自主経営

ティール組織続編「パーパス経営ブームの流れの中で、大切にしておきたい観点」京都大学経営管理大学院寄附講座

ティール組織続編「パーパス経営ブームの流れの中で、大切にしておきたい観点」京都大学経営管理大学院寄附講座

パーパスやSDGs、もちろんそれ自体は大切な考えなのですが、もし独り歩きしてるなと感じたら、ぜひこの研究会にご参加ください。 今回は嘉村賢州さんに「ティール組織とは」の続編でご登壇いただきます。前回のお話を聞いて「ティール組織」の考え方に触れられた方の中には「でもうちはオレンジで、頑張れば成果が出るから別に目指さなくて良いかなぁ」と思われた方もおられるかも知れません。しかし「ティール」は本来自分自身の人生にとって大事な概念でもあり、あなたはあなた自身の源、「ソース」役なので

スキ
2
第Ⅱ部 第2章 自主経営/組織構造~組織図も、職務記述書も、肩書きもない(P151)
+2

第Ⅱ部 第2章 自主経営/組織構造~組織図も、職務記述書も、肩書きもない(P151)

<著書 要約> 順応型と達成型組織には組織図がある。 肩書きと職務の内容が記載され、それを見ればその職務から何を期待されているかが分かる。  進化型組織ではその前提がくつがえる。 自分の仕事は、興味や才能、組織のニーズに基づいて自ら選んだ様々な役割と責任によって決まっていく。 進化型組織では、社員は仕事の負荷と自分の好みに従って役割を頻繁に取り換えたり取り引きしたりする。 進化型組織の視点からすると、役職はエゴにとっての蜜のようなものだ。 あまりにおいしくて夢中になるのだが、

ティール組織(3)

ティール組織(3)

時間が掛かったが、ようやく読み終わった。といっても、正直、1回で理解できるような内容でもない、というのが率直な感想である。組織論なので、書いてあることは多岐に渡るし、具体例も存分に出てくる。筆者もこれを書き上げるのに、相当な労力を要しただろうな…と容易に想像できる。 本の最後のほうで、進化型(ティール)組織を作るにあたって、3つのポイント(突破口、ブレイクスルー)が書かれている。何から始めるのがいいのか?という問いに、とても答えにくいとのことだが、具体例をかき集めていくと、

スキ
2
第Ⅱ部 第2章 自主経営/組織構造~上司の不在(P110)
+2

第Ⅱ部 第2章 自主経営/組織構造~上司の不在(P110)

<著書 要約>  自主経営組織は、支配による階層的な枠組みに沿った構造ではない。 複雑で、参加型で、互いにつながり、相互依存的で、常に進化し続ける、まるで自然界の生態系のような仕組みである。 まずニーズがあり、形式は後からついてくる。 組織の役割も柔軟に設置、廃止、交換される。 権限は分散されている。 意思決定は、そのアイデアが生まれたところでなされる。 イノベーションは社内のどこから突然生まれても不思議ではない。 ミーティングは必要に応じて開かれる。 臨時のタスクフォース

第Ⅱ部 第2章 自主経営・組織構造~経営陣はなく、ミーティングもほとんどない(P126)

第Ⅱ部 第2章 自主経営・組織構造~経営陣はなく、ミーティングもほとんどない(P126)

<著書より引用>>  ピラミッド型の組織の場合、情報が指令命令系統の中を円滑に上下するよう、情報を集めたり、まとめたり、浸透させたり、伝達するために、すべての階層でミーティングが必要となる。  自主経営の組織形態では、こうしたミーティングの必要性は全くと言えるほどない。従来型組織では、トップに近いほどミーティングの負荷が重い。組織の上に行けば行くほど多くの情報が集中する。トップだけが判断材料や交換条件を多方面から得られるので、必然的に意思決定の権限は上に押し上げられる。  

第Ⅱ部 第2章 自主経営・組織構造(P100)

第Ⅱ部 第2章 自主経営・組織構造(P100)

<著書より> 圧倒的多数の人々にとって、職場は苦役に服する場所なのだ ◆◆スタッフEさんの感想◆◆  私はこれまでいろいろな仕事をしてきましたが、そんな風に感じた事はなく、やりがいもあり、楽しく働いてくることができました。 それはとても幸せなことだったのだと思いました。 ◆◆加藤院長の感想◆◆  やりがいや喜びを感じながら働くということを、私たちは自然にやっているのではありません。  やりがいを持つというのは、奴隷的な生き方から(奴隷的な苦しい仕事から)自分自身で意識

第Ⅱ部 第2章 自主運営する生徒、教師、保護者 ~進化型学校(P155)~

第Ⅱ部 第2章 自主運営する生徒、教師、保護者 ~進化型学校(P155)~

<著書より> 現在の学校はあらゆるタイプの組織よりも自主経営から遠いところにある。子供たちは事実上、事前に決まったカリキュラムに従って自動的に押し流される交換可能な部品と見られている。あたかも工場のようなこの教育システムは、最近は次第に時代遅れになってきたようだ。本書ではベルリン市中央にある学校ESBZの例が掲載されている。 ◆◆スタッフNさん 感想◆◆  日本の義務教育システムは、ティーチングがメインで、なぜその授業内容をするのか、どういうときに習った内容が使えるのかは

スキ
1
セルフマネジメント組織へのステップ~組織を科学する#3~

セルフマネジメント組織へのステップ~組織を科学する#3~

階層型組織からセルフマネジメント組織の移行には、「セルフオーガナーゼーション組織」のステップを経由する必要があると学びました。これが非常にわかりにくかったので、自分なりにまとめてみました。 階層型組織はトップが判断(トップダウン) 階層型組織は、トップダウンです。トップに判断材料が集まり、処理する能力がある。そして、その実行を下位組織に落としていく、そんなイメージです。 トップダウン型の組織が疑問視される背景は、こんな感じでしょうか。 ・VUCA時代において、トップが

スキ
5
[まとめ] ティール組織実践企業(※随時追記)

[まとめ] ティール組織実践企業(※随時追記)

ティール組織に絡む文脈で取り上げられていた組織を一覧にしました。 今後随時、情報更新予定です。 これらの他にも実践企業がありましたら、ぜひご連絡ください。 サイファーポイント ▼公式サイト 自社のサービスとして「ティール組織設計」も行っており、コンサル・研修・ワークショップを提供しているようです。 ALE (エール) ▼公式サイト ▼インタビュー エナジャイズ ▼公式サイト 肉汁水餃子餃包 ▼公式サイト ▼取り組みの紹介 UPDATA(旧 ダイヤモンド

スキ
4
有料
150
合唱団の組織フレームワークの遷移

合唱団の組織フレームワークの遷移

合唱団の組織作りの答えも1つではありません。いろんな合唱団がいろんな組織作りを苦労されているかと思いますが、よく発生する組織フレームワークの遷移についてご説明します。参考図書は以下です。 合唱でみられる組織形態 以下の3つの形態が主にみられます。 オレンジ型:役職によるヒエラルキー組織。指揮者の下にコンマスが居てパートリーダーが居て団員がいるような構造を強く意識している合唱団。 グリーン型:役職は存在するがボトムアップ的志向を持つ合唱団。多くの合唱団はここを志向してい

スキ
5