ホール・ニュー・ワールド

こんにちは、むっくです。 ちょっと、ディズニー色強めのタイトルです。 ホール・ニュー・ワールドって、全く新しい世界って意味があるそうです。 皆さんそれぞれが見ている世界と、僕が見ている世界は、全く違うものだと思います。 経験や、価値観の違いからも見え方は変わってくると思いますし、…

#3_【長期or短期】事業開発の視点について

長期的な本質的価値の追求?短期的な業績の成長? 事業開発を担当していると、長期的な視点と短期的な視点のどちらも求められます。 しかし、短期的なアクションが長期的な成長に繋がるとも(少なくとも非連続な成長を目指すなら)言い切れず、短期、長期の視点の切り替えやフォーカス方法について悩ま…

よしなしごと

他者には、世界は何色に見えているのだろう。 目の前の空は、何色? そもそも、「青色」と定義してる色も、人によって違うのかな。 小学生くらいの頃、こんなことを考えていた気がします。 これは、色弱に関する話題などではないけれど。 「人を殺してはいけない」 これは、みんなの共通認識だけ…

根性論や精神論に隠された意外な盲点🤔

 皆さん、こんにちは ちーたんです🤔 これは、子供の頃から思っていましたが やっと文章にして伝える事が できます  僕は、根性論や精神論というものに 心をズタズタにされながら成長して きましたが 今思えば、それが原因で うつ状態や、抑うつ状態が ひどくなったり、または 発達しょうがいを拗…

100%は保証されない

先日、農園に保健所職員が来て、色々話した末covid-19が人間に知ら占めたことを思い出す。100%ウイルスを遮断する方法はないということだ。 家畜伝染病予防法に基づいて、日本の畜産の疫学的な面は管理されているがこの法律は不備がある。一番問題視するのは大規模も小規模も同じだということだがそれ…

ニーチェ

『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。』 これは、ニーチェの言葉。僕がこの言葉をはじめて聞いたのは中学3年生。衝撃と共に、そこからニーチェの本を読み漁りました。 彼はニヒリズムです。だからこその、この言葉がでてくるのでしょう。 例えばね、極論を言うと伝わるかな…

角度の電子架体

目に意識を集中して見る事は4×5カメラの視点を呼び起こし、対象物との距離の間にあのジオラマが生成される。距離に関係なく縮図としてそのフォーカスを作り出す。 60cm離れた黒いものを見るとフォーカスがズレるがそれは近度が近くなる証でエンドに合った視点距離が引き戻される場所が60cm地点という…

説得力あるアイデアを考える方法

来月スタートさせるあらたなチャレンジに向けて準備中。目標を明確化し、最高の結果を思い描く。と同時に、最高の結果を阻む要因もあわせて考えて、その対策を立てておきます。人は、自分が考えた計画やアイデアに対して、都合よく論理を組み立てて、たいして思考を深めずに実行してしまうケースが多い…

善悪も…時と場合とポジショニング。

そうかもしれないし…そうじゃないかもしれないってよく思う。自分にとっての善悪が誰かにとっては真逆になることもあるわけで。これが正しい…って思い込みほど厄介なものはないかもしれない。コレを防ぐにはどうするか。僕は良かれと思って行動する時ほど…今は違うかも?と考えてみ…

#334「ビジネス頭の体操」 6月14日、15日のケーススタディ

はたらくおとな向け。普段の仕事と無関係なケーススタティで頭の体操。 「今日は何の日?」をビジネス視点で掘り下げています。 普段の仕事を超えて、視野を広げ、ビジネスの頭の体操をするのにぴったり。 考えるための豊富な一次情報やデータもご紹介。  →部分は、頭の体操する上での自分に対する…