見る”明確な差”【全文無料】

単なる文化考察なのですが、ニュースを見て「あれ?」って思われている方には面白いかと思いますので、書かせていただきますね。

わたしは上智大学でフランス語を専攻しました。「外国語学部」という分類ではあっても、実際に学ぶのは言語だけではなく、というか言語は単なる基本ツールであって、フランスの地理や歴史、政治、文化、芸術もろもろをギッチリ叩きこまれます。つまり卒業後すぐにフランスで違和感なく暮らしたりフ

もっとみる
ありがとうございます♪
41