紹介は貢献!

紹介は貢献!

こんばんは。西田那奈です。 最近素敵なお友達から、お店や人などご紹介いただくことが多く、本当にありがたいなと感じます。 女性であれば、ネイルサロン、美容室、脱毛など美容に関する話題はいつも尽きません。 情報交換は常にしていますし、それが楽しみでもあったりします。 今コロナ禍の状況でお店やサービスも変化している中でホームページやネット上では得られない情報がたくさんあります。 だからこそ自分自身も足を運びますし、そこで実際にお金を払ってサービス受けることで感じる価値や、

6
任せる

任せる

 「人に任せる」。 やっている活動が一人親方的な分、どうしても全てを自分でこなすことが是であり、その方が省エネで話が早いという気持ちをずっと持っていた。もちろんその根本は今も変わってはいない。 ただ、最近はそうしたものを手放し「できないことは人に任せる」ということが増えてきた。 人に任せる気持ちを認めると、心に余裕が大きく生まれる。余裕ができると、今のことに精一杯になるだけで終わらず、先のことを考えた動きが取りやすくなる。そして「自分に何ができて何ができないか」の判断軸

4
自作自演の人生

自作自演の人生

今、私たちは「幸せになりたい」という「錯覚」から目覚める時が来ていると思います。 実は「幸せになりたい」というのは錯覚なのです。 なぜならば私たちは常に「幸せ」でしかいられないから… 「現実とは魂が見てる夢だ」とバシャールが言っておりますが、この世は仮想空間なんです。 今、あなたがスマホだと思ってるものは「ただのエネルギーの塊」を「スマホ」と錯覚してるだけ( ̄▽ ̄;) あなたを取り囲む全て、あなたの肉体や精神でさえも、全てはエネルギーなんです。 なので真実が見える

2
モテる人は義理人情を大切にする粋な生き方をしている!!

モテる人は義理人情を大切にする粋な生き方をしている!!

みなさんこんばんわ〜🌛 前回の記事で、仕事の頑張る理由が貢献のステージにいる方は最高に魅力的だという内容をシェアしました😆 その際に成功されている経営者の方から言って頂いた言葉も紹介させて頂きました😚 https://note.com/kunitaka1992/n/ne888da3b0338 そんなかっこいい経営者を育成、輩出しまくっている方がいらっしゃいます😊 それがワクセル主催の嶋村吉洋さんです🥳 ワクセルとは、さまざまな業界で未来を切り拓く著名人や実業家、クリ

8
カッコいい職業観、仕事観!!仕事をする理由には段階があった!!②

カッコいい職業観、仕事観!!仕事をする理由には段階があった!!②

みなさんこんばんわ〜🌚 今回は前回に引き続いて仕事に対する頑張る理由には段階があるという内容でシェアしていきます💁‍♂️ 前回紹介した④までの理由を満たすと、この後紹介する理由に初めて到達します🔥 なんかRPGの伝説の装備みたいですね⚔ 滑りましたね🤣笑 それでは⑤の理由は、、、 ⑤貢献 このステージで仕事されている方にお会いした時には、魂が震える感覚になります👻笑 経営者の方の中には多いのかなと思います😃 自分がかっこいいと思った複数事業を持って本も出版されている経

5
スポーツを見る視点と仕事への活かし方

スポーツを見る視点と仕事への活かし方

こんにちは!和風会メディカルフィットネス事業部の神谷です。 今日は日曜日なので、少し仕事から離れた話題を。 今はやっぱり私はオリンピックが気になります。 スポーツが好きな私にとっては、日々行われているスポーツは気になるニュースの一つです。 最近は、息子が野球をやっていることもあって、NPB、メジャーのどちらもダイジェスト番組を見ています。 ピッチャーはどうやって投げていて、バッターはどうやって打っているのか。 空振りとヒットで、違いはどこで生まれるのか。 休みの

8
心を込める大切さ

心を込める大切さ

こんにちは!和風会メディカルフィットネス事業部の神谷です。 昨晩のオリンピック開幕式はご覧になりましたでしょうか? 私は選手入場で「ドラゴンクエスト」のテーマが流れたときに、様々なことが胸に去来してジーンときてしまいました。 大会開催のために準備に奔走されたみなさまは、特にこの2年間は本当に困難続きだったことと思います。 心を込めることの大切さを見た気がしました。 仕事や日常生活も同じですね。 心がこもっていることとそうでないことというのは、人は結構敏感に感じ取り

8
誰も手を挙げなければやってみる価値はあります。誰もやりたくないことをやることであなたの経験値が増えていきます。成長したいなら誰も手を挙げないことに手を挙げて挑戦しましょう。やりたがらないことをやれば他人に感謝もされるようになり、新しいチャンスがやってきますのでトライしましょう。

誰も手を挙げなければやってみる価値はあります。誰もやりたくないことをやることであなたの経験値が増えていきます。成長したいなら誰も手を挙げないことに手を挙げて挑戦しましょう。やりたがらないことをやれば他人に感謝もされるようになり、新しいチャンスがやってきますのでトライしましょう。

8
幸福論(2) 組織の中で幸せを感じるには

幸福論(2) 組織の中で幸せを感じるには

前項、幸福論(1)では、脳科学の視点から、幸せを感じるための基礎的な枠組みを述べました。今回は特に「組織の中で幸せを感じるには?」について考えたいと思います。このブログを読んでいただいている人の多くが、企業や役所、学校、病院など組織の中で働かれていると思います。そういう組織の中で一日を過ごしている人たちはどうすれば幸福を感じ取れるのか?この問題について今から100年も前に深く洞察したのがオーストリア出身の精神科医アルフレッド・アドラーです。ここでは、早稲田大学人間科学学術院の

4