試乗記

AQUA(トヨタ アクア)

AQUA(トヨタ アクア)

おはようございます、渡邉孝典です。 今日は先週発売のAQUA調査試乗レポートです。 現役自動車設計者が独自の視点でレポートします。 雑誌にはないマニアックな視点でのレポートです。 結論、飽きのこない自然な車です。 概要10年ぶりのフルモデルチェンジでTNGAプラットフォーム ヤリスと同じです。HV専用車でサイズは変わらず エンジンとHVユニットは最新式です。外観は昔の面影を 残しつつ、なんか女性的な柔らかさです。 外観フロント周り ヤリスと違い柔らかな面構

スキ
2
日産SKYLINE 試乗レポート

日産SKYLINE 試乗レポート

こんばんは 今回は日産SKYLINEのプロパイロット2.0を体験してきました。 たまたまメルマガを登録しており試乗でも面白そうな 体験を目にしたので申し込みしました! 動画の撮影も快く承諾してくださり感謝しかありません。 日産車をより多くの方に知ってもらう企画で 先進技術を一般の方が体験できることは素晴らしいと思いました! 良かったら動画を観てくださいね。

ホンダ N-ONE RS (6MT)は果たしてかわいいのか

ホンダ N-ONE RS (6MT)は果たしてかわいいのか

ホンダの大ヒット作、N-BOXを筆頭とする軽自動車シリーズのNシリーズのN-ONEがフルモデルチェンジを行ったのは記憶に新しい。そのフルモデルチェンジでほとんどデザインコンセプトを変更しないという驚愕をもたらしたのだが、スポーツカーファンとして気になったのは、S660を据え置く形で登場した6MTを搭載したRSグレードの登場だ。今回はそんなRSグレードへ試乗してみることとした。 そもそもNシリーズのコンセプトは軽自動車でありながら普通車に匹敵するクオリティを与えることで、従来

スキ
2
ヤリスHV、1,200kmランで感じた自動車の進化

ヤリスHV、1,200kmランで感じた自動車の進化

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている新型ヤリス 元々ヴィッツの海外名だったヤリスを統一しただけで、要するに新型ヴィッツです。 しかし、新型ヤリスは初代ヴィッツが登場した時と同じような驚きを今回体験できました。 北海道を舞台に1,200kmのドライブでのレビューをご報告させていただければと思います。 ①試乗車輌 【カタログスペック】 ヤリスハイブリッドX 4WD(E-Four) エンジン:M15A-FXE 排気量:1,490cc エンジン出力:91ps フロント

スキ
4
ロードスターRF 試乗記 ~後編~

ロードスターRF 試乗記 ~後編~

~こちらの記事は前編からの続きになります。まだ前編を見てない方はぜひそちらからご覧ください~ そして、私はギアをドライブに入れて車を動かした。そのロードスター然とした運転席の眺めに思わず左足を動かしたが、この車はATである。 こうして動かしてみると、MT車のクラッチミートにはエンジンとの呼吸を合わせるという楽しみがあったのだなと気づく。人馬一体に則って表現するなら、右足でエンジンに鞭を入れつつ、左足でそのご機嫌を伺いながらクラッチを繋ぐといった具合だ。 スロットルやブレ

スキ
4
NEW GOLF 8調査(追記)

NEW GOLF 8調査(追記)

こんばんは、渡邉孝典です。 少し思いつくとこがあり、追記しました。 今日は先週日本にやってきた、VW GOLF8調査レポートです。 実際に見て、触って、運転した内容で記事にしてみます。 雑誌ライターではなく、自動車好きの記事です。始まります! 概要 VW GOLF 8 は8年ぶりのフルモデルチェンジです。  アンダボディーはMQBプラットフォームを使い、  アッパボディーはフルモデルチェンジです。  エンジン1.5LはEVO 4気筒 、1Lは 3気筒 ポロと同

スキ
2
Change the my carlife 13 アルピーヌ編~愛車を探す試乗記

Change the my carlife 13 アルピーヌ編~愛車を探す試乗記

BMWミニから始まったパイクカーの波。今ではルノーアルピーヌまでその波は届きました。アルピーヌルノーと言えばスーパーカー世代には響く言葉で、心揺さぶられます。BMWのM、ベンツのAMG、スバルのSTI、トヨタのGRのようにルノーにとってアルピーヌがその役割を担うようになるようで今年からF1にも参戦したネーミングです。アルピーヌとはアルプスの山道に由来するそうで、アルペンのワインディングロードを想起させるそのネーミングをあらためて聞くとヘリテージあるブランドだと感じます。 店

スキ
2
Change the my carlife 12 フィアット・アバルト編~愛車を探す試乗記

Change the my carlife 12 フィアット・アバルト編~愛車を探す試乗記

いつかはスポーツカーに乗りたい。。そう思っているのですが実はフィアットアバルトなんかがその正解なのではないか…と。チューンされたエンジン、足回り、排気音なんかも刺激的。エアロパーツで武装された外見はもはやスポーツカー。ホットハッチの域を超えているわけです。爺さんがアバルトなんか乗っていたら格好良い。そんな年のとり方も良いななんて。 期待に胸を膨らましていざ試乗です。思っていた以上にサイズは小さいですが、エンジン音はやはりアバルト。ブロボロいって高まります。ところが、走り出し

Change the my carlife 11 スズキ編~愛車を探す試乗記

Change the my carlife 11 スズキ編~愛車を探す試乗記

ツーリングワゴン系の試乗をして来ましたが、ワゴン以外にも気になるクルマはもちろんあるわけで、この機会に試乗してしまおうと思うので引き続き試乗記を綴っていきたいと思います。 またしても!写真を撮るのを忘れてしまったのでカタログ写真で申し訳ありませんが、今回の気になるクルマはスイフト。先代から気なるクルマでして、ヨーロッパをメインマーケットにしているクルマなので思いのほか良いクルマなのではないかと気になっていたところ、TV愛車遍歴などでも高評価を得て確信に変わりました。ならばこ

スキ
3
メルセデスベンツ W202 C200 試乗記

メルセデスベンツ W202 C200 試乗記

メルセデスベンツ。このメーカーは世界で最も高級車ブランドとして名高いブランドだ。とはいえ、このメーカーほどその魅力が分かりにくいメーカーは他にあるだろうか。例えば、BMWの最大の魅力はその走行性能だろうし、アルファロメオの最大の魅力は官能性だ。こう考えてみると、メルセデスのクルマは何がいいのか分からない。安全性が高いのはボルボもそうであるし、走行性能だってBMWというライバルがいるではないか。ではなぜメルセデスはその地位を保てているのだろうかというのは私の中での長年の疑問の一

スキ
11