Mondgiro

読めない文字に出くわすと、ワクワクして、いつか読んでみたいと思う衝動あり(でも、積ん読と同様、往々にして読めないまま。。。) 田舎育ちなので、人のいない原っぱで雲や星を眺めていると、なんと心が安らぐことか。。。

Mondgiro

読めない文字に出くわすと、ワクワクして、いつか読んでみたいと思う衝動あり(でも、積ん読と同様、往々にして読めないまま。。。) 田舎育ちなので、人のいない原っぱで雲や星を眺めていると、なんと心が安らぐことか。。。

    最近の記事

    読書: #2 誤読のイタリア | ディエゴ・マルティーナ

    この五年以上 毎日 仕事関連以外に何かしらの活字を読むのを 自分に課したノルマ/習慣にしている の ですが 堅い本を集中して読めば 遅読が災いして脳内のフィラメント(もはや古語?)のどこかが焼き切れ 読書習慣自体がお釈迦になりそうな感覚に襲われるため 肩の凝らない軽めの本を 同時に/付け合せ的に読み進め バランスを保っている次第です。 コロナ騒ぎが少し収まった去年のある時期 近所の書店もどきの書棚で まだ暫く叶いそうにない旅行の疑似体験にと 日本や世界各地の観光本を立ち読み

      • 読書: #1a 心の仕組み(上) | スティーブン・ピンカー

        Steven Pinker氏については 言語学者(というか政治評論家の熱量が高い?)のNoam Chomsky氏関連の話題を目にするうちに名前を見かけるようになりました。 独特の風貌も相まり 華やかなイメージの学者さん、という印象です。 例えば『知のトップランナー149人の美しいセオリー』という 氏が発起人としてお題を出し、各界の知識人/科学者からの回答を元に編まれた書籍があります(=彼自身の回答も存在。)  主に科学的分野の視野を広げてくれるよいインタビュー集です。 そ

        • 学習: ドイツ語 #1 | 独検の昏い森 (Teil II. 独検一級 二次試験 1)

          一般的に マイナー試験のカテゴリに含まれるであろう 独検一級に対して どのように試験対策をするべきか? 例えば メジャー試験に属するであろう英検に比べ 圧倒的な情報不足なこの試験の出口に向けて あれこれ悩みながら足を進めたことがあります。 あたかも 昏い森の中に 懐中電灯で足元を照らしながら道を探すかのような ドイツ語巡礼者同胞?に向けた お節介な情報共有のため 何回かに亘り 駄文を連ねようと思います。 といいつつ 一介の学習者の視点で 独りよがりの記述をするのみでして

          • 学習: ドイツ語参考書 / 慣用表現 #1

            気持ちが伝わる! ドイツ語リアルフレーズBOOK (滝田 佳奈子 著)書店の立ち読みで気になっていたので 勉強に一区切り付いた後で購入した研究社発行の本ですが、非常にためになる内容でした。 そのココロは、、、、(死語): ドイツ語会話で使える短文表現が満載されているのは勿論、 勉強中につまずいてしまう素朴な文法系の疑問への解説がある、 当該慣用句の語義通りの訳が提示されている、 当該慣用句の意味的起源に言及がある、 等々の 造りの丁寧さにあります。 ドイツ人の教師をして

            学習: アフォリズム/ドイツ語 #1

            Edmond et Jules Huot de Goncourt”Niemand auf der Welt bekommt so viel dummes Zeug zu hoeren wie die Bilder in einem Museum.” ドイツ語授業のテキストに記載されていた これ の意味が取れなかったんですが よくよく読むと 絵自体を擬人化しているわけですね。 wie を副文文頭の関係詞と取るなら 副文を閉じる動詞が見当たらないし、、、、と 判じ物だったので

            音楽: Jazz #1 | Pasquale Grasso - Solitude (Official Video) ft. Samara Joy

            収録は一年ほど前のものらしいこのClip。 元々 Grasso氏のギターソロを起点に見つけた。 Pat Methenyに激賞されているらしい彼のギターの腕前はさることながら 聞く度に 太く静かなVocalの響きが とても耳に残るようになった。 調べてみると 二十代半ばに満たないこの若き歌姫はその溢れる才能で業界を沸かせていることがわかった。 確かに Samara Joy の名前はどこかで聴いたような気が。。。 最初の一節 音が震え始めたところで 早々と彼女の声の別格さに

            競技: フットボール #1 | オシム監督追悼試合

            休日なのに冷たい雨の中 濡れ鼠で力仕事をして滅入っていた後 シャワーで気分を変え 頭も換気をしようとTVのリモコンを操作していたら たまたま イビチャ・オシム監督追悼試合が映った。 試合は2007年頃のオシムジャパン当時のメンバーと当時のJEF Unitedのメンバーが ともにオシム氏指揮のもとに 前後半夫々30分の特別試合を行う建付け。 多くのメンバは引退して久しいようで いい歳相応の恰幅をしている。 両チームともに 隣り合う選手と談笑しながら入場し 年輪を重ねた競技者

            音楽: Iran #1 | Shervin Hajipour - Baraye ...

            BBCのニュース番組 IMPACTの中の或るインタビューでIranの反体制派が精神的支柱とする曲をColdplayがサポートしていることを知った。 *Coldplayについては自分個人はあまり関心がない。 Coldplayのこのコンサートは南米BuenosAiresで開催されている様子で 歌う女性はFranceに亡命中のIranの有名女優、後ろに映る映像の歌い手が原曲の作曲者らしい。 上の動画だけだと StingのDesertRoseのように中東風の憂いを帯びたメロディと

            雑記: ドイツ #1 | Adventskalender

            アドベントカレンダーのお題が募集されていた、という理由だけの 朴訥な投稿です (noteの中の人の思惑も知らず。。。) この季節は やはり『これ』でしょう。 はい 年甲斐もなく 柄でもなく キリスト教信者でもないんですが 本能的に好きなんですよ。 厳冬のヨーロッパの中にひっそりとある この ほのぼのと温かい欧州人の価値観が なごみます。。。。 アドベントに始まる24日分 一日一つの窓を開けて このジオラマを構成するPlaymobilのパーツをひとつづつ取り出していく商品仕

            音楽: Ambient #1 | Chris Wells - Quiet World, Pt.1 and 2

            数年前に録り溜めた 「TBS 世界遺産」 を再生していると ビクトリアの滝周辺の豊かな草原地帯でのんびりと草を喰む キリンの親子とサイの親子のシーンで 流れていたBGM。 どんなバックボーンのComposerなのかは 生憎 情報に乏しく Ambient音楽に分類するのが妥当なのかも 自分の見識に自信がない。 少なくともBrian Enoのそれとは違うものだとは重々理解しているが。 これらが収録されているアルバム -- Simplified -- 全体を通し 鎮静効果がある

            時事: ロシア #1 | Der Russische Patient / ロシア人の患者

            毎週のドイツ語の授業で 先生がDer Spiegel誌から選定された記事を読んでいます。 先生は特にドイツの政党政治に関心が高く、内部事情に疎い自分は その手の内容にあまり興味を持てないことが多いのですが この記事(Der Russische Patient)は プーチン前後のロシアとウクライナへの侵略について 紀行文の体裁をした短編小説を思わせる運びで その味わいが自分のアンテナで検波しやすいものでした。 ドイツ語原文は流石にネットには見当たらないだろうし、無断の複写転載

            言語: Media/ドイツ語 #1 | BR24 -- Nachrichten

            2010年頃まではドイツ以外の国でInternet経由のドイツ語ライブオーディオニュースを聴くことが 提供側の何かの理由でできなかったように記憶している。 *記憶しているだけで事実かは不明。あくまで自分の不勉強故かもしれない。 Podcastのように 事前録音済のコンテンツなら当該放送局のWebsiteからDownloadできていたが 速報性が無いことは言うまでもない。 例えばDeutsche Welle (DW)は以前から良く利用している。 もちろん学習視点なら速報性がな

            オートバイ: カスタム/BMW #1

            Cherry's Company | BMW R nine T お金がないので専ら見るだけのカスタム車好きなんですが この造形と発想力には言葉を失ってしまいます。 海の哺乳類みたいな美しさ。。。。。 ここまでのアルゴノミクスに溢れるデザインは採算性を脇に置けるカスタムビルディングならではの達成なのでしょう。 というより BMW社内では これ 大胆すぎて稟議が通りませんわね。。。 もっとも 最近の日本メーカー寄りなデザインはさておき BMWのゴツゴツした直方体デザインは会社

            音楽: Brasil #2 | Yamandu Costa e António Zambujo - Tristeza do Jeca (Tasso De Oliveira)

            Yamandu氏のギターに良く合う歌唱。 ファドの人なのね。

            学習:ポルトガル語 #1

            学習目標の設定 語学を確実に身に付けるためにはその言語の検定試験のレベルを下から登っていくのが王道と思っている。 でもポルトガル語については検定試験の数が限られていたり 受験地が京都のみだと前から聞いていたので ずっと腰が引けていた。 色々あって下調べにもようやく目処がつき やや安心。 慣れてる欧州基準じゃないと、落ち着かないからなぁ。。。。 あとはやる気さえあれば 長年の宿痾だったこの領域に向けてしっかり足を踏み出せそうな気がする。ただ、この世界では京都天動説が支配して

            音楽: HipHop/Rap/R&B #1

            Drake - Passionfruit 抑制の効いたところがなかなか痺れる。 UKのバンドにカバーされてるやつ(↓)のほうがVocalがしっとり伸びやかだけどOriginalに敬意を表そう。 訂正: こちらUKでなくUSのバンドなのね。 Vocalさん、上手いなぁ。