【カトリック・ネット】「ジェンダー、共産主義の新しい形態」

2019年11月8日

スロバキアの前内務大臣であるVladimír Palkoが言うには「かつてのソヴィエト圏における共産主義者たちには、EUの構造のうちで偉大なキャリアを築いていくのに、何の困難もなかった」。Stiftung Zukunft CHのDominik Lusserによるインタヴューである。

ヴィンタートゥール発: ベルリンの壁崩壊以後の30年においてヨーロッパにおけるマルクス主義

もっとみる

『ヨーロッパから民主主義が消える 難民・テロ・甦る国境 』(川口マーン恵美)

EUにおける民主主義の問題とは?

EUの原点であるECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)は石炭と鉄鉱石を共同で管理しようというアイデアから誕生した。
エネルギー利権争いの回避という共通の目標に向かって誕生したECSCに経済や司法、などの協力体制まで乗っかってきた。「ヨーロッパは1つ」の合い言葉で大きくなりすぎてしまった。

構造的な問題は、EUを構成する主要7組織の間で「EUの利益」と「各国の利益」のど

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
1

オランダ・イギリス旅行 #4 憧れのケルン大聖堂

さて、ついに憧れのケルン大聖堂を見に行きます。なぜ憧れているかはわかりませんが、ある日突然「一生に一度は見てみたいな」とふと思ったのがケルン大聖堂です。
大学の夏休み、朝起きたら急に「伊勢神宮を見にいかなきゃ」と思って電車に飛び乗った日を思い出します。

ウィンターマーケットでお昼を食べたあと、ケルン大聖堂に向かいます。その手前にヴァルラフ・リヒャルツ美術館と香水博物館があったので売店だけちらっと

もっとみる

オランダ・イギリス旅行 #4 ドイツで本場のホットワインを飲む

オランダ・イギリス旅行といいつつ、一泊だけドイツのケルンにも行きました。

今後ドイツに旅行に行くとしても、ベルリンとケルンを一緒に回るのは難しいし、なによりケルン大聖堂を見てみたかったので、比較的近いユトレヒト中央駅からDBという高速鉄道でケルンまで移動しました。だいたい2時間くらいです(近いっ!)

鉄道のチケットはOmioというサービスで事前予約していました。スマホのアプリで予約を確認できま

もっとみる

日独比較が好きな日本人

日独比較が好きな日本人
日本の人はドイツとの比較が好きですよね。本当に多く目にすると思います。「日本とドイツは似ている」というのは第二次世界大戦で同盟関係にあったからなのか、製造業を得意とする産業構造のせいなのか分かりませんが、とりあえず日独比較の上で「ドイツにできてなんで日本にできないんだ」のようなロジックはよく目にします。正直に言って、日本とドイツが親密な関係にあった期間というのはその大戦中を

もっとみる

大丈夫か?日本の安定と平和|迷想日誌

新年おめでとうございます。令和2年がスタートしました。
今年は、働き方改革がさらに深化し、また新たな規制が作られることになるでしょう。
その働き方改革については、今年も進捗状況に対応して分かりやすい報道に努めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

最近気になるのは、海外情勢の大変化です。
とくに戦後長期間にわたり推奨されてきたグローバリズムが、主要国で次々に否定され、ナショナリズム

もっとみる
労働新聞社です。スキありがとうございます!
2

死刑制度 是か非か

死刑制度、あなたは賛成だろうか。反対だろうか。
私は賛成の立場をとる。ここでは私の1意見を聞いていただきたい。

まず、最近、麻原彰晃の死刑が話題になった。(この記事の初稿日は2018年7月17日)
それを受けて、欧州がツイッターにて「私たちは死刑制度に反対です。議論に参加しましょう」という旨のツイートを行った。結構炎上していたと思う。https://twitter.com/EUinJapan/s

もっとみる