ネガティブな僕が子供に「夢は叶う」と言う理由

●キラキラした夢物語が苦手

いつからだろう?
ラストシーンで「夢は叶うんだよ!」って感じの台詞を主人公たちがキラキラして語るような物語を冷めた目で見てしまうようになったのは。

きっと、いくらフィクションだとはいえボクらが生きるシビアな現実と比べた時に、あまりにリアルじゃないと感じるからだろう。
新型ウイルスの影響で近所の飲食店は潰れ、オリンピックが延期になり、甲子園をはじめ学生のスポーツ大会さ

もっとみる
ありがとうございます!!!
9

#1 多和田真太良さんとの対話

インプロ・ワークス&東大インプロ研究会が主催する演劇の即興性を考える”実践発表と対話の会”「実践と対話」。
この会は第一部に「実践」として俳優による即興演劇の発表を行い、第二部に「対話」として、会の構成を務める絹川友梨と演劇人が即興についてざっくばらんにお話をするという2部構成で開催しています。
この記事は、今までの「実戦と対話」の中の「対話」の内容をゲストごとに随時アップしていく連載です。
今回

もっとみる

顔面偏差値の低さでミュージカル俳優をあきらめたボクの夢

初めまして。
今回担当が回ってきました、スタジオファンの山﨑です。

自身がなぜイベント業界にいるのかを、自分の過去を振り返りながら自己紹介したいと思います。

僕の小学校の卒業文集には「一流の一級建築士になって家を設計したい!」なんて大人びたことが書かれておりますが、立派な文系人間に育ちました。

勉強せず、やりたいことをやっていた中高時代

中学入学後、サッカー部に入部し、サッカー小僧として学

もっとみる

オペラ演出家とオペラ歌手の対談です

今週の水曜日の夜、10月28日(水)18:30から、オペラ演出家の岩田達宗さんと対談をします。小森は歌唱発音研究隊〜KHK〜という組織で2017年から歌唱における発音の講座を続けてきましたが、そのKHKで対談シリーズを始めることにした、その第一回です。

高校のオンラインオープンスクールでも対談はやりましたね。まずは広上淳一先生と。そして翌日は周防亮介さん、藤田真央さんとダブルヘッダーで。大変楽し

もっとみる

『俳優として売れるにはどうすればいいか?』 〜プロデューサーさんに聞いてみました!〜 ゲスト:なるせゆうせい氏(オフィスインベーダー代表)〜

今回は〝俳優として売れるにはどうすればいいか?〟というテーマでプロデューサーであり、演出家、脚本家でもある、なるせゆうせいさんと動画で対談をさせて頂きました!

役者として良いキャリアを築いていくにはどうすればいいか等、貴重なお話をたくさん聞かせて頂いたので、ぜひご覧下さい!

動画はこちら

タイムコード⬇️

2:28 オーディションでの審査員の視点

5:07 オーディションの台本について

もっとみる

自己紹介

ミュージカル曲をレパートリーとして活動している歌手でプロボイストレーナーでもある茂木理です。
Aya Arts Companyというパフォーマンス団体を主宰し年に一回、川崎市でオリジナル音楽劇の上演をしています。

中学生の息子もいまして、お母ちゃん業をしながら団体の主宰と脚本&演出もしており毎日結構忙しいです。

一見おっとりしているように誤解されますがしし座のB型女ですので内面は結構激しめで、

もっとみる
スキありがとうございます💓嬉しいです✨
4

超スーパー強力なコロコロを、宝石の粒が入った瓶の中に差し込んで引き上げたらいっぱい宝石が付着してきてくれるみたいな感覚。

これは初めての感覚なのだけれど、最近は、自分の書く文章に対して、ロマンを感じる瞬間が多くなった。

 脚本を書いて10年以上が経つが、頭打ちだと思われていた自分の文章が、最近では、水あめのように伸びて、その伸びた部分に色んなものをひっつけて自分の元に(文章となって)返ってきてくれるようになった。

なんだろう、超スーパー強力なコロコロを、宝石の粒が入った瓶の中に差し込んで引き上げたらいっぱい宝石が

もっとみる

■ダンサー人生[第十七話]

あなたは、自分の中の「本当の姿」を知っていますか?そして、その本当の自分に変身する鍵を手に入れましたか?誰も知らない、本当の自分に会いたいですか?yesであれば、この話(ストーリー)をヒントに、本当の自分に会う鍵を見つけてください。■■■

 「私は、よさこいの踊り子です。」この頃、わたしは、よさこいの踊り子として、イベントなど人前に出る機会が増えた。他チームの方との交流もそのうちだった。私は、自

もっとみる
あなたのスキ!に舞い上がっています。
12

クラウドファンディングやってます!

良いもんみたなぁ~

舞台の最後の暗転になった時に、そう思ってもらいたくて演劇をやっています。僕自身、十代の頃から小さい劇場や大きな劇場でそんな気持ちになった思い出があって。

作る側になった今、本を書いている時や稽古をしている時、劇場でリハーサルなんかをしている時は必ず、そんな想いを胸にやっています。

既にSNSなどで発表している通り、今年の春以降に我々TOMOIKEプロデュースの予定していた

もっとみる
ありがとうございます!!!
4

舞台『星の子たちと2人の神様』今月31日より

今月31日より
高田馬場ラビネストにて
舞台『星の子たちと2人の神様』を上演致します。

自分は脚本・演出をしております。

私は物心ついた頃から
宇宙が生まれた意味、地球が誕生した意味、草木や花、動物や生き物、自然がそこにある意味、
そして人間が存在する理由、この世の全てがココに存在する理由
についてずっと考えています。

これはきっと普遍的なテーマなのだろうな、と大人になってから気づきました。

もっとみる
また会えますようにっ🐜
1