絶望と希望

人の為に生きてきたのに人に利用されて全てを失った。騙されたことで人にも迷惑をかけた。皆に嫌われて周りからひどいこと言われた。誰も助けてはくれない。自分がバカだった。後悔しても、もう元には戻れない。もうダメだ!失うものはもう何もないと気づいた瞬間に人は強くなり明るい未来を考えだす。

次も期待してね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
1

「目的」を追い続ける昭和人間と、「今」を大切にする若い子たち

親や学校教育などで刷り込まれてきた
自分の思い込みや観念、
恐怖や不安から自分を解放して、

自分のやりたかったことをやる、
自分のなしと遂げたかったことをやる、

という生き方は
もしかしたら、
もう、ちょっと古い昭和的な(?)
考え方なのかも、なんて思うのです。

そうやって、

やりたかったことをやっても、
なしとげ成し遂げたいことをやっても、

私たちは結局はまた
「今のままでは十分ではな

もっとみる
ありがとうございます!今日も笑顔で幸せな1日を♪
29

いつも心が穏やかで安定している人

いつも心が
穏やかで安定している人っています。

そんな人は
生まれつき穏やかで
心が安定している人ではなく、

絶望と希望とを
経験している場合が多いように思います。

もちろん、生まれつき
穏やかで安定している人もいるとはか
思いますが、

話を聞いてみると
どこかで深い絶望や苦しみを
体験している場合がほとんどだと感じます。

深い絶望と、
その中でも
小さな光に希望を見いだすことの葛藤を

もっとみる
ありがとうございます!今日も笑顔で幸せな1日を♪
19

これからは。

これからは自分で環境も人間関係も選べるんだよ。

ある人が私に伝えてくれた言葉。
私に気づかせてくれた言葉。
いままでは
生きてくために
名前も知らないオトコと会って、
バイバイ。
その時だけ埋まって、
バイバイしたら、もっと、虚しくなる。
埋まるはずないのに、
また、求めて。
傷を見ないフリして。
だけど、
20歳になって。
おとなにはなりたくなかったけど、
カベはあるけど、
自分で契約できるよ

もっとみる
ありがとうございます✨ Twitterもよろしくお願いします!
2

「葉っぱになりたい」夢の先に見ていた未来

子供のころの"将来の夢"には、多種多様な答えがある。「スポーツ選手になりたい」というやんちゃな男の子、「いつかお店を開くの」とほほ笑むリカちゃん人形が大好きな女の子。

そんな中で私が共感できるのは、「飛行機になりたい」「おまんじゅうになりたい」などという人間以外の何かを挙げる少年・少女だった。

まだ保育園に通っていた小さなころ、私の将来の夢は「葉っぱ」だった。大人になってから誰かに打ち明けると

もっとみる
うれしいです!
6

「明けない夜はない」という言葉の危険

竹内結子さんが亡くなってしまったようです。

「ご冥福をお祈りします」。この定型句を言うのは今じゃないと僕は強く感じている。これを言うのは絶対に今じゃない。言いたいなら言えばいい、個人を尊重し、残された遺族を悼み、故人を悼む気持ちはわかる。誰だってそれを感じていると思う。

しかし仮に精神的に死を選ぶまでに追い詰められてしまった人に対し、そしてその状況に恐らくは長期的に自分だけの力で向き合い、もが

もっとみる
ありがとうございます!後程記事を拝見しに行かせて頂きます!
16

耳から効く言葉のおくすり、のんらじです。今日は、絶望についてお話しました。絶望って何かを切り換えるスイッチだと思います。絶望の先になるのは希望でしかない。

ありがとう😘

廃人、山に登る

7月、心がボロボロになった廃人は、山に登っていた。
山と言っても、頂上まで40分ほどの低い山。
全身から汗が吹き出し、服もビショビショ。
すれ違う人達と交わす「こんにちは」が、廃人の砂漠の心に、恵みの雨の如く染み渡る。
見ず知らずの人達がくれた、たったひと言のプレゼントが、廃人をひとりの人間として認めてくれたように感じた。
心が震え、そして、廃人は思った。
「言葉は、人を元気付けたり、人を肯定する

もっとみる

2020年の15の月夜にあらためて気づけた心のうちと強い決意

おとといから、本来の気持ちというものが

強くわきおこってきた。

気持ちは気持ちでも、つよい怒り、憎しみや恨みがはんぱなくて、うけとめるだけで必死だった。

そこでしっかり気づけたことがあった。

それは今のこの状況に対しての

強い強いもどかしさ、はがゆさだ。

感情を出したくても 不全になっているので

だしたくてもだせない、、

精神を、気持ちを高めたいのだけれど

不全になっているので

もっとみる
とても嬉しいです!!ありがとうございます(^o^)
5

嵐の中から

『嵐の中から』

真夜中の嵐

雷鳴と共に

打ち付ける雨音は

激しく

僕の世界を

容赦なく

否定し続けた

その向こう

昇りはじめた朝陽は

鮮やかに

僕の世界を

照らし始めた

雫と涙が



眩しく

輝いている

きっと

朝陽が

僕の世界を

変えたんじゃない

あの真夜中の嵐が

全ての

始まりだったんだ

涙のあなたにも

絶望の淵に立ち尽くすあなたにも

きっと

もっとみる
詩を拾って頂きありがとうございます😊!!
3