僕はてんかん。人生、初の。。。

僕の決断。

それは

。。。

。。。

。。。

ラジオに出演すること‼️

そこで、自分の持病

『てんかん』のことを公表することでした。

バンジージャンプよりも怖い。

自分をさらけ出すこと。

そのために『主催』という役割を自らが選んだこと。

そこまで、いろいろイベントに向けて動きました。

あと、イベント、講演会当日まで一か月という段階で、なんと‼️

参加人数 30人ほど。

もっとみる

顧客をハッピーにすることがモットーです。

今の時期に業績を維持できてる企業は、「顧客をハッピーにすること」がモットーになっているのではないでしょうか。

サラリーマンだと、直接的に顧客をハッピーにする機会に恵まれていない方も多くいらっしゃると思いますが、私の場合は、職業柄、機会に恵まれていますので、顧客をハッピーにできたら、直接感謝されますので、私もハッピーになります。

それが、当社の社員のモチベーションの大部分を占めていると思います。

もっとみる

貢献するということ

他者への貢献って何ですかね?

って聞かれました。

色々ありますよね、貢献するって。
ある物事や社会のために役立つように尽力すること ですから。

最大の社会への貢献って

自分自身が心身ともに健康でいること!

だと思うんです。これって結構忘れがち。でも考えてみて、自分が体調悪かったら周りの人へ気遣いする余裕も無くなるし(むしろ気を使ってもらうことになる)、不安とかイライラとかあったら、そんな

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
17

大好きなゴリパラ見聞録のグッズを購入したぜ!【福岡のお笑い番組】

福岡のテレビ西日本で放送中の旅ロケバラエティ「ゴリパラ見聞録」
CSフジ(スカパー)が見れる環境なら全国からも視聴できる番組だ。

番組内容については以前紹介した

こちらの記事へ↓↓↓

日常まとめマガジン↓↓↓

ゴリパラ見聞録

7年くらい前に偶然CSで見てから、この番組が好きで好きでたまらない画伯ちゃん。
爆笑の連続ではなく、くすぶったものを抱えた人の心を癒すような笑いを届けてくれる。

もっとみる
わーん!ありがとー!!!!!
45

「自分より若い人」の活躍を眺める世代に入っていた

今日の朝の「スッキリ」では
若者の間でバズった歌、「香水」を生み出した瑛太さんが出演していた。

実はちゃんと「香水」を聴いたとはその生出演ライブが初めてだったのだけれど、なんとびっくり、観終わって数十分後には自然と口ずさんでしまっていたのだ。中毒性の高い、癖になるメロディと歌詞だった。

そして更に驚くことに、この方は23歳だったのだ。同い年、いやもしかしたら学校であれば後輩なのかもしれない。

もっとみる
ありがとうございます!今後もよろしくお願いします!
11

うまいのは
わかったよ☺️

アナタの『うまい』は
何をを生み出し
何を、どんな人に
どんな形で与えられる
与えられた人は
どう動いていくのか

自分の持ってるモノを
貢献する
与える

そのコトを実現に
変えていかないと

プロとしての一歩すら
立ててないと
個人的に思う

感動🌈アナタと1つになれた気がして✨
12

「貢献」が人との関係で大切なポイント!

毎日頑張ってる皆さんへ

いつもありがとうございます!

昨日の出来事。

昨日、私は、大事な文章を打って編集するパソコン作業をしていました。

もともと、アナログ人間でパソコンはあまり得意ではない私…。

それでも、これからの時代や子育てをしていく中で、パソコンを自分も使えるようにならないといけないなぁと薄々感じていました。

自分からは、パソコンを触ることなんてたぶん絶対しない私。

この作業

もっとみる
嬉しいです!
9

そうだ、献血行こう

昨日のお出かけで少し元気が出た。またまた外は雨だがらちょっと動いてみよう。催促されてる報告書はあとでいい。

そうだ、献血行こう。

受付しているうちに、ヤフーニュースで山本寛斎さんが亡くなったと速報が流れてきた。白血病だったんだ。輸血とかしたんだろうな。私みたいなヒネくれ女の血液でも役立つのなら、それはかなり嬉しいことだ。

献血でも何でも社会に貢献した分、社会での居場所ができるかもしれないよね

もっとみる

てんかん発作。葛藤を抜け、そして道が開かれる

2003年。

春頃から。
一連の騒動から、闇とどん底を抜けて。

僕は、生きる。
生かされている。

じぁ、この命が後悔しないにはどういった選択したらいいのか。

自分自身が喜ぶ選択はなんなのか。

それを選んでいきます。

その一つが、プライベートでは音楽。

そして、お仕事。

なんと、『看護師』を目指します‼️

命を救って頂いた、医療業務に貢献、恩返しをしようと、まずは、准看護師の専門学

もっとみる