知力

【情報のピラミッド】を理解し、情報収集に努めよう。

キャリアアップを図るビジネスパーソンにとって、業務知識アップのためにも、ビジネスチャンスを逃さないためにも、その業界における情報収集に努めることは常識です。

しかし、ネットがここまで普及した現代。無料のネットニュースやたわいもないブログ情報、Youtube動画等で、主体性をもっていないと、とてもではないが消化仕切れない程に、情報は氾濫しています。果たしてその中で、何%の情報が有益なのか、正確なの

もっとみる
よろしければフォローもお願いします!
17

宅建ブログより考察(物事の考え方/第17回)・・・気力、体力、知力

宅建ブログ「宅建試験!初心者のための一発合格サイト(物事の考え方)」より、今回は、「気力、体力、知力」について紹介します。

物事の考え方☆気力、体力、知力(2010.1掲載)
 今回のテーマは、気力、体力、知力になります。

○『気力、体力、知力』
 若い時は、体力で押していく傾向にあります。
私も若い時はそうでした。
精神論は大嫌いで、体力と感性だけで突き進んでいた記憶があります。

 元旦の

もっとみる
とってもうれしいです。ありがとう!
8

1.「頭が悪い」「記憶力がない」ではなく脳の良い使い方を知らないだけ。

頭が悪い・記憶力がない・意思が弱いで自分を責めない。

このタイトルが目についたと言うことは、もしかするとあなたも私と同じように、自分は「頭が良くないから・・・」「記憶力がない・・・」「あの人みたいに頭がキレるなら・・・」と思った経験が一度はあるかもしれません。それはきっと、上司、同僚、部下、後輩、友人、知人など、”人”と比較して、”自分”を責めてしまっているのではないでしょうか。その時の”頭”は

もっとみる

「昔は男の方が賢かった」という父の言葉から見えてくるもの。東大に2割しか女子生徒がいないのは女の子がバカである証拠?

はじめに

たしかこれは、先週の日曜の出来事。いつも、書きたいことは山ほど出てくるものの、大枠とタイトルだけを下書きに記し、そのままいつか肉付けしようしようと思いつつ放置してしまう。そんなんだから、その鮮明であったはずの記憶はやがて色褪せ、結局、下書きボックスの奥底へと落ちていくのだ。

大学進学率。大卒の両親を持つ私。

コロナの影響で、この春から東京勤務予定だった兄は依然として実家で自宅待機を

もっとみる
えりぽよぽよぽよ~うれしいぽよ~読んで頂きありがとうございます
28

知力とは類推力である

類似による推論、すなわち類推について考えたいわけだが、そもそも類推とは、思考においてどのように位置付けられるのだろうか。このあたりの基本のキというところをまずはハッキリさせたくて、久しぶりに「教養としての認知科学」を紐解いてみると、そもそも人間の思考は、大きく三通りに分類できるそうだ。

一つ目は、推論。ある情報から、新たな情報を導く思考。より細かくは、演繹、帰納、仮説推論に分類される。

次に、

もっとみる
一寸先は未来
4

宅建ブログより考察(物事の考え方/第3回)・・・気力、体力、知力

宅建ブログ「宅建試験!初心者のための一発合格サイト(物事の考え方)」より、今回は、気力、体力、知力について紹介します。

物事の考え方☆気力、体力、知力(2011.1.3掲載)

 昨日の箱根駅伝往路、やはり5区東洋大の柏原選手、すごかったですね。
4区でたすきをもらった時点で、逆転の光景が見えましたので予想通りの結果に納得です。
ここの所、調子はよくなかったですが、しっかりと箱根に照準を合わせて

もっとみる
感謝、感謝・・・ありがとう、おおきに!
3

『勇気と元気とやる気とパワーが湧いてくる筆文字シリーズ Vol.341』

知力を高める勉強って、学生時代にするものでしょうか。

人間力を高める学びって、幼いときからするものなのでしょうか。

どちらも学生時代や幼いときから始めておけば、それはとても良いことだと思います。

しかしボクはこの2つのことを、社会人として立ち振る舞っている今まさにする必要があると思います。

そう気付いたのが、理学療法士になって4年目の頃です。

ちょうどその時は訪問リハビリのリーダーとして

もっとみる
これからも筆文字シリーズをご贔屓に😛
2

言葉の力

ブックオフ創業者、「俺のイタリアン」をはじめとした飲食業を手掛ける実業家坂本孝さんの言の葉です。
『ビジネスマンの条件は大きく分けて二つ。知力と人間力』
人間力は自律、自立して、力強く生きていくために必要な基盤、いわゆるプラットホーム能力であり、知力は高感度、広範囲の知恵だと思うのです。

スキ、ありがとうございます。よろしければ、フォローもお願いします。

経験が支える四十にして惑わず

松下幸之助 一日一話
10月 7日 体力と気力と経験

人間の体力というものは、三十歳前後が頂上であろう。一方、気力ということになると、私の常識的な体験から言えば、四十歳ぐらいが最高になり、これを過ぎると、次第に衰えてくるのではなかろうか。もちろん気力は落ちても、立派に仕事はできる。というのは、それまでのその人の経験というものが、その気力の衰えを支えるからである。

それと、もう一つは先輩として尊

もっとみる
素晴らしい評価力!あなたの見識の高さをシェアで皆さんに伝えて下さい!!
4

人の能力って一生涯で均等にしてみれば、そんなに差がないと思うけど、実績には大きな差が出るのはなぜか?それはたぶん、

学生の頃は、知力において、ずいぶんと差が出るものだなと思っていた。

 例えば、東大へ行った人と自分の知力を比べると、人間と猿ほどの差を感じたものだけど、一生涯で見たときに、その差は縮まっていることに気がついた。

 そう考えると、人の能力って人生平均してみるとそれほど大きな差がないのかも知れない。

 ただ、上げてきた実績は、一生涯でみたときに大きな差が出てくる。

 トランプ大統領と自分を比較

もっとみる
ありがとう。今日のあなたの運勢は大吉です。
18