結果こそ全て

人は結果よりも過程(プロセス)を褒められる方が褒めてくれた人を信頼しやすい、という性質を持っています。
誰も見てくれないところをちゃんと評価してもらえてる、という意識からくるものです。

でもビジネスでは逆で、結果こそ全て。
結果を残せないビジネスマンは単なる会社のお荷物社員です。そんな思考に最近変化が表れてます。

結果は残して当たり前。

世の中のモノがコモディティ化し何を選んでもハズレが少な

もっとみる
君に幸あれ

#意識高い系 #勉強好き になりたいわけじゃない。

鴨頭 嘉人さんのツイートより。

意識高い系

勉強好きが

売れる時代*\(^o^)/*

『意識高い系』という、以前であれば嫌われ者は、今や”市民権”を獲得しています。

そして、嫌われ者にならないように、身分を隠して生きてきた人たちは、表舞台に立ち、どんどん活躍の場を広げています。

この大きな流れの中、私たちは新たな問題をかかえることになりました。

”意識高い系”になりたいから、”意識高

もっとみる
いつも感謝しております。ありがとうございます!
6

📕2ndその⑧(最終話)

🔶知らせ🔶

真っ暗な天井を見つめたまま隈田は言った。
「結婚することになった」
それは
私との終わりを告げる言葉だった。

正直ホッとした。

その後しばらくして

私の元に1通のメールが届いた。

"7月に隈田と結婚式を挙げる事になりました。
招待状送るからよろしくね”

麻美先輩からのメールだった。

この頃、
麻美先輩は別の病院に勤務しており、
私も隈田とは別の科に異動し
退職も間近だ

もっとみる
( 厂˙ω˙ )厂うぇーい♪コメントも寄ってっててててて
10

「何を変える」「何に変える」「どうやって変える」

モヤモヤと悩むこの頃。

「自分はこのままでいいのだろうか」という自問自答を繰り返す人も多いのではないかと思います。

当然私もその中のひとり。

そこらの自己啓発の本を読んでいると、「悩むな!そんな時間は無駄だ」なんて言葉がたくさん並んでいます。

わかっています。わかっているけど、モヤモヤと考えてしまうのです。

こんなときは、先人の”知恵”を借りるしかありません。

部屋の片隅に、うず高く横

もっとみる
今日もあなたに楽しい1日が訪れることを祈っております。
4

【成長】のターニングポイント!?

やる気伝道師 日記 2020 vol.172
2020年9月16日(水)

先日『成長』ってことを
YouTube“でみっちゃんねる”
でお話しして収録した❣️
(配信は金曜日18時です)

近頃、成長 成長って言うと
悪いようにとられる風潮がある⁈

おそらく、それは、
成長しなければいけないという
強制的なイメージがあるから
なんじゃないかと思う⁈

でも成長というのは
よ〜く考えてみると

もっとみる

20200915_勉強会

今年はOSの1つ「AIX」の各単元を学習し、その内容をチーム内に展開するという施策に取り組んでいる。

今月は「ページング・スペース」

勉強会の話をする前に1つ質問なのですが、メモリ上のプロセスとページング・スペース上のプロセスを確認できる方法はあるんですかね??

psコマンドやvmstat等を確認しましたが、上記の内容はわかりませんでした。

ご存知の方が居たら、是非ご教示ください!

さて

もっとみる

”ゴール”を知らない営業マン

取引先の若い営業マンから、面談したいと連絡がありました。

「今日は込み入ってご相談があるんです」

世間話も手短に、「新規事業の商品を販売するために、上司からノルマを与えられてまして、、、見積もりだけでも、見てもらえますか?」

そう言うので、渡された見積書をざっと眺めます。

今のところ不満もないので、丁重にお断りしました。

すると、「あっそうですか!今日は貴重なお時間ありがとうございました

もっとみる
う、嬉しいです!
8

自宅リノベ全記録(0)竣工写真+建築家サイド、施主サイドまとめ

この自宅きっかけで仕事がもらえたりなどしていて更新が滞ってしまいましたが、余裕ができたのと、竣工写真があがってきたので完成の雰囲気とこれから記事を見るかもしれない方が読みやすいようにまとめを書こうと思います。
この「自宅リノベ全記録」の記事は建築家である僕が設計していく中でどういうことを考えて設計しているかということを書いた「建築家サイド」と施主と見立てた配偶者の視点に立って記事としてまとめた「施

もっとみる
ありがとうございます!
3

事業を起こすという事は?

こんにちは マサです。

昨日の記事で、
引かれた感、半端なかったので
今日は、おだやかに
真っ当な記事を書きます。

人はプロセスに共感し、感動する。
結果は、オマケのようなもの。

そんな話をしていきます。

僕の友人には、世間的に見れば
「変わり者」が多く、
常識から逸脱してる人が多いのですが、

今回は、尊敬できる人をご紹介。

僕が27歳の頃に出会ったおばちゃん。
当時は33歳(あ、また

もっとみる
ありがとうございます。ミスドのバイト時代
29

71日目 すぐ終わる作業をすぐやる人、後でやる人

会社で仕事をしていると、すぐにやらなきゃいけない作業と後で良い作業があると思います。

基本的には締切の近さ、業務の多さで優先順位をつけて、「今、何をやるのか?」を決めているはずです。

となると、すぐに終わる作業は締切の近さで処理してしまうので、締切が設定されているが、締切まで期間が長い場合は先送りになってしまう。

また、締切が設定されていなかったり、暗黙のルールになっている場合は、先送りされ

もっとみる