無色透明

⑪プシケ(魂)【純愛の色】意識するからみえる色(オーラ)

私の場合はね

こうです

純粋さは  無色透明です

愛しい人が現れて 心にするりと触れた時

その無色透明は 愛しい人の色に染まります

それはその瞬間 無色透明ではなくなります

私のそれは真紅でした

侍薔薇の紅です

無色透明のそこに色がつきました

まるで 苺氷色です

ピンクとは違います

無色透明に色を添えてる状態です

とても美しいです

可愛いです

綺麗です

美味しそうでし

もっとみる

not disturb

「君の人生を邪魔しないから」

言おうとしてた台詞は
シンクロして
先に言われてしまった

そんな互いの思いやりを
嬉しく感じたり

ほんの少し
切なさを覚えたり

受話器の向こうの君の声は無色透明

君の

強さと
優しさと

弱さが

好き