欧州委員会のネット世論操作対策ガイダンス(European Commission Guidance on Strength…

2021年5月26日に公開されたこの資料は、EUのネット世論操作対策についてまとめたものである。その元となっているのは、ネット世論操作に関する自主規制のガイドラインである「Code of Practice on Disinformation」(https://digital-strategy.ec.europa.eu/en/policies/code-practice-disinformation

アダム・スミスが泣いている。アストラゼネカ・ワクチン大失敗の真因

つまらない日本の新聞 日本のメディアがダメなのは、物議を醸すようなことを書かないことです。以下の拙論でもふれましたが、いわゆる悪魔の提言ってやつができない。世論に、スポンサーに忖度し、自己規制し、結局どこも似たりよったりの記事になるし、日本語の曖昧さを好む性質も手伝い、明快で胸の…

+8

何かが違う・・・やっぱりちょっと違うイメージ…それじゃない感

ヨーロッパは観光客を呼び戻すためのルールを話し合う。

AP通信は2021年06月10日に、ヨーロッパでは、COVIDによる規制が1年以上続いていたが、アメリカ人やその他の観光客にも開放されつつある。しかし、誰が、どのように、いつ、どの国への入国を許可されているのかを知るには、旅行者にとって忍耐が必要である。 2020年03月以降、EU(European Union/欧州…

「コロナで加速するEU経済の分断」ドイツ エコノミスト マーク・フリードリヒ氏(全イン…

「史上最大の経済危機」の著者であるドイツのエコノミスト、マーク・フリードリヒ氏(Marc Friedrich)に再びインタビューさせていただきました。今回、フリードリヒ氏は新たに「史上最大のチャンス(The Biggest Chance of All Times)」という新著を刊行しました。パンデミックが経済にどのようなダ…

ドイツ総選挙、最後の前哨戦の読み方~緑の党は?~

結局、「危機に強いメルケル」は健在なのか 6月6日、ドイツ東部ザクセン・アンハルト州で投開票された州議会選挙はメルケル独首相率いる保守系与党、キリスト教民主同盟(CDU)の圧勝で幕を閉じました。今年9月に控えるドイツ連邦議会選挙を前にした「最後の前哨戦」として注目された選挙でした。9月の…

EU圏での便利なバスのお話

2020年2月〜3月 東ヨーロッパをふらふらしておりました。 EU諸国移動って、陸路ですごく簡単に、すごく安く行けるのです。 そこでオススメしたいのが FLiX BUS アプリもあって、予約も簡単◎ フリーWi-Fi付き!夜行バスはトイレ付き! そしてそして、なんといってもお安い。 わたしは アプリで購…

アメリカとの情報流通におけるEUの未来【Internet Bull Report】

欧州連合(EU)域内からアメリカへの個人データ移管を禁じるEUのプライバシーに関する決断を不服としたFacebook。しかし、申し立ては却下され成す術がない状況になっている。 EUの今回の決断に至ったのは、アメリカ政府の監視が市民のプライバシーを尊重していないかもしれないというEUの懸念によるも…

EU。ミャンマー国軍に、近く新しい経済制裁発動。

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2021年06月07日に、EU(European Union/欧州連合)のジョセップ・ボレル外交安全保障上級代表(Josep Borrell, High Representative of the European Union for Foreign Affairs and Security Policy / Vice-President of the European Commission)は2021年06月03日…

コロナとネット世論操作に関する欧州対外行動庁(EEAS)StratComsの一連の報告書(2)EE…

EEAS SPECIAL REPORTSは、2020年4月1日、2020年4月24日、2020年5月20日、2020年12月2日、2021年4月28日の5回発表されている。 なお、この記事に先立ってよりまとまったレポート(ただし1年前)(https://note.com/ichi_twnovel/n/n2dd286981531)を紹介している。 ●2020年4月1日 2020年4月1日のレポ…