佐藤きよあき

iGNITION:P・繁盛戦略コンサルタント 中小企業経営研究会・ビジネス・カウンセラー 元中小企業基盤整備機構・商業活性化アドバイザー 著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。 http://ignitionp.seesaa.net/

佐藤きよあき

iGNITION:P・繁盛戦略コンサルタント 中小企業経営研究会・ビジネス・カウンセラー 元中小企業基盤整備機構・商業活性化アドバイザー 著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。 http://ignitionp.seesaa.net/

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    コラムニスト・佐藤きよあきのプロフィール

    iGNITION:P・繁盛戦略コンサルタント 中小企業経営研究会・ビジネス・カウンセラー 元中小企業基盤整備機構・商業活性化アドバイザー マーケティングコラムニスト 著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。 http://ignitionp.seesaa.net/ 1961年兵庫県生まれ。 広告デザイン会社にコピーライターとして勤務の後、 プランナー・コピーライターとしてフリーランスに。 モノづくりへの興味から、 仕事を継続したまま、木のお

      • 【売れるマーケ】見せかけのテクニックは、いつかバレる。

        先の紀伊水害で被災し、 我が家に住めなくなっていた時の話です。 いつ戻れるのかわからなかったので、 新聞の契約を解除しようと電話しました。 その時の販売所のとんでもない言葉に、 非常に腹が立ちました。 そこの責任者らしき若い女性の言葉です。 読売新聞を購読しているのですが、契約の際には、 契約年数に応じて商品券が貰えるようになっています。 (現在はギフトカタログです) その商品券に関し、 「契約を解除されるのなら、  “当然”お渡ししている商品券を  返してもらわな

        • 【無駄話】逆襲の関白宣言。

          シュークリームの中の空洞に、 プリンを詰めて食べてみたら、 「ただいま、カスタードクリーム増量中!」 になっただけでした。 まっ、予想はしてたけどね。 やってみたかったのよ。 だた、それだけ。 それでは、ここで一曲お聴きください。 「逆襲の関白宣言」。 ♪あなたを婿にもらう前に  言っておきたいことがある  かなり厳しい話もするけど  私の本音を聞いといて  私は好きな時間に寝るわ  あなたも好きにすればいいわ  ご飯は各自で用意  掃除は交替ね  トイレは特に綺麗

          • 「まずい!」は売れる! なぜ?

            世の中には、不思議・不可解なマーケットが存在する。 「世界一まずい飴」「世界一まずいグミ」「日本一まずいラーメン屋」「日本一まずいパン」。これらは、まずいことで注目されたにも関わらず、ブームとなって売れたのである。 「まずいというのは戦略で、本当は美味しいのでは?」という推測は的外れで、実際にまずい場合が多い。 では、なぜ、まずいものが売れたのか。 「恐いもの見たさ」という心理があるように、「まずい!」という評判は、興味をそそられる。「本当にまずい」と聞くと、“どれほ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 売れるマーケティング戦略
            佐藤きよあき
          • 気まぐれ無駄話
            佐藤きよあき
          • 社会&経済WatchPlus
            佐藤きよあき
          • マーケティング基礎講座
            佐藤きよあき
          • 格言&ことわざパロディ
            佐藤きよあき
          • 翔馬語録
            佐藤きよあき

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【マーケ基礎】お客さまが来ないのに、潰れないお店。

            あるテレビ番組で、面白い調査をしていました。 一見、流行っているようには見えないお店があります。 外観も、失礼ながら、みすぼらしい感じです。 お客さまが来ているようにも見えません。 しかし、何十年も同じ場所で営業しています。 ネット販売をしている? 副業を持っている? 奥さんが店番をして、主人はお勤め? いえいえ、ちゃんとお店の仕事をしています。 番組では、そのお店を取材して、 潰れない理由を聞き出していました。 ●自転車屋さん ・人件費・家賃がかからない。 ・

            格言&ことわざパロディ:『若ハゲの痛み』

            人の悩みは理解できないもの。 自分がなってみないとわからない。 そこで、「関係ないから」 「仕方がない」と思っていては、 大きなチャンスを逃してしまう。 人の困りごとには、 ビジネスのヒントがあるのだから。

            小さな子どもは言葉の魔術師:何の揚げ物?

            わが息子「翔馬(しょうま)」の育児日記のような存在、 それが『翔馬語録』です。 しゃべり始めた頃から、笑わせてくれました。 子育ての大変さの中で、 ほんの少し、癒しの時間をくれたのかもしれません。 翔馬語録 10/11歳 何の揚げ物? 給食の話。 翔「たけわの二色あげ? ちくりんの二色あげ?」 それ、間とってしゃべれんか? ちくわや!

            【売れるマーケ】ルールを破ると、お客さまが増える。

            「こちらの割引券は期限が切れております」 「ラストオーダーは10時30分になっておりますので……」 「1000円未満ですので、スタンプは押せないんです」 お客さまが知らずに頼んだことで、 “ルールだからできない”と、 店員さんに断られることがあります。 店員さんに責任はありませんが、お客さまには、 恥ずかしくて、気まずい思いをさせてしまっています。 せっかくお店を利用していただいているのに、 細かなルールにこだわり、 お客さまを責めるようなことをしてはいけません。 こ

            【無駄話】私がアホになった理由。

            大人のバク転教室が流行っています。 子どもの頃の憧れでしょうか。 何を隠そう、隠さへんけど、 こう見えても、見えてへんやろうけど、 私は小学生の頃、バク転ができていたんです。 隣のクラスのスポーツ万能少年に頼んで、 休み時間に砂場で教えてもらってたんです。 いま、「休み時間」とキーを打ったつもりが、 「休み股間」と出てきました。 確かに、休んでいるけど。 何のこっちゃ! 話を戻して。 なんとかできるようになったんですが、 腕の力が弱いので、 何度も何度も地面に頭をぶ

            「ポテトサラダ」が美味しい居酒屋は、必ず繁盛する。

            「ポテトサラダ」。 洋食では、ビフカツ、エビフライ、ポークジンジャーという主役を力強く支える千切りキャベツの横で、静かに出番を待っている“準脇役”的な存在である。 いてくれれば嬉しいが、いなくても、舞台にはさほど影響は出ない。 和食ではあまり姿を見せないが、セルフのご飯屋では、一番安い小鉢として、手に取ってもらえるのを待っている。 だが、「しらすおろし」や「わかめ酢」のような定番小鉢には勝てないでいる。 スーパーの惣菜売り場では、そこそこの人気があり、多くの仲間たち

            【マーケ基礎】商売人は、ソムリエになれ。

            以前、「ソムリエ」が流行りました。 もとは、ワインのソムリエですが、 野菜のソムリエ、お米のソムリエ、 旅のソムリエ、家づくりソムリエなど。 これは、何を意味しているのでしょうか。 簡単ですね。単なる流行です。 “専門家ですよ!”と、アピールしているに過ぎません。 「ソムリエ」と名乗っている人の中に、 どれほどの“本物”がいるでしょうか。 「ソムリエ」という名前をつけることで、 “売れる!”と考えたのですが、 長続きはしませんでした。 たとえ、豊富な知識を持って

            格言&ことわざパロディ:『あまり物には福が無い』

            ブランドものが欲しい。車が欲しい。 そんな物欲は、人生には不要だ。 手に入れたからといって、 それで幸せになれるのか。 本当の幸せは、他にある。 それに気づかないやつは不幸だ。

            小さな子どもは言葉の魔術師:純情?

            わが息子「翔馬(しょうま)」の育児日記のような存在、 それが『翔馬語録』です。 しゃべり始めた頃から、笑わせてくれました。 子育ての大変さの中で、 ほんの少し、癒しの時間をくれたのかもしれません。 翔馬語録 10/11歳 広島は純情? 私「カープの正式名称は?」 翔「広島純情カープ?」 それ、いいかもしんない。

            【楽食探訪】人生61年。初の「あんまん」は、やっぱり……だった。

            私は、生誕より61年間、 「あんまん」を食べたことがなかった。 嫌いだからという理由ではなく、 まったく意識しない存在だったからだ。 元々はあんこ嫌いなので、 まん系では豚まんオンリーユー。 一度か二度は、カレーまんや海鮮まんというものを 食べたことはあるけど、それもほんの気まぐれ。 ちょっとした好奇心だった。 食べたいと思うのは、いつも豚まんだけ。 実は、あんまんを食べたことがない、 と気づいたのは最近のことだ。 それほど、脳の中にも存在しないものだった。

            【売れるマーケ】「本物」を探して、“無駄足”を重ねる。

            たくさんのモノごとを見聞きして、 体験・体感することが、 自らの能力を高めるために重要なことは、 誰もが知っています。 なのに、やらない。 成功する人としない人の差が、 そこにあることも承知しています。 なぜ、行動しないのでしょうか。 忙しいから、お金が無いから……。 本当に忙しいのなら、儲かっているはずです。 儲かっていないのに忙しいのなら、 それはやり方がマズく、時間の無駄です。 お金が無いのは、行動しないから儲からないだけです。 行動することにお金は不要

            【無駄話】もう食べられなくなったイケメンの話。

            我が家はあまり掃除をしないので、埃がたまっています。 でも、テレビ番組 「家、ついて行ってイイですか?」を見ていると、 我が家がいかにキレイで片づいているかを 思い知ることになります。 みんな、ほんとにすごい環境に住んでいますよね。 身体は大丈夫か? と心配してしまいます。 汚部屋どころか、ゴミ集積所になっている家もあります。 さまざまな問題を抱えて、 そうなってしまったんだ思いますが、 ちゃんと生活しないと、 ちゃんと生きられないと思うのですが。 ズキューンッ!