なんだか最近の中国の動きに納得がいく話です。
資本主義を壊しにきているのでしょうか?
「中国としては国内の統制と一緒に米国経済を混乱させて、弱体化することができれば一石二鳥。」
https://twitter.com/yurumazu/status/1440219240024326151?s=20

なんだか最近の中国の動きに納得がいく話です。 資本主義を壊しにきているのでしょうか? 「中国としては国内の統制と一緒に米国経済を混乱させて、弱体化することができれば一石二鳥。」 https://twitter.com/yurumazu/status/1440219240024326151?s=20

スキ
1
【ゆっくり解説】 習近平思想の教科書(小学校低学年用)を簡単に紹介
再生

【ゆっくり解説】 習近平思想の教科書(小学校低学年用)を簡単に紹介

実は、「習近平思想」という言い方は正確ではなく、 正式名称は「習近平新時代中国特色社会主義思想」です。 中国語では、习近平新时代中国特色社会主义思想。 「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」とか 「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」 などと訳されることが多いです。 長ったらしいので、 日本ではふつう「習近平思想」と呼ばれています。 この動画では、中国の小学校低学年用の 「習近平新時代中国特色社会主義思想」のテキストを ちょっとだけ簡単に紹介します。

高市さん、ちょっと待った❗️

高市さん、ちょっと待った❗️

高市早苗さんが飛ぶ鳥を落とす勢いですね。 何故こんなにメディアと世論が動いているのか。 最近ではYouTubeのCM?にも高市早苗さんを擁護する様なものも流れてる。 私はどの立候補者も信じてない。 よしんば高市早苗さんが本当にこの世の中変えたいと思うならこの発言はお抱え言論者とバックに近寄ってきた輩の知恵か。 だってメディアと世論が舞い上がり過ぎ💦 踊らされてるな〜 この状況を見ていると小泉のじじいの時を 思い出す(ーー;) 阿部のミクスまで応援に回ってるし💦 お前岸

実は河野太郎でも高市早苗でもどちらでも都合がいいディープステート

実は河野太郎でも高市早苗でもどちらでも都合がいいディープステート

実は河野太郎でも高市早苗でもどちらでも都合がいいディープステート 早苗ちゃんが総理になると 国防を 強化するよね  そうするとね 習近平は焦るんだね  日本の国防力が充実しない前に 台湾に侵攻 かけねばならない ちょうど 折しも 中国の 国営企業が 破綻しそうな状況下   自国民の意識をそらすために台湾へ侵攻するという 決断をする可能性が高い 習近平は 日本へ 核の先制攻撃でないと 短期 勝利はありえないと わかっているから  非常に高い確率で核を打ち込んでく

スキ
1
【中国の闇】何の前触れも無く明日いきなりルールが変わる?! 中国企業に5年半勤めて分かった事
再生

【中国の闇】何の前触れも無く明日いきなりルールが変わる?! 中国企業に5年半勤めて分かった事

中国は何の前触れも無く明日いきなりルールが変わる?! 中国企業に5年半勤めたマクドナルド愛子さんにその時のご経験をお話して頂きました。 ★愛子さんのYouTubeチャンネル「40代の美容部屋」はこちら https://www.youtube.com/channel/UCuKgLkXXQ3KUzos3ZZgn6KQ 【石田和靖の無料セミナーの参加申込は以下から】 [9/25] 札幌セミナー「激変するサウジアラビアと原油」 https://www.fujitomi.co.jp/landing/seminar/sapporo20210925/ 【越境3.0LINE公式アカウントはじめました】 https://lin.ee/AQoe3zn 【石田和靖のオンラインサロン・著書・SNSなどは以下から】 ★越境3.0オンラインサロンはこちら https://community.camp-fire.jp/projects/view/62353 ★チャンネル登録はこちら https://www.youtube.com/channel/UCearf15zMK46uSyUAl6SrFw?sub_confirmation=1 ★石田和靖の【即実践講座】iPhoneだけでYouTuberになる集中講義 https://www.udemy.com/course/iphoneyoutuber/?referralCode=18CC0F74558578637AD0 ★石田和靖の著書 行動できない自分を勝手に変えてしまうスゴイ方法(きずな出版) https://amzn.to/2DTirjU 越境せよ(講談社) https://amzn.to/2GnB5Wy 日本人の知らないアゼルバイジャン(パンローリング) https://amzn.to/3np0fED ★Twitter、インスタ、お気軽にフォローください https://twitter.com/kzspecial https://www.instagram.com/kzspecial https://www.facebook.com/ishidakazuyasuworld 【おすすめ関連動画】 ★【習近平の野望】"一帯一路と人民元経済圏", 中国共産党が推し進める中華思想と世界戦略 https://youtu.be/nUtfovbdQJ8 ★【習近平の野望】「中国の狙いと韓国の危機」"逆さ地図"から見た対米防衛ライン第一列島線,人民元経済圏の行方 https://youtu.be/2Fg8Rea3EAE ★【中国大洪水2021】前代未聞! 中国タクラマカン砂漠で大洪水! 石油設備水没,死の世界 "1000年に一度の記録的豪雨" https://youtu.be/xkjY6xKm4wM ★【中国大洪水2021】中国2つのダム決壊のダークサイド,"1000年に一度の記録的豪雨!" https://youtu.be/OfqffEi9uPs ★【中国大洪水2021】化学産業集積地の大洪水はどんな影響を与えるか,"1000年に一度の記録的豪雨" https://youtu.be/EB7KxUsJB_c ★【中国大洪水2021】中国ダムすでに複数箇所が決壊,"1000年に一度の記録的豪雨"と気候変動問題 https://youtu.be/3FjEipfEc_Y 【本日の目次はこちら】 00:00 中国企業で副社長を務めていた話 04:20 法律ががんがん変わる 06:36 中国の不動産はすぐ買える... 08:39 長江流域の10年間禁漁 11:05 不可能はない中国の思想 #中国 #習近平 #中国共産党

スキ
2
新興国への積立投資を逆張りで継続していますが、ちょっと習近平の行動から不安感がいっぱいになってきた。
インドが頑張ってるけど…
どうしたものだろうか?

#習近平を知ることができる動画
https://youtu.be/mvEKdoG0oJU

新興国への積立投資を逆張りで継続していますが、ちょっと習近平の行動から不安感がいっぱいになってきた。 インドが頑張ってるけど… どうしたものだろうか? #習近平を知ることができる動画 https://youtu.be/mvEKdoG0oJU

スキ
3
【毎日初体験チャレンジ:107日目】習近平さんを学ぶ

【毎日初体験チャレンジ:107日目】習近平さんを学ぶ

こんにちは! 【家族が幸せに過ごしていく為に】を追求する ココリリのパパです🍀 今日は毎日初体験チャレンジシリーズ107日目 「習近平さんを学ぶ」をしてみました! 🌈感想🌈 やはり人物を学ぶのはとても面白い! 僕は大学時代、歴史を専攻していたので、国や人や共同体など何かが作られていく過程をみることがすごく大好きだ。 因果関係を見ていくと、物語になり、物語に気づくと共感や違和感をおぼえ、引き込まれていく。 そんな体験が好きで、僕は歴史が大好きなのである。 そんな

スキ
3
トランプの最後通牒 墓穴を掘った習近平
+1

トランプの最後通牒 墓穴を掘った習近平

 国際政治学者の藤井厳喜(ふじい・げんき)氏と警視庁で北京語を使って中国人犯罪者を取り調べていた元通訳捜査官の坂東忠信(ばんどうただのぶ)氏による対談です。  アメリカ大統領選挙前に出版された「トランプの最後通牒 墓穴を掘った習近平」と銘打ったこの本、見事に予想を外しています。本のタイトルは編集者が売上を見込んで付けたのか、藤井氏、坂東氏が相談して決めたのかはわかりませんが、トランプ氏の再選を予想し、万が一バイデン氏が当選すれば親中的に態度を豹変させ大変なことになると主張し

スキ
3
【中田敦彦のYouTube大学】中国に蔓延する汚職について【切り抜き】
再生

【中田敦彦のYouTube大学】中国に蔓延する汚職について【切り抜き】

ぜひチャンネル登録お願い致します! http://www.youtube.com/channel/UC3ljwo7crZHjl7_CY_n66-g?sub_confirmation=1 中国における汚職について 構造上のお話です ぜひご覧下さい! ■この動画の参考文献 「チャイナ・セブン〈紅い皇帝〉習近平」 遠藤誉(朝日新聞出版) ・Amazon Kindle(電子書籍) https://amzn.to/2X4Ln6a ・楽天kobo(電子書籍)https://a.r10.to/hDnRF7 ■この動画の参考動画 【習近平と中国共産党①】中国を一党支配する習近平はいかにしてトップに上り詰めたのか? https://www.youtube.com/watch?v=vOR3XmcUkwI ■中田敦彦のYouTube大学のチャンネルはこちら https://www.youtube.com/channel/UCFo4kqllbcQ4nV83WCyraiw ■中田敦彦のトークチャンネルはこちら https://www.youtube.com/channel/UC6kSLiIgAcbXNSxf0JHjy5g ■中田敦彦公式サイトはこちら https://www.nakataatsuhiko.com/ ■当チャンネルの日々の気付きや思いを綴った公式noteはこちら https://note.com/kirinuki_nakata ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式Twitterはこちら https://twitter.com/KIRINUKI_NAKATA ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式TikTokはこちら https://www.tiktok.com/@kirinuki_nakata?lang=ja-JP ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式Instagramはこちら https://www.instagram.com/kirinuki_nakata/?hl=ja ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式Pinterestはこちら https://www.pinterest.jp/KIRINUKI__NAKATA/_created/ #中田敦彦 #中田敦彦のYouTube大学 #習近平 #中国共産党 #毛沢東 #鄧小平 #汚職 #中田敦彦切り抜き

【中田敦彦のYouTube大学】中国における共産党 かなり重要です!【切り抜き】
再生

【中田敦彦のYouTube大学】中国における共産党 かなり重要です!【切り抜き】

ぜひチャンネル登録お願い致します! http://www.youtube.com/channel/UC3ljwo7crZHjl7_CY_n66-g?sub_confirmation=1 中国における共産党 かなり重要な立ち位置です! ぜひご覧下さい! ■この動画の参考文献 「チャイナ・セブン〈紅い皇帝〉習近平」 遠藤誉(朝日新聞出版) ・Amazon Kindle(電子書籍) https://amzn.to/2X4Ln6a ・楽天kobo(電子書籍)https://a.r10.to/hDnRF7 ■この動画の参考動画 【習近平と中国共産党①】中国を一党支配する習近平はいかにしてトップに上り詰めたのか? https://www.youtube.com/watch?v=vOR3XmcUkwI ■中田敦彦のYouTube大学のチャンネルはこちら https://www.youtube.com/channel/UCFo4kqllbcQ4nV83WCyraiw ■中田敦彦のトークチャンネルはこちら https://www.youtube.com/channel/UC6kSLiIgAcbXNSxf0JHjy5g ■中田敦彦公式サイトはこちら https://www.nakataatsuhiko.com/ ■当チャンネルの日々の気付きや思いを綴った公式noteはこちら https://note.com/kirinuki_nakata ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式Twitterはこちら https://twitter.com/KIRINUKI_NAKATA ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式TikTokはこちら https://www.tiktok.com/@kirinuki_nakata?lang=ja-JP ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式Instagramはこちら https://www.instagram.com/kirinuki_nakata/?hl=ja ■当チャンネル「中田敦彦のYouTube大学 切り抜き学部」の公式Pinterestはこちら https://www.pinterest.jp/KIRINUKI__NAKATA/_created/ #中田敦彦 #中田敦彦のYouTube大学 #習近平 #中国共産党 #毛沢東 #鄧小平 #清華大学 #中田敦彦切り抜き #Shorts