らいとらいたあ

何かを感じた、考えた、ひらめいた、思い出した、やってみた、しくじった、上手くいった……それが○○びより。 あまり決めずにいろいろ書いています。気が向いたら覗いてください。うれしいです。

らいとらいたあ

何かを感じた、考えた、ひらめいた、思い出した、やってみた、しくじった、上手くいった……それが○○びより。 あまり決めずにいろいろ書いています。気が向いたら覗いてください。うれしいです。

最近の記事

連載小説『青年と女性達』-十五- お雪の決心

十五    お雪は先ほど触れた通り、お安の機転でおちゃらが純一を訪問していることを知って取る物も取り合えず純一の家へ駆けつけた。先日のしづえのときと似た状況で恋敵相まみえる場面となったが、内心しづえの時とは格段の差で危機感を抱いていた。  年齢も自分と同じ位花柳界の人気者だ。昨今、元老でさえ元芸者と結婚するご時世だ。純一がおちゃらと結ばれても何ら不思議はない。どんな女性かも気にかかる。世間の評判はお雪の耳にも入ってくる。今小町だとかなんだとか喧しい。多分に宣伝という事もある

スキ
6
    • 他の人たちも自分と同じように、今やっていることを何のためにしているのか知らずにいることくらい、わかっている。理性的な意識が偽りの教えをのりこえて成長し、人が人生のただなかで立ちどまって説明を要求する時は、訪れつつあるのだ。 トルストイ『人生論』第六章

      スキ
      9
      • 幸せなアナログレコードとの再会(聴きました編6) 『モーツァルト:「クラリネット協奏曲」「ファゴット協奏曲」』

        一度は売却して「ゼロ枚」になったアナログレコード。でも、また欲しくなって取り急ぎ30枚ほど中古で購入。聴くと楽しかったりほろ苦かったり。レコードの一枚一枚は、青春の一コマ一コマだったんですね。新しい発見もあるでしょうか。そんな再会のお話、よかったらどうぞ。 アーティスト  A.プリンツ(Cl)D.ツェーマン(Fg)他  カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 録音と演奏  YouTubeにこのレコードのジャケット画像と音源があります。ここではクラリネッ

        スキ
        4
        • 天上の生命の神秘を説くパリサイの徒の教えも……行為の指針を与えてはくれない。だが、行為の選択において指針がなければ、人は生きてゆけない。ここに至って人は……もはや判断にではなく……どの人間社会にも存在し続ける外面的な生命の導きに従うのである。 トルストイ『人生論』第五章

          スキ
          15

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 創作びより

          • 58本

          俳句、短歌や小説など自己流で作っています

        • 鷗外びより

          • 23本

          森鷗外に関することや触発されたあれこれについて書いています

        • オーディオびより

          • 21本

          趣味のオーディオやレコードについて書いています

        • モーツァルトびより

          • 24本

          モーツァルトについてあれこれ書いています

        • 読書びより

          • 60本

          気ままな読書で感じたことや役に立ったことを書いています

        • 日記びより

          • 88本

          日常のふとしたことや思いついたことなどを書いています

        • カメラびより

          • 7本

          折々に撮った写真を載せています

        • 創作びより

          • 58本

          俳句、短歌や小説など自己流で作っています

        • 鷗外びより

          • 23本

          森鷗外に関することや触発されたあれこれについて書いています

        • オーディオびより

          • 21本

          趣味のオーディオやレコードについて書いています

        • モーツァルトびより

          • 24本

          モーツァルトについてあれこれ書いています

        • 読書びより

          • 60本

          気ままな読書で感じたことや役に立ったことを書いています

        • 日記びより

          • 88本

          日常のふとしたことや思いついたことなどを書いています

        • カメラびより

          • 7本

          折々に撮った写真を載せています

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 連載小説『青年と女性達』-十四- おちゃらの意志

            十四  おちゃらは商売柄、人間観察と人心掌握には自信があった。それは純一に対しても効果があった。純一の興味を自分に惹きつけ、つかず離れずに焦らしてみたりもした。強く出るべき場面ではそうした。恋の駆け引きこそはお手の物だ。  純一の素直な性格はおちゃらの思う壺で、まんまと自分の思う通りに事が運んだ。しかしおちゃらは不純でも強欲な女性でもない。純一を想う一念があってこその成果であった。しかし、作家として駆け出しの純一は海のものとも山のものとも末がわからない。今後大成するか落ちぶ

            スキ
            11
            • ボサ・ノヴァザ・ポエマ6。スタン・ゲッツ/ジョアン・ジルベルト『ゲッツ/ジルベルト』

              ポエマ6 君は今夜も ぼくをそっちのけで…… Só Danço Samba……ソ・ダンソ・サンバ 君が出たあと僕は 一人静かに星を見て歌うよ corcovado (Quiet Nights Of Quiet Stars)……コルコヴァ―ド そこへ可愛い娘が来て ぼくたちまた よりを戻した 🌠 彼女は、そう こう呼ばれてる The Girl From Ipanema……イパネマの娘 ※このシリーズは曲名から連想した創作で、元の歌詞と関係はありません。

              スキ
              13
              • 連載小説『青年と女性達』-十三- お雪とおちゃらの入れ替わり

                十三  そこへ騒ぎを聞いて駆け付けたお安と婆さんが入ってきて二人をようやっと離した。荒い息を吐く二人にお安が云う。 「まあまあ、そんなに暴れなさってはお二人のかわいいお顔が台無しですよ」 「純一さんが呆れて困っているよ」と婆さんが二人を冷まそうとして云う。  ぷんとにらみ合っていたお雪とおちゃらが我を取り戻した時「あはは」とおちゃらが笑う。つられてお雪も「おほほ」と同調する。 「ご免なさい。ついつい手を出してしまって」とおちゃら。 「いいえ。こちらこそご免なさい」とお雪。

                スキ
                16
                • 科学者と自称する学者たちの教えは、生命についてのこうしたもっとも粗野で原始的な観念を、唯一の真実なものと認めているのである。……人類が何千年もかかってあれほどの努力と苦労の末にぬけだしてきた無知の暗黒世界へ、人々を組織的に連れ戻そうとしているのである。 トルストイ『人生論』第四章

                  スキ
                  15
                  • 幸せなアナログレコードとの再会(聴きました編5) 『モーツァルト:「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」「神よ憐れみたまえ」「ミサ・プレヴィス」』

                    一度は売却して「ゼロ枚」になったアナログレコード。でも、また欲しくなって取り急ぎ30枚ほど中古で購入。聴くと楽しかったりほろ苦かったり。レコードの一枚一枚は、青春の一コマ一コマだったんですね。新しい発見もあるでしょうか。そんな再会のお話、よかったらどうぞ。 アーティスト ロトラハウス・ハンスマン(ソプラノ)  オリヴィエ・アラン(オルガン)ほか   テオドール・グシュルバウアー指揮/ウィーン・バロックアンサンブル 私の「宗教曲の聴き方」 モーツァルトの宗教曲の大半は厳かさ

                    スキ
                    25
                    • 人類がそれによって生き、教育されてきた、そしていまでもそれによって生き、教育され続けている、人生の偉大な教師たちの教えがこの社会で占めている地位くらい、現代の社会が盲従している知識の誤った傾向が鮮烈にあらわれているものは、ほかにあるまい。 トルストイ『人生論』第三章

                      スキ
                      18
                      • 連載小説『青年と女性達』-十二- お雪とおちゃらの邂逅(かいこう)

                        十二  それから暫く経ったある日の事、純一が外から帰ると植永の婆さんが「お雪さんと、もう一人、おちゃらさんとやらがお待ちですよ」と云った。 「えっ、二人が……一緒に来たのですか」と純一が驚いて問う。 「いえ、おちゃらさんが先に来て待っている間に、今度はお雪さんが来たのです」と婆さんが応える「お雪さんに、先客がおありですよと伝えましたところ、構いませんという事だったのでねぇ」と少しばつが悪そうに婆さんが云う。 「ご免」と云ってふすまを開けた。部屋に這入ると二人の客があちらと

                        スキ
                        13
                        • 人間の生命のこの内的矛盾は、インドや、中国、エジプト、ギリシャ、ユダヤなどの賢人によって非凡な力と明哲さで言いあらわされた。そして、大昔から人間の理性は、さまざまな存在間のたたかいや、苦悩や、死などによって滅ぼされない人間の幸福の認識に向けられてきた。 トルストイ『人生論』第ニ章

                          スキ
                          15
                          • 連載小説『青年と女性たち』-十一- 朝の光

                            十一  窓から差し込む朝日がまぶしくて純一は目を覚ました。『ここは……』寸刻、自分の今居るのを何処だろうと訝しんだが直ぐに分かった。隣を見るとおちゃらがまだ眠っており微かな寝息だ。顔を覗くと愛嬌のある可愛らしい素顔に初めて心を衝かれる思いがした。見られる自分から見る自分への転換、それをまだ純一は自らは意識していなかった。しばらくの間そうしていたが、やがておちゃらが目を覚ました。  おちゃらが大きな眼を開けて純一を見つめた。 「良く寝たかい」と純一は微笑みながら云う。 「え

                            スキ
                            11
                            • ボサ・ノヴァザ・ポエマ5。ポール・ウィンター&カルロス・リラ『ザ・サウンド・オブ・イパネマ』

                              ポエマ5 わたし、待っていたの ぼくもだよ、この日を Você e eu ……ヴォセ・イ・エオ でも、わたしには何の取柄もないわ なにもいらない、そのままでいいんだ Maria Ninguém……マリア・ニンゲイ 君がいるところに 花が咲き、星が光る Coisa Mais Linda……コイザ・マイズ・リンダ ※最初の動画は、カルロス・リラと愛娘ケイとのデュエットです。 ※このシリーズは曲名から連想した創作で、元の歌詞と関係はありません。 ※neko さ

                              スキ
                              11
                              • 幸せなアナログレコードとの再会(聴きました編4) 『モーツァルト:「セレナータ・ノットゥルナ」「レ・プティ・リアン」「3つのドイツ舞曲」「5つのコルトラダンス『もう飛ぶまいぞ』」』

                                一度は売却して「ゼロ枚」になったアナログレコード。でも、また欲しくなって取り急ぎ30枚ほど中古で購入。聴くと楽しかったりほろ苦かったり。レコードの一枚一枚は、青春の一コマ一コマだったんですね。新しい発見もあるでしょうか。そんな再会のお話、よかったらどうぞ。 アーティスト ウィリー・ボスコフスキー指揮  ウィーン・モーツァルト合奏団 「レ・プティ・リアン」=ちっぽけな、とるに足りぬもの? はい、レ・プティ・リアンとは「ちっぽけな、とるに足りぬもの」という意味。モーツァルトが

                                スキ
                                24
                                • ボサ・ノヴァ・ポエマ4。ワンダ・サー『ヴェガメンチ(何となく)』

                                  ポエマ4 海を眺めて 僕はつぶやく Adriana……「アドリアーナ」と 君の言葉は 胸の奥にちゃんと仕舞ってあるよ Sem Mais Adeus……「さよならは、もうたくさん」 気付いていたんだ 君の瞳が僕を求めていると Vegamente……そう、ヴェガメンチ ※このシリーズは曲名から連想した創作で、元の歌詞と関係はありません。 ※海生まれのお店のオーナーI gocochi さんの画像をお借りしました。

                                  スキ
                                  8