読んでくれてありがとうございました!SNSでのシェアも歓迎です。

月経困難症、ピルをやめる

【MOTHER AYURVEDA SCHOOL】では、講座の前に「変化のシェアタイム」があります。そこで、さらっとピルを辞めた話をしました。

 私、長年、低用量ピルを飲んでいたんです。きっとこの記事を見られている方の中にも、ピル服薬中や服薬を検討中の方がいらっしゃるかもしれません。悩んでいる方のお役に少しでもなれたら…と思い、実体験から「ピルのメリット・デメリット」を綴ります。

1 ピルを始め

もっとみる
スキいただきありがとうございます!
12

【私は強い】自分が強い女性だと信じること。

『ピル飲んでるとか生でやりたいだけのやらしい女』

『自分でコンドームを持ってくるとかセックス好きのエロい女』

女性が自分自身の人生、体、心を守るための手段を。

大好きな人と安心して愛しい時間を送るための手段を。

いやらしい、だらしない、エロい等というようなネガティブイメージで捉える男女が少なくありません。

少なくありませんではないですね。

多いです。

とてもとても多いです。

私はこ

もっとみる

なぜ、子どもを産むのか。

子どもが産まれてくるとき、その親や周囲の人が「おめでとう」と言っている。本当に、おめでたいことなのだろうか。人生を楽観的にみることができず、苦しいものと思っている人にとって必ずしも出産は祝福できる事ではない。もしも、人間が生まれてくるということが本当に祝福されるべきことなら、私もそれを実感し、まだ見ぬ子どもたちの出生を心から祝福したい。

 子どもをなぜ産むのかというところから始まり、男女間で話し

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
4

日比野の妊娠#2_1%の命

避妊率98〜99%
そんななか生まれた命

はじめに

こんばんは
日比野です。

青天の霹靂だった
妊娠発覚。

本当に思い当たる節は
なかったのか。

唯一の思い当たる節

産婦人科へ
病気を疑い受診しに行った日比野。

妊娠9週という事実から
導き出される
だいたいの受精日。

いや、やってねー。

だいたい
その月は仕事が忙しかった。

コトをする気も起きないし
コトをする時間より睡眠だ。

もっとみる
ขอบคุณ ค่ะ!

私と生理とピルと母親

こんにちは。たすくです。2回目のnoteは生理とピルとセックスについて書こうと思います。

超個人的で超デリケートな話ですが、生理のことがもっと気軽に話せる世の中になって欲しいなあと思い書きます。女性も男性も、性別問わず見て欲しいです。

私の初潮は小学校5年生くらいだったと思います。もう保健体育の授業では生理について習っていて、周りの友人も生理が来ていたので「やっと私にもきたか」という感じでした

もっとみる

その避妊法だと、妊娠するかも? 確率の高い正しい避妊方法について

妊娠を望まない状態でセックスするときには、『避妊』が必要です。

そうわかっていても、知識があやふやなまま行ってしまったり、間違えた避妊法を覚えていたりする場合もあります。

また、やり方は正しかったとしても思わぬアクシデントが起こって、結果的に妊娠してしまうことも。

避妊にはさまざまな方法があり、その避妊できる確率もそれぞれ。

よく知られている方法は、「コンドーム」の使用や「ピル」の服用です

もっとみる
スキありがとうございます。
5

望まない妊娠を減らすために。

日本でメジャーな避妊といえば。

コンドームですよね。

日本では、とても絶大な信頼を誇る、コンドーム。

コンドームさえつけとけば、OKでしょ!みたいな感覚の人、多くいますよね。

コンドームの失敗率、って、何パーセントか知っていますか?

なんと、15%。

普通に使えば、15%なんです。

完璧に理想的な環境で、一度もミスなく、適切につけられた場合だと、失敗率は2%まで下がります。でも、コン

もっとみる

少女たちは、1万円の薬を買えたのだろうか

緊急避妊薬、というものがある。

緊急避妊薬。アフターピルとも呼ばれるこの薬は、避妊に失敗した時や性被害にあった時に、72時間(3日)以内に内服することで、約80%の確率で妊娠を防ぐことができる。

望まない性行為や妊娠から、女性が自分自身の身を守る、数少ない、おそらく唯一とも言って良い手段だ。

この緊急避妊薬が日本で認可されたのは2011年。たった9年前だ。

日本初の緊急避妊薬「ノルレボ錠」

もっとみる
お読み頂きありがとうございました。
24

女性がコンドームを準備する。

セックスにおいて全ての女性は、もっと主体的に自分を守るべきです。

妊娠は、男性、女性のどちらか一方のみでは成立しません。
必ず精子と卵子がどちらも存在するからこそ成立します。

ですが妊娠した後、赤ちゃんをお腹で育てるのも、産むのも、女性です。

妊娠が成立した後は、女性が一心に妊娠という大きなイベントを背負いこみます。

妊娠は女性の人生にとってとてもとても大きな、神聖な、美しい、そんなビッグ

もっとみる