わたしの視線のその先に。

わたしが

みているあなたは

みんながみている

あなたとは違う。

静かでいて激しく

無垢な極彩色。

華やかで孤独

なぎの海の岸辺

拙い波に鳴る小石

わたしのみている

あなたは

ひどく愚かで

それ以上に知的。

世界中の誰よりも

わたしは

あなたをみつめている。

みきはすき。

すきまがすき。

もっとみる
スキ!ありがとう😊
3

【動画】癒しの歌vol.3風

名詩に旋律をのせて、日本語の歌を作っています♪
谷川俊太郎先生の流れるような詩に合わせて、今回はさわやかな感じの曲になりました^^
歌う活動はまだまだ難しいですが、今可能な方法で、最大限できることを考えた結果、このような形になりました。安全な場所でお楽しみいただき、少しでも皆様の癒しになれましたら幸いです。
動画編集始めたばかりですが、少しずつ慣れてきて結構いろんなことが出来るようになりました。楽
もっとみる

Thank you! 良い事がありますように^^

シェーカー(楽器)を作ろう、五月の空に

半世紀ほど前に、谷川俊太郎氏が歌った詩を、
あなたの五月に贈ります。
「五月の空に」
May, May Day―
私はそれを落第生のように、
・・・してもよい月と訳す。
生きていてよい月、五月、
喜んでよい月、
哀しんでよい月、
希望をもってよい月、
愛してよい月、五月。
その寛大な五月が、
その日から始まっていた。

谷川俊太郎著「散文」所収 「五月の空に」

家族孝行とは人に成り続けること《備忘録》

こんにちは、マサラチャイです。

家族孝行ってなんだろう。
自粛期間中、そんなことを考える時間がありました。
祖父祖母や父母がくれた愛情に対して、いったいどれだけの恩が返せるのでしょう。

欲しい物を買ってあげる?
同じ時間をできるだけ過ごす?

それも一理あるけれど、何か欲しい物があるかを聞いたとしても、「あなたが元気に帰ってくれば何もいらないよ。早く家に帰っておいで。」と言うのでしょう。
わた

もっとみる
とっても嬉しいです。ありがとうございます♡
5

【動画】癒しの歌vol.2 今はバラ色が好き

自粛期間が明けましたね。いかがお過ごしでしょうか。明るい未来を願って、あかるい曲の動画を紹介させていただきたいと思います^^♪
第2弾となる今回も谷川俊太郎先生の詩に作曲をさせていただき、かわいらしい感じに仕上げてみました(大好きなイラストレーターさんのフリーイラスト他、フリー素材をいくつか使わせていただいています)。物語のような形になっておりますので、最後までご覧いただけましたら嬉しいです(*^
もっとみる

Thank you! 良い事がありますように^^

【20200524】1.少しずつでも確実に進んでいるものがあると嬉しい

1.少しずつでも確実に進んでいるものがあると嬉しい
ブログ作業2日目。
息子を親にみてもらったりして時間をつくり、なんだかんだ5時間くらいやっていたけどほとんど進まなかった。
でもその分、確実に押さえるべき手順は踏んでいる感覚があるし
昨日まで出来なかったことができるようになっている感覚はやっぱりうれしい。

2.夢の中でじいちゃんに「だいじょうぶ」と言われた
戦争を体験して、事業を何度も立ち上げ

もっとみる

春に

少し前ですが、今年、このような状況ですから、卒業式や入学式に出られなかった方々がたくさんいらっしゃるわけですが、そのような方々を歌でお祝いしようと、102人の若手〜中堅のクラシックの声楽家によるリモートコーラスの動画を作る企画にお声がけ頂き、歌わせて頂きました。

我々の歌が、これを聴いて下さった皆様、特に若い方々に、癒しや勇気を少しでも与えることの一助になることができれば、これほど嬉しいことはあ

もっとみる
スキを押して頂き、誠にありがとうございます!
4

~詩をじっくり味わう。ことばを語感でたのしむ。~【わお!×詩のソムリエ 渡邊めぐみ】イベント 体験レポート

最近、詩に触れたのはいつでしょうか?
国語の授業までさかのぼる人も多いのでは。

わたしも、詩といえば一行ずつ朗読する(なんともたいくつな)時間・・・というイメージが強かったのですが、ワークショップでその印象は一変!

「ことば」というお料理を前に、
食卓を囲むような、ゆるやかで温かい時間。
みんなでことばを味わうこと、楽しむこと、表現すること。
ひとことでは表せない、幸福感がありました。

今回

もっとみる
スキの分だけ、世界にしあわせを届けます。
27

札幌に「俊カフェ」ができてから (2)

兎ゆうさんによる「絵本と詩の朗読会」に続いて毎月の開催を決めたのは、スヌーピーについてのお話会です。私が主に読んでいる俊太郎さん作品は詩や絵本なので、ピーナッツについてはかなり疎い状態。そこに、マニアと呼んで差し支えないであろう「ともくん」と言うお客様が現れました。話をすればするほど、ピーナッツ愛を感じます。そこで、スヌーピーについてファンが集まりおしゃべりをする時間を設けていただきました。

もっとみる

札幌に「俊カフェ」ができてから (1)

3月末、俊カフェオープンまでのことを綴らせていただきました。

その後、コロナ禍で活動自粛要請が出たり、あちこちの店が閉まり、イベントなどもどんどん中止、延期となっていきました。

店を開けられないなら、店の中がわかるものを…と思い、通販サイトを開設しました。店の休業中も注文への対応をしたり、編集の仕事をしたり、ここを乗り越えるための資金繰りに奔走したりもして、気づくと5月も後半となってしまいまし

もっとみる