𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)

ワールド・ミュージックとヘヴィ・メタルを中心に好きな音楽について書いています。アングラシーンから世界を獲ろうとしているミュージシャンが好きです。日常に溶け込む音楽が好きです。旅で出会う音楽が好きです。音楽は環境と不可分なところがある。だから音楽はバーチャルな旅でもあると思います。

𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)

ワールド・ミュージックとヘヴィ・メタルを中心に好きな音楽について書いています。アングラシーンから世界を獲ろうとしているミュージシャンが好きです。日常に溶け込む音楽が好きです。旅で出会う音楽が好きです。音楽は環境と不可分なところがある。だから音楽はバーチャルな旅でもあると思います。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    音楽ブログを書くときに考えていること

    ありがたいことにフォロワーも増えてきたので、「こういうつもりで書いているブログです」という説明を書こうと思います。まず、このブログ(note)は音楽ブログです。音楽のことしか書いてありません。 「音楽を語るのは建築を踊るようなものだ」と、アメリカのコメディアン、スティーブ・マーティン(サタデーナイトライブへの出演などで著名)が言いました。音楽批評に対して、「音楽とは言語化できないもの(なのに語るなんて)」であるというジョークだと僕は理解しています。言葉で語れるものなら、音楽

      • 日本文化大好きなスペインのハイパーポップ:アホローテスメキシカノス

        Axolotes Mexicanos、メキシコオオサンショウウオ(axolotls mexico:アホロートルメキシコ、のラテン語)、通称ウーパールーパー。そんな日本で人気の爬虫類をバンド名に冠したスペインのバンド。2012年に最初のデモテープをリリースしているので活動10年目か。ただ、学生バンドでスタートしているようなのでまだまだ若手ですね。アルバムデビューは2015年で現在までに3枚のアルバムをリリース。 MVからも日本文化愛が伝わってきますがアルバムジャケットもセーラ

        • ギリシャ語で歌う中国のブラックメタルバンド:Ὁπλίτης/Ψ​ε​υ​δ​ο​μ​έ​ν​η

          謎多きブラックメタルバンド、Ὁπλίτης(ホプリテス)。古代ギリシャの「重装歩兵」を意味する言葉です。”古代ギリシア世界の重装歩兵はホプリテス(複数形でホプリタイ)と呼ばれた。ギリシア語の「ホプリテス(ὁπλίτης、ホプリーテース)」という語は、「武具」を意味する「ホプロン(ὅπλον)」という語から派生したもの”だそう。アルバムタイトルの”Ψ​ε​υ​δ​ο​μ​έ​ν​η”はどうも「私は嘘をついた」といった意味の様子。発音は「プセイドミーニー」といった感じでしょうか(

          • 新しい音楽頒布会Vol.14 ジャーマンシンフォニックメタル、北欧オルタナティブメタル、イタリアングラムロック、フィンランドポップ、USインディーロック、東欧プログレ

            年末年始でしばらく滞っていたら新譜が溜まっていました。今回は6枚紹介します。英語4枚、フィンランド語1枚、英語とイタリア語が1枚。USからは一枚のみ、UKからはゼロで他は欧州各国から。それではどうぞ。 Beyond the Black/ Beyond the Black2014年にドイツのマンヘイムで結成されたビーストインブラック。シンフォニックメタルに分類されるバンドですが、ボーカルがガールズバンド(4人組のポップバンド、サフィール)出身のジェニファー・ハーベンを擁

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 究音室
            𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)
          • ライブレポ、コラム
            𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)
          • 究音室プレイリスト
            𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)
          • 音楽楽
            𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)
          • Road To Download UK
            𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)
          • アルバムレビュー
            𝔳𝔞𝔧𝔯𝔞[वज्र]-𝔦𝔡(ヴァジュライド)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2022年に買ったレコード

            2022年振り返りシリーズ。買ったレコードを振り返っていきたいと思います。音楽は基本的にストリーミングで聴きますが、特に気に入ったアルバムはレコードで買いなおしています。とはいえ、レコードの入手しやすさや値ごろ感もあるので気に入ったアルバムすべてを買っているわけではありません。年末に年間ベストアルバムの記事を書きましたが、あそこに入っているものもあれば入っていないものもあります。年間ベストアルバムの記事は「広くおススメしたいアルバム」達でしたが、こちらの方が「個人的なベスト」

            Babymetalの新譜”The Other One”(2022.3.24 Out)予想

            Babymetalの新曲が公開されました。 3/24にリリース予定のニューアルバム「The Other One」からの三曲目の先行配信曲。日本のメタル市場にとってメタリカの新譜と並ぶ今年前半の注目作です。この曲はかなりドラマティックでストーリー性が強い曲ですね。 今作は初のコンセプトアルバムになるそうで、その時点でもかなり物語性が強い。題材がプログメタルやシンフォニックパワーメタル的です。そこにジャパニメーション的なコーラスや音階、具体的には攻殻機動隊のサントラ(川井憲次

            Rina Sawayama / Hold The Girl Tour 2023@東京ガーデンシアター 2022.1.20

            Rina Sawayamaを観てきました。初単独来日公演らしい。フェスでの来日はありましたが単独公演は初。会場は有明の東京ガーデンシアター。 ショッピングモールや劇団四季シアターもある複合施設。広いですね。モールとシアターを繋ぐのがニ階部分なのに一階に降りてしまって大回りしました。広大。 中に入ると音楽出版社と並んでテレビ局からの献花が。出演番組か、テーマソング提供してるのかな。日本ではエイベックスがマネジメントしていたはずですがエイベックス色はあまり感じず。ツアープロモ

            高橋幸宏さんのこと

            不思議なことに高橋幸宏のことは「ユキヒロさん」と呼びたくなってしまう。桑田佳祐や山下達郎にはそんなことを思ったことがないのに。親戚のおじさんのような感覚。 僕にとってユキヒロさんはビートニクスの人だった。YMOはもちろん知っていたけれど、1990年代以前のJ-POPをムーンライダーズ(または鈴木慶一)中心史観で掘っていった僕にとって鈴木慶一とユキヒロさんのThe Beatniksの方が身近なアーティストだ。そこからソロ作品に向かっていった。 僕が好きなシリーズに犬をテーマ

            追悼ジェフ・ベック

            ジェフ・ベックが伝説になりました。実年齢を聴くと大往生という感じもしますが、かなり現役感があるアーティストだったので驚き。2022年もジョニーデップとアルバムを出してツアーもしていましたし、オジーのアルバムに客演して「音の存在感」を示していましたし。2022年のベストギターリフはジェフベックが弾いたこのリフだったと思います。ジェフベックの音色があってこその切れ味。 ジェフベックという人は「ギタリストなら知っている」アーティストだと思います。逆に言えば非ギタリストにはどこまで

            春ねむり ワンマンライブ ひとりでねれるもん! Vol.7@吉祥寺SHUFFLE

            春ねむりワンマンライブに行ってきました。誕生祭という位置付けらしくチケット代無料! そしてソールドアウト。吉祥寺SHUFFLEのキャパを見ると180人マックスのようです。 前回、北米ツアー前のワンマンイベントもかなり盛況でしたが今日は満員。春ねむりを見るのは4回目ですが、ほか2回の対バン形式のライブだとかなり空いていたのに。みんなどこから来たんだろう、謎。 アーティストのライブの客層を見るのが好きです。このアーティストのファンってこんな人たちなんだ、というのは現場でないと

            桑田佳祐年越しライブ@横浜アリーナ感想と新年の抱負

            あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 今年は桑田佳祐年越しライブ@横浜アリーナで年を越しました。 今年は紅白の企画が桑田佳祐(と同級生で組んだ企画バンド)でしたね。公演数日前に「演出の都合で開演時間を(21時30分から)22時にずらします」とのアナウンスがあり、開演前の会場アナウンスでも「今日はカメラが多いです」みたいな煽りがあったから「お、これは紅白生中継か」と思ったわけです。佐野元春やCharも観れるのか! とテンションが上がっていましたがライ

            2022年 HR/HM/プログレ系 年間ベストアルバム25

            年間ベストアルバムの季節ですね。ベストアルバムを選ぶ作業は1年を振り返る気がして好きです。いろいろな人の年間ベストを読むのも頭の中をのぞくようで面白い。そんなわけで僕も年間ベストアルバムを選びました。毎年ランキングは企画を考えていて、去年はベストヘヴィメタルアルバムとベストワールドミュージックアルバムを「各国1枚」づつ選ぶ、という企画で世界の音楽を広く紹介しましたが、今年はいわゆる王道の順位をつけるランキング形式です。 コンセプトとして「幅広くおススメできるもの」という基準

            大森靖子 超天獄ZEPP TOUR 2022@2022.12.20 Zepp Haneda

            大森靖子を観てきました。今年発売の新譜「超天獄」を引っ提げてのツアー。本来はファイナルになるはずが延期により初日になった羽田公演。 なんだかんだ大森靖子はコンスタントに観ています。今まで観てきたライブを振り返ってみたら下記の通り。googleカレンダーに予定を入れておくと後で検索できるのが便利。 2017.3 ロフトプラスワン(トークショー+弾き語り) 2017.4 恵比寿リキッドルーム(神聖かまってちゃんとのツーマン) 2017.6 マウントレーニア(大槻ケンヂ、ローリ

            新しい音楽頒布会 Vol.13 オルタナティブメタル、パワーメタル、メロブラスラッシュ、フレンチポップ

            12月になると大型リリースが減ってきますね。あとは年間ベストの季節になり、2022年の振り返りの時期になるようです。当ブログでも今年最後の頒布会。新譜を紹介するのは今回までにして2022年年間ベスト候補を聞き直したいと思います。 さて、年内最後は今週リリースの新譜は少なく「今年リリースされたけれど聞き逃していたもの」を消化しつつそこから3枚チョイスしました。 おススメ1:Alter Bridge/Pawn & Kingsオルタナティブメタルには「USで大人気だけれど日本で

            新しい音楽頒布会 Vol.12 プログフォーク、ヘヴィサイケ、レンベーティカ、アラビックフォーク

            今週はワールドカップ一色ですね。音楽もそれに合わせて今週は国際色豊かにUK、ドイツ、キプロス(ギリシャ)、アルジェリアの計4枚を紹介します。 おススメ1:Richard Dawson/The Ruby CordUKのオルタナティブフォークと呼ばれるシンガーソングライター、リチャードドーソンのセカンドソロアルバム。ドーソンは他にもいくつかのバンドに参加しており、Bulbils, Circle, Hen Ogledd, Khünntのメンバーとしても活動中。かなり多作なアーティ

            KISS@東京ドーム 2022/11/30

            観てきました、KISS来日公演。おそらく最後の来日公演になるでしょう。「これが最後!」で何度か引っ張るのはプロレスやロックの世界では常套手段ですが、KISSの規模でツアーを回るのはステージセットの運搬などでチャーター便も必要になるし、世界を回るため1回のツアーが数年がかり。年齢を考えると、以前やったように「ラスヴェガスで定期公演」とかならあり得るかもしれませんが数年がかりのツアーに再び出られる可能性をはかなり低いと思います。1977年から13回にわたって行われたKISS来日ツ