環境アセスメント

【行政書士資格勉強243日目】環境アセスメント

【行政書士資格勉強243日目】環境アセスメント

こんにちは、行政書士資格勉強中のyukaです。今日は、環境アセスメントについて勉強したので、下記にまとめます。 環境アセスメント 環境アセスメントとは、事業の実施が環境に及ぼす影響について、大気、騒音等の環境の項目ごとに、調査、予測、評価を行ない、その過程で環境の保全のために措置を検討し、その結果としての事業実施により環境影響を総合的に評価をするものをいいます。1997年、それまで産業界や開発官庁等の抵抗で日の目を見なかった環境影響評価法が成立し、1999年から施行されてい

スキ
1
薄膜・多層膜コーティング

薄膜・多層膜コーティング

分析の現場や研究開発の現場で、日々お仕事をなさっておられる技術者、開発者の皆様へ X線分析に関心をお持ちの皆様へ 2021年から、イメージング物理研究所では、薄膜・多層膜コーティング機器類を利用なさりたい方にサービス提供を行っています。 当研究所が所有するコーティング機器類(スパッタ、スピンコーター、ディップコーター、UV基板洗浄器、電気炉)を使用して、ご自分の薄膜・多層膜のコーティング等を行うことができます。契約期間は1か月です。契約には、任意の平日(午前9時~午後5時

スキ
18
「小泉進次郎がメガソーラーを推進」のソース

「小泉進次郎がメガソーラーを推進」のソース

「小泉進次郎がメガソーラーを推進」のソースを募集しました。 何もありませんでした。 小泉氏は会見で、急傾斜地などに太陽光パネルが設置されていることについて、「あまりにリスクが高いのではないかというところに対しては、建てるべきではない、という対応もちゅうちょなくやるべきだ」などと語った。不適地を候補地から外す「ネガティブゾーニング」のような考え方を検討しているとして、新たな規制に乗り出す考えを示した。  規制した場合、温室効果ガスの排出量を2030年度までに46%削減(13

スキ
38
私立研究所のたちあげ

私立研究所のたちあげ

製造業の分析の現場や研究開発の現場で、日々お仕事をなさっておられる技術者、開発者の皆様 X線分析を勉強なさろうとしておられる皆様 コロナパンデミックでの社会的な混乱のさなか、私どもは 2021年に入りまして、私立研究所(イメージング物理研究所)を細々とたちあげ、ゆっくりと活動を開始しております。 メールマガジンや講座にご興味のある方、科学技術的なご相談のある方、薄膜・多層膜コーティング機器を利用なさりたい方は、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。 イメージング物理研究

スキ
13
火力発電所の建設反対 須江住民ら
意思表示 マスク越し無言の訴え

火力発電所の建設反対 須江住民ら 意思表示 マスク越し無言の訴え

 民間事業者による石巻市須江地区の液体バイオマス火力発電所計画を巡り、住民有志が11日、石巻駅前にぎわい交流広場近くで横断幕を掲げ、建設に反対する意思を表明した。【熊谷利勝】  須江地区保護者の会(我妻久美子会長)などの55人が広場前に立ち、「健康・生活・環境悪化」「怒り」などと記した横断幕やのぼり、板状の掲示物を掲げた。新型コロナウイルスまん延防止のため、参加者は全員マスクを着用し、声を発せず無言の訴えを展開した。 建設反対をアピールする市民ら(駅前広場前)  反対運

スキ
2
技術コンサルティング

技術コンサルティング

製造業の分析の現場や研究開発の現場で、日々お仕事をなさっておられる技術者、開発者の皆様へ X線分析に関心をお持ちの皆様へ 2021年から、イメージング物理研究所はX線分析を中心に、製品の品質管理や環境分析アプリケーションのコンサルティング(相談、技術指導)を承っています。 国立研究機関において32年にわたって研究室を主宰し、国内外の研究ネットワークを指導してきた当該分野のエキスパートが「相談してよかった」と言って頂けるように、最善を尽くします。技術相談は、基本、30分です

スキ
17
令和3年度技術士第二次試験

令和3年度技術士第二次試験

久しぶりに受けようと思ったが、繁忙期と重なり、いつの間にか社内申込〆切(3月末)が過ぎてしまったので、今年度も受けないことになった。 数年前に環境部門(環境保全計画)を取得して以降、環境アセスメント の実務経験をいくつか積んだのと、JEASの研究部会に参加している。なので、受かる可能性が高い部門としては、①建設部門(建設環境)か、②環境部門(環境影響評価)だが、環境部門は既にもっているので、受けるとすれば①だっただろう。 捕らぬ狸の皮算用だけど。

「住民理解の具体策見えない」 議会から厳しい意見 須江のバイオマス発電計画

「住民理解の具体策見えない」 議会から厳しい意見 須江のバイオマス発電計画

 住民の反対運動が起こっている石巻市須江地区の液体バイオマス発電所計画を巡り、事業者の(株)G―Bⅰoイニシアティブ(柳沼紀之社長)=東京都千代田区=は15日までに、市議会議員に事業概要を説明した。住民の反対意見と同様、市議からも大気汚染の程度や燃料を運ぶ大型車両の通行安全性の懸念の声が相次ぎ、「道路整備などが行政任せ過ぎる」「住民理解を得ることへの具体的な取り組みが見えない」と会社側の姿勢を厳しく批判した。【山口紘史】 都内事業者が説明  発電所の計画地は住宅地や学校が

スキ
3
連続オンライン研究会

連続オンライン研究会

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
21
風力発電環境アセスメントの規模要件緩和について

風力発電環境アセスメントの規模要件緩和について

 風力発電の規制緩和について「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」でとりあげられ、話題になっています。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120101158&g=eco  今後議論が錯綜すると思うので、あらかじめ整理しておきたいと思います。環境アセスメントにも色々あるのですが、今議論になっているのは法律で義務化されている法アセスメントで、その対象となる事業規模の引き上げの是非です。会議の様子と資料はこちらです

スキ
10