チャレンジしている時は、正直でいられる

こんばんは。 k.ueno | クドいようですがPR塾で修行中 です。 9月から、オンラインで受講しているPR塾。 先週は、月に一度の「メディア交流会」があり 雑誌編集者さんの前で1分ずつプレゼンをして、 商品内容や伝え方について フィードバックをいただきました。 ↓ 先週の投稿はこちら 一応、けっこうな好感触で、 商品、プレゼン共によかったと 総評でもお褒めをいただいたのですが、 その後、ピンバッジのサンプル発送の 打診に対しては音沙汰ナシ。 そんないきな

スキ
40

書き出しから投稿までのプロセス ~私のnoteスタイル~

記録して投稿するまでのプロセス とにかく書き出すまずは考えがどこかへ飛んでいってしまう前に、支離滅裂でも頭に浮かんだ気になることを書き出す。 書き出す。書き出す! 書き出した単語から再び、芋づる式に思いや考えが湧き出してくるので、どんどん書き出す。 頭スッキリ 分ける長くなってきたなと思ったら、いちど書き出した内容を見返す。 そして、テーマを絞り込み、新しい下書きに書き出す。 ときに「つぶやき」にして投稿する。 思考が整理されていく 捨てるいらないと思った下書き

スキ
5

人の成果は行動からしか生まれない No.336

=========== 2021年12月3日 「DAYONE日記」No.336 本ブログは、何か新しいことを始めるきっかけになることを書いていきます。365日、1日も欠かさず発信します。プロフィールは以下の通りです。 https://note.com/104007rm/n/nbb31358271e4 =========== 我々は、日々何かに取り組んでいます。 でも、人それぞれによって実績や成果に差が生まれています。それは、どこから生まれているのでしょうか? まず言えるの

スキ
11
+3

第Ⅱ部 第3章 自主経営/プロセス~役割の決定と配置(全責任)(P202)

<著書 要約>  ティール組織では、人々は役割を負い、責任範囲も明確だ。 しかし縄張りはない。組織の特定の要素が誰かに属することはない。 自分が気づいた問題に対しては、それが自分の役割以外であっても、何かをする責任を負う、という点を重視しているのだ。 モーニングスターはこれを「全責任」(トータル・レスポンシビリティ)と呼んでいる。 中略 人々の関心はもはや自分の責任範囲にとどまらない。組織全体の幸福を心から望んでいるからだ。 ◆◆スタッフMさんの感想◆◆ 当院のミーティング

#396 なぜ「自分に向き合うのは大変」なのか?3つの理由

おはようございます。 仕事が好きだし、楽しいと言い合える女性が増えることが喜び、小田木朝子です。 このチャンネルは、自分と向き合うから結構大変だけど、やってよかったオンラインスクール育休スクラより、仕事、キャリア、両立にちょっと役立つヒントを配信します。 今日から12月1日です。 今年もあと一ヶ月と思うと、めちゃくちゃ早いですよね。 12月は忙しい方も多いんじゃないかなと思いますので、きっと目をつぶってあけると、「おっと、もう年末か」そんなふうな感覚を持っています。 なぜ

スキ
6

フェルデンクライスのジャズ的関わり

「フェルデンクライスメソッドには正解がない」とよく言われる。 それは、このメソッドの関わりがジャズ的であるからだ。 レッスンのスクリプトはコードやメロディラインが載ったスコアに似ている。そのエッセンスや戦略を理解しているのならば、スクリプトはいらない。 参加者の反応をみながら進行やテンポを変えていく(zoomでは相手の一部しかみえないので、画面から気配を感じながら行うことが多い)。 途中に仕掛けがあり、ゆらぎもあり進んでいく。 なのでフェルデンクライスは同じ内容のレ

「力のかけどころ」をデザインせよ。

今回は「力のかけどころ」について書いてみようと思います。 常に100%かけていくことができればいいんですが、 まぁ人間そんなに元気じゃありません。 #俺なんか徐々に衰えが 結局は、 どこかで力をかけて、 どこかで力を抜いてということを 繰り返しているわけですが、 その「かけどころ」をどう選ぶかによって 評価が変わってくると言ってもいいでしょう。 それが例えば「できる人」「できない人」みたいな ラベル付にもつながってくるわけです。 職場でいうと、 「仕事ができる人」「仕事

スキ
7

在家の法 第299号

★「幸福の法則(在家の法)」第299号  <在家の法4>  あなたの心の糧となるよう大和武史が在家の法をお送りします。  現代の人々に必要な真理は永遠の生命だと私は思います。人々は自分が死んだら何もかも終わると信じています。だから生きている間に幸せになりたいのです。これ自体は何も悪いことではないのですが、あまりにも固執してしまうと結果がすべて、良い結果が出なければ意味がないと思い込んでしまいます。そして自らを追い込み、他人をも厳しく、冷たく追い込んでしまいます。互いにこころ

スキ
41

結果重視の物質主義の時代から、プロセス(過程)重視の精神性の時代へ その2

こちらのnoteの続編です。 現代は物質主義、結果主義の世界になっていると書きました。 しかし、この世界は物質世界です。地球ってそういうところです。二元論であり、その陰陽の法則の中で、我々は学び、ドラマを楽しんでいます。 でも、これからはもっと「精神的」というか、「エネルギー的解釈」が必要になると思います。 ちなみにここで言う「エネルギー」とは、『物質化』していない状態のこと。 エネルギーを全体を「水」に例えましょう。物質を「氷」です。僕らがエネルギーと呼ぶ、目に見

スキ
22
有料
250