大人?

道に迷うことっておれ、方向音痴なので多いんですけど、今まさに迷っているところです。

どこにって?人生ですね。

おれが今何を目指しているのか、脚本やライター路線でいくのか、やっぱり演技もしたいのか、自分でもまだ見いだせない毎日を過ごしています。

演技だって養成所時代、凄く楽しんでいたし、オーディションは緊張したけど、あのピリピリ感が嫌いじゃなかった。

でも、表舞台はおれには合わない。そんな気

もっとみる

エッセイ集『三谷幸喜のありふれた生活』シリーズ

最近よく読んでいるのが、エッセイ集『三谷幸喜のありふれた生活』シリーズです。
日々の出来事を綴った何ということもないエッセイ集ですが、なぜか気に入り、全巻通読中です。

自分なりに、なぜ気に入るのかを整理してみました。

①境遇が自分と似ている

氏も私も、会社員ではなくピンで勝負している個人事業主です。
その雇われていない感が共通しています。そういう意味では、会社員時代とは感じ方が違ってきている

もっとみる
文章を通じて社会に貢献してまいりたいと思います。応援お願いします。
13

「愛の不時着」の脚本が素晴らしい

私も世間の波にのり、今年の春から韓国ドラマにどっぷりの日々ですが、きっかけはもちろんこの作品。

「愛の不時着」!!!

映画や海外ドラマ好きの友達からオススメしてもらい見始めたら、もう面白いわ感動するわで大好きになってしまいました。

役者の素晴らしさや画の美しさなどたくさんの好きポイントがあると思うのですが、私がこの作品で一番凄いなと思ったのは脚本です。

回が進むごとに毎回感心しちゃって本当

もっとみる
ありがとうございます!!
2

小説、シナリオ創作におけるBAD END講座

若いシナリオライターに多いBAD END!
鬱、胸糞展開😱
これはやりたくなる気持ちはわかりますが、やらない方がいいです😓

なぜなら、
下読みは

だからです😤

あと、投稿サイトでもやめた方がいいですね。
読者同士が揉めて、収拾がつかなくなります。

では、項目分けをして、なぜダメか、話していきます。

①鬱展開、BAD ENDに最低限必要な技術。
②投稿サイトでもダメな理由。
③逆にB

もっとみる
ありがとう!今日も一日頑張りましょうね!👍
4

蟻との日々

明石ゆみ(17)は冷たいコンクリートに紙を置き、抑えきれない感情をぶつける様にペンを一心不乱に走らせた。

拝啓、お母さん。お元気ですか?
私は元気です。

今日、やっと17歳になりました。学年は高校2年生です。
お母さんに大きくなった私と会ってほしかったです。
これは叶わぬ願い、というモノですね。

私の学校生活はとても平凡で楽しい日々でした。
新しい友達もたくさん出来ました。
私は友達という定

もっとみる
いい1日になりますようにっ🐜
1

冷房って偉大やな。

おれ、タイトルを考えるのが苦手なんですよ。いきなりですけど。。

このいつもの投稿のサブタイトルも毎回悩むんですよね。

学生時代も、夏休みに作文って課題あったじゃないですか。毎度おなじみ読書感想文もか。

あれもタイトル悩んだ思い出が。どれだけいいこと作文に書いても、タイトルが微妙で全部微妙っぽくなるっていう(;´∀`)

作文とか何書いてたっけ?なんか地球環境とかについて書いたかも?

食べ物

もっとみる

『シナリオ成金』vol.3

●職安に通いながら書いた『お金がない!』

 テレビドラマ『お金がない!』は織田裕二さんが演じる主人公萩原健太郎が、自分が働く工場が倒産して仕事を失うところから始まる。この設定には、脚本執筆当時の私の個人的体験が大きな影響を与えている。
 この脚本を執筆当時、私は職安こと職業安定所に通いながら、原稿を書いていた。その前年の七月に「っかつは倒産したのだ。会社倒産時、私は(株)にっかつ撮影所企画営業部

もっとみる

村松みさきの今の第二検索ワード、「note」、「彼氏」、「三越」だってさ!

今日は珍しく自分語りをしたいです。

ただ、自分のことを語るって、全然興味ない人もいらっしゃると思うし、読み飛ばしていただいて構いません。

私は、下積み時代がとても長かった。

27歳くらいまで、撮影や稽古の現場で、床に毛布だけ敷いた状態のところで寝かされ、ノーギャラでこきつかわれていたのです。

その頃の扱いは、もうめちゃめちゃで、今思い出しただけでも、息が苦しくなるくらいです。

それを27

もっとみる

半沢直樹とディズニー映画

今年も、もう終わりです。

……と書いたのは、脚本の仕事はだいたい放送(や劇場公開)の半年前~二年前ぐらいに始めるものなので、これから取りかかる仕事というのはほとんど来年以降の案件になります。すると、かつて毎年真冬に次の夏のシングル曲をレコーディングしていたTUBEのように、気持ちとしては「もう来年」ということになります。嗚呼、今年も終わってしまいました。今年の一文字は何でしょうか。「菌」になりそ

もっとみる
ありがとうございます!
10