松本修『演出家の独り言』

松本修『演出家の独り言』

最近の記事

今年もMODEをよろしくお願いします

   昨秋のMODE再起動公演『さようなら、シュルツ先生』は無事終了いたしました。ご来場いただきました皆様には心より感謝いたします。7年ぶりの東京での公演、果たしてお客様が来て下さるのか、ドキドキハラハラしておりましたが、お陰様で連日、客席はほぼ埋まり、ひと安心いたしました。とても嬉しかったです。  久々のMODE公演でしたので、せっかくですから題材も新たに挑戦する作家のものを取り上げてみました。ブルーノ・シュルツの作品はかつて何度も取り上げましたフランツ・カフカ作品と共通

    • 「当日パンフレットより」

      稽古および公演初日を迎えるにあたりやることがこんなに多かったのかと久しぶりのMODE公演にいささか忙殺されている。昨年、大阪の小劇場で2つ公演をやったのだが、こんなに大変ではなかった。ひとつには作品が新作ではなく、かつて手掛けたことのある「戯曲」の再演だったということがあるだろう。「MODEの原点に還り、戯曲をそのまま上演するのではなく、ゼロからワークショップで立ち上げる……」と銘打ち、稽古を開始した今回、やはり「戯曲」があって上演を目指すのとは全然違うことに今更ながら気付い

      • 「いよいよ作品作りに着手」

         9月は『さようなら、シュルツ先生』の出演者計18人で五回にわたって「事前ワークショップ」をやってきた。どの回も10人~12人くらいの参加者で、俳優たちの方から「演じてみたい作品」や「観てみたい場面」を提出してもらい、私が適当にグループ分けして、シーン作りをやってもらった。最終日の24日だけは17人とほぼ全員が揃い、女性10人、男性7人が並ぶとなかなかの壮観だった。うん、この俳優たちがあの決して広くはない上野ストアハウスの空間に現れると、迫力あるだろうなあ、と想像する。静かな

        • 「ウォームアップ中」

           11月公演『さようなら、シュルツ先生』の出演者オーディションのC日程にはなんと22名!もの応募があった。直前になって急きょ、時間帯や会場を2つに分けたりして対応した。やはり、オーディション情報を流布するのが遅すぎたのかもしれない。しかし、参加者の年齢の高さをみるとやはり若い世代にとっては、MODEも松本修もカフカ・シリーズも「知りませーん」なんだろうな。  さて、例の如く緩(ゆる)いワークショップ形式で初日は1人の場面、2日目は数人の場面を演じてもらった。どちらもシュルツ

        今年もMODEをよろしくお願いします

          「オーディション進行中」

          現在、11月公演『さようなら、シュルツ先生』の出演者を募るオーディションをやっている。すでにA日程、B日程を済ませ、残るはC日程。7年ぶりの東京での公演、この6年間の活動休止期間にMODEというカンパニーの名前はすっかり忘れられてしまったのか?それとも約三年間に及んだコロナ禍で東京の演劇状況が変わってしまったのか?はたまたオーディション情報の発信の仕方が今の東京の演劇スタイルに合っていなかったのか?少なくともA日程、B日程共にてんで人が集まらなくって、こんなこと以前はなかった

          「オーディション進行中」