胆力

気の鍛錬ー武術的鍛錬法ー

年末となり、仕事を納めた方も多いかもしれません。

私はまだまだ仕事のため、
年末ももう一息頑張らねばと思います。

さて、仕事にしても、日々の生活にしても、何にしても
習慣化というものは大切になってきますが、
とりわけ武術においての鍛錬は日々の積み重ねが重要です。

タイトルには「気の鍛錬」と書きましたが、
気を練り上げ、使えるようにしていくためには、
日々の鍛錬をしっかりと行い続けることが大切

もっとみる
ありがとうございます。
1

面白い人間ってなんだ。

こんばんは、Pedroです。学校に行くと誰かしらと話すわけですが、なんでスペイン語・ポルトガル語圏の方ってあんなにずっと話してられるんでしょう。
井戸端会議をしている奥様方のようです。本当に話が上手いし、いつでも喋ってる。
オチのある話とは限りませんが何かしら周りのことについて話しています。関西の方はつまらないというかもしれませんね。(偏見)

それを聞けるようになったということで僕の英語力も少し

もっとみる
Thank you for reading!
3

ご夫婦のシステムコーチングの豊かさ

#夫婦#システム に想いを馳せる時間。

夫婦の #システムコーチング を行う前に
その夫婦システムに想いを馳せて
“システムを見立てる”という時間。
私はこの時間がとても好き。

見立てるとは言葉はどこかおこがましいのだけど
どんな事が起こるといいかなぁというのを
しのごの考えたりするわけです。
同時にそれは結果手放すことになる場合も多い
のだけど必要な時間で。
リアルには瞬間瞬間に必

もっとみる

やっぱりピンチはチャンス。

週の真ん中水曜日、皆さんいかがお過ごしですか? 私は月曜・火曜と仕事の山場でバタバタしていましたが、本日水曜なんとか後処理を済ませ、ようやく少し日常に帰ってきた感じです。

というのも、今は海外人事のチームリーダーをやっていますが、色んなことが起こります。想定以上にいろんなことがあり、ぜんぜん順調に進まない。。。のです。w

仮に途中までは順調に進んでいても、なにかのキッカケで一気に止まったりして

もっとみる

知力と胆力のバランス

ものごとを決めるには、考えなあかん。
けど、最後はえいやっと思い切れる勇気が必要。

そんな風に「意思決定」には、知力と胆力のバランスが必要だって、ずっと感じてました。
その胆力を培いたくて、このたび合気道を学ぶことにしたわけです。

でもずっと若い頃は、知性あってこそ良質な判断ができるのだ、と思っていましたから、馬鹿な僕は勉強しなきゃならない、という思いが結構な危機感としてあったわけです。そんな

もっとみる

今日学校

昨日はなかなかネガティブな一日だった。

僕は春休みの間、部活を一回も出ずに留学していたから

久しぶりに会うのが怖かった。本当に。

たくさん寝てるはずだけど頭痛があって

これは絶対にストレスだなと感じた。

自分は本当に受け身になったらダメだなと思った。

いつも自信を持っていたい。

そのためには努力するしかない。

自分を磨くしかない。

胆力・度胸・勇気を持つ。

目標を見失わずに努力

もっとみる

知情意

一般に精神力の話をするときに使われる言葉。

精神力にも種類があって、
・知
・情
・意
と分けているのが日本ぽい考え方らしい。

『知』は知識。頭の中に入っている知識を、必要に合わせて組み合わせたり、引き出したり、いわゆる地頭の事を言うそうな。

『情』は「情熱」「愛情」「情け」ともいうように、熱い心だとか人間くさい部分のこと。この話をするときはいつも松岡修造さんを思いだす。

『意』は意志

もっとみる

文章に於いても、人間性に於いても、言えることだが、重心の上げ下げが、重要だと、思う。
例えるなら、TPOでもなく、日本語的な言葉なら、胆力かな。。。

精進致します!
4

残り11ヶ月。

今日から2月。

今年一年は残り11ヶ月に入った。

いつも「今年も残り一ヶ月」と、一年の残り時間を考え始めるのは11月に入ってとか、早くても半年経ったくらいからだけれど、今年は節目節目で考えてみよう。

というのも、毎年一年がすぎるのが本当に早く感じていくようになっているから。

年が明けたと思っていたらあっという間に一ヶ月経った。

今年の1月は何をしただろう?

初詣に行って、お正月をゆっく

もっとみる
充電完了!
3

「ゴーンとホリエモンと善悪の区別」から

--------------------
三点に注目したい
  1.個人の軸(美的感覚)は、世の中を美しく形作る参照点 
  2.理念が全ての土台であり、経営・HR戦略と整合する必要がある
  3.グレーゾーンを狙うのは、美しくない。

関連代表記事 アゴラ  2018年12月10日 20:30
 http://agora-web.jp/archives/2036095.html
--------

もっとみる
木漏れ日の中で、対話しましょう。
11